FC2ブログ

アオシマ1/700 駆逐艦 浜風製作1 素組み

艦船プラモが続きます。
今回作るのはアオシマの駆逐艦浜風です。
s_DSC_0658.jpg
これもそこそこ新しいモデル。
名取、若竹と続いてやっと昭和の艦です。
中身
s_DSC_0659.jpg
金型も新しくモールドもしっかりとしています。
それでも駆逐艦という事でパーツ量自体は少なめです。

しかし、2000tを超す大型駆逐艦(若竹は800tほど)の為しっかりとバラストが付いています。
s_DSC_0660.jpg
バラストはこのようにボンドで接着。
前甲板も別パーツになっているなど細かいところが細分化されてます
s_DSC_0661.jpg

とりあえず船体を接着
s_DSC_0662.jpg
アオシマの樹脂ってちょっと明るいですよね。
そして艦橋を組み立て
s_DSC_0663.jpg
こちらはちゃんとした密閉型の艦橋です。
窓枠もモールドでしっかりと再現されています。
s_DSC_0664.jpg
ちゃんと射撃用の測距儀まであります。

そして機銃台
s_DSC_0665.jpg
25mm連装機銃はフジミの特シリーズからの流用です。
特シリーズと比べるといくら新しい金型とはいってもアオシマのものはモールドで今一歩足りない感じです。

煙突が2つ
s_DSC_0666.jpg

それぞれ組み立てるとこんな感じ
s_DSC_0667.jpg

電波探知機の台
s_DSC_0668.jpg
右が電波探知機本体、左は探照灯?らしきものとなっています。

組み立て
s_DSC_0669.jpg
素組みといっても今回はここまで。
後は塗装してからの組み付けとなります。
スポンサーサイト

ハセガワ1/700 駆逐艦 若竹製作2 塗装して完成

駆逐艦若竹製作2回目です。
小さい船はすぐに組めるので手ごろで良いですね。

まずはブラウンから塗装
s_DSC_0653.jpg
意外と甲板で木の部分は少なく半分も無い感じです。
木甲板部をマスキングして軍艦色で塗装すると・・・
s_DSC_0654.jpg
こうなります。
さらに煙突部分や爆雷を黒く塗ります。

そして恒例の手すり
s_DSC_0655.jpg
小さいので楽ですね。船の形も直線部分が多いので手すりの接着も楽です。
最後に張り線をしたら完成。
s_DSC_0657.jpg
前回作った軽巡洋艦と比べてもその小ささが分かります。
魚雷発射管も連装2基と小ぶりです。
が、名取の魚雷発射管と比べても総数は半分ですが射線は一緒なので中々の攻撃力です。
s_DSC_0748.jpg
これくらいの船も手すりまで付けると作り甲斐があるものです。
反対側
s_DSC_0749.jpg

哨戒艇と一緒に。
s_DSC_0750.jpg

ハセガワ1/700 駆逐艦 若竹製作1 素組みまで

あけましておめでとうございます。
今年もプラモの製作記とRX7のレストア日記をあげていければと思います。

新年最初の製作記は駆逐艦若竹です。
s_DSC_0644.jpg
パッケージ絵的に見てそんなに古くなさそうなプラモデルです。
大正時代の設計、予算で作られた2等駆逐艦若竹方の1番艦です。

内容
s_DSC_0645.jpg
なぜか特務哨戒艇も1隻付いています。
2等駆逐艦とはいえ八六艦隊計画に組み込まれている艦隊型駆逐艦です。

特務哨戒艇はいろんな型があるうちの一つでしょう。
漁船改造の場合もありますし・・・

早速素組み
s_DSC_0646.jpg
ここまで小さいとバラストはありません。
艦橋基部・煙突・砲台を取り付けています。

さらに艦橋上部を組みます。
s_DSC_0647.jpg
艦橋は密閉型っぽく見えますが写真などで見ると吹きっさらしです。
完全に密閉されるのは昭和に入ってからの特型駆逐艦から。

大砲を組み立てます。
s_DSC_0648.jpg
大砲は3年式12cm単装砲
原型は1887年アームストロング4.7インチ速射砲。そこから41式→3年式→11年式と進化し睦月型駆逐艦まで使われました。

大砲を搭載
s_DSC_0649.jpg
全部で3基。後年の駆逐艦と比べるとかなりの軽武装。
マストも1本マスト。

哨戒艇も組み立て
s_DSC_0650.jpg
40mm連装機関砲?と25mm単装機銃らしきものが見えます。
後部には爆雷もありますね。

s_DSC_0651.jpg

艦載艇用のダビッドを取り付け
4隻積むので計8本
s_DSC_0652.jpg
ここまで組んだ所で素組みは完了。
艦載艇や魚雷発射管は塗装後の取り付けとなります。

次回は塗装して完成となります。

タミヤ1/700 軽巡洋艦 名取製作3 ボート・手すり・張り線~完成

名取製作3回目です。
今回は艦載艇と手すりと張り線を取り付けて完成となります。

まずは艦載艇
s_DSC_0637.jpg
内火艇と手漕ぎのカッターと小発のセット。
そしてこれらを吊り下げるダビッド
s_DSC_0636.jpg
塗装後なのでこのダビッドを船体側に取り付けるのがちょっと面倒。

取り付け後
s_DSC_0638.jpg
甲板上がちょっと賑やかになりました。
全体図
s_DSC_0639.jpg
水上偵察機は全体をシルバーで塗装します。
そしててすり
s_DSC_0640.jpg
韓国製?の良く分からない手すり。
今まで使っていた手すりが廃番になったのかこれしかありませんでした。

直線部分は普通ですが、艦首などアールのかかった部分はちょっと浮いてしまいます
s_DSC_0641.jpg

それでもあるのと無いのではだいぶ見栄えに差が出ます。
後ろの甲板もこの通り
s_DSC_0642.jpg

後はキャンバス部をホワイトで筆塗りしhttp://cbr250rwithmokei.blog.fc2.com/img/s_DSC_0763.jpg/、煙突も端を黒で塗ります
s_DSC_0643.jpg

最後に張り線をして完成
s_DSC_0762.jpg
張り線も少なめです。

s_DSC_0763.jpg
それなりの出来栄え

タミヤ1/700 軽巡洋艦 名取製作2 船体塗装・塗り分け

名取製作2回目です。
今回は船体を組み立てて甲板色と軍艦色を塗り分けていきます。

まずは恒例のバラストから
s_DSC_0624.jpg
バラストはボンドで船体底面に取り付け。
巡洋艦クラスからこれが付き始めますね。

船体側に魚雷発射管を取り付け
s_DSC_0625.jpg
8年式61cm連装魚雷発射管。
これも大正の装備・・・
搭載魚雷は8年式魚雷か90式魚雷。有名な酸素魚雷は搭載できなかったそうです。
ちなみに8年式魚雷の性能は炸薬345kgで38ノットで1万m、27ノットで2万mです。
90式魚雷は炸薬400kgで46ノットで7000m、42ノットで1万m、35ノットで15000mです。
参考として93式魚雷は炸薬490kgで49ノットで2万mなので・・・酸素魚雷搭載艦と通常魚雷搭載艦だと
魚雷の射法なんかも異なり艦隊運動とかどうしたんだろう?

艦橋も準備
s_DSC_0630.jpg
これをまずはブラウンでそのまま塗装します。

s_DSC_0631.jpg
木甲板の部分だけしっかりと塗り、他の鋼鈑の部分は塗れてなくてもOKです。
そうしたら木甲板の部分にマスキングをして・・・
s_DSC_0632.jpg
白い部分が丸々木甲板です。こうやって見ると面積が大きいですね。

軍艦色で塗装
s_DSC_0633.jpg
船体以外の艦橋や煙突などもまとめて塗装。
マスキングを剥がすとこんな感じになります。
s_DSC_0634.jpg
中々いい感じですね。
こう甲板の爆雷用の軌条がちょっと歪みましたがこれくらいなら大丈夫かな。

乾いたら艦橋や大砲を乗せていきます。
s_DSC_0635.jpg
だいぶ完成に近づいてきました。
次回はボートと手すりを取り付けて完成となります。


プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人4年目になりました
バイクを手放し、仕事はスイフト遊びはRX-7に乗ります。

プラモデル製作記事がメインで時々車のの記事を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター