東京モーターサイクルショーに行ってきました

今年もモーターサイクルショーに行ってきました。
s_IMGP1769.jpg
行ってきましたが、今回はバイクではなく電車で行ってきました。
電車の方が楽だし早いし安い・・・
毎年行っていると段々新鮮味も薄れてくるせいか写真もそれほど撮りませんでした。
というわけでダイジェストでお送りいたします。
まずスズキ
s_IMGP1771.jpg
新型のGSXR1000
跨ってみるとそれほどきつくない姿勢とポジション。
そして気になったもう一台がこれ
s_IMGP1779.jpg
GSX-S125
125㏄なのにABSまで付いてる!しかも水冷エンジン。これはちょっと欲しいかもしれません。
他にもVストローム250などもあり割と新しいバイクが多かったです。
カワサキ
s_IMGP1799.jpg
目についたのはヴェルシス250。値段が全然250ccではない(約70万円)ことを除けばかっこいいアドベンチャーバイクだと思います。でもバイクにフォグランプは要らんだろう・・・
ヤマハ
s_IMGP1827.jpg
MT-10エンジンがR1という凄まじいバイク。顔つきが独特ですよね、こんなに小さなヘッドランプで大丈夫なのだろうかと思いますがLEDランプは明るいですね。
ホンダ
s_IMGP1805.jpg
ホンダだけ凄い人出でした、さすが業界一位。CBR250RRはパッと見250㏄には見えない迫力があります。
あとCRFラリーにも跨ってみましたが案外足つきがギリギリで焦りました・・・

こうやって見ると各社とも250㏄への力の入れようが大きく、どれも今までの250ccよりもボリュームアップしている感じです。

あとは外車やパーツなど
アグスタ
s_IMGP1792.jpg
いつみてもカッコよく、高そうなバイクです。去年とあまり違いが分からない・・・
ウラル
s_IMGP1823.jpg
軍用バイクからの派生はやっぱりかっこいいですね。ただ、パンフレットを見てもサイドカー付の紹介しかなく、本体のみでの販売がしているのかちょっと分からなかったのが気になります。
これはバッテリー
s_IMGP1819.jpg
新型CBR1000RRのバッテリーはリチウムイオンバッテリーだそうです。
何といっても軽い!しかも写真にある通り銃で撃ちぬいてもバッテリーとして機能し続けるくらいの耐久性がある・・・ようです。
でも、バッテリー変えるだけで数キログラム軽くなるのは素晴らしいですね。
マルケジーニのホイール
s_IMGP1835.jpg
多分今後も縁は無いと思う高級ホイール。アルミやマグネシウムなど色々ですが、もう一台バイクを買えるくらい高い。
他にもETC2.0や付属品もちらちらとみてきました。
新しいのはたくさん出ていますが今のところ装備を増やす必要は無いかな?

というわけでモーターサイクルショーでした。
s_IMGP1837.jpg
(限定品らしいので忘れずに入手)
スポンサーサイト

サバゲー始めて1年、現在所有の銃

本日は今年初めてのサバゲーに行ってきました。
日中は暖かかったとはいえまだまだガスガンは本調子ではないのが良く分かりました。
ゲーム中の写真はありませんがちょうどM14を買ってサバゲーを始めてから1年になったので、持ってる銃の紹介と簡単な感想を書こうかなと思います。
小さいものから順に紹介です(全部東京マルイです)
s_IMG_20170131_191139.jpg
デトニクス(ガス) 本体付属マガジンとM1911用ロングマガジン1本
以前持ってたP226をゲーム中に無くしたので代わりに買ったもの。ポケットに入り、手に収まるくらいの小さな銃ですが質感が良いです。飛距離は30mくらい、真っ直ぐ飛ぶのは15mくらい、狙って充てられるのは10mくらいです。P226と違ってシングルアクションなのでいちいちスライドを引いて初弾を装填する必要があります。が、これが楽しい。
欠点といえば・・・小さいので無くしやすい事でしょうか?ロングマガジンも意外と抜けやすいので注意です。

s_IMG_20170131_191210.jpg

スミス&ウェッソンM19(ガス)
半年ほど前のサバゲーでリボルバー戦用に購入。既にデトニクスがあるので実用性より見た目で購入。
が、これがかなりの良い銃。質感はおもちゃっぽいですが、優れているのはその性能。
飛距離が30mなのはデトニクスとほぼ同じですが、バレルが長いせいか弾道特性が良く20mくらいまで真っ直ぐ飛び、15m程度でもちゃんと的に命中するくらいの精度があります。さらにオートマチックにあるスライドの後退が無いためガスの持ちが良く、発射音も「ポスッポスッ」という感じでとても静かで気づかれにくいです。

さらに、弾詰まりが起こらない。
デトニクスやこの次に挙げるMP7のロングマガジンは、装弾用のばねが露出しているため、ここにゴミをかみ込むと弾が上がらなくなってしまいます。なので、本日のサバゲーでも、デトニクスやMP7がジャムる中安定して使えました。
引き金を引けば確実に弾が出る
この安心感を初めて理解し、リボルバーへの信頼感が凄く増した今日この頃です。メンテも楽だしね。
強いて欠点をいえばダブルアクション時の引き金の重さが重いことですね。

s_IMG_20170131_191254.jpg
ちょっと前に紹介したMP7(ガス)
マガジンを一本買い足しました。ガス用のマガジンって高いんですね。
実戦で初めて使用、気温の関係と先述の弾詰まりのこともあり充分に性能を発揮できませんでしたが、小回りの利く武器というのはいいものですね。ストックも調整できるのと、何より垂直に出来るハンドグリップがとても負担を軽減してくれます。
飛距離は35mくらい?真っ直ぐ飛ぶのは25m、当たる距離は15mくらいでしょうか?要検証です。
ちなみに本体についているひもは肩に掛けるようで、靴紐で代用しています。案外使えるもんです(見た目は悪いけど)。

s_IMG_20170131_191413.jpg
そして1年使ったM14(電動)
重い・長い、からくる取り回しの悪さと体力の消耗が欠点ですね。あと物陰に隠れて撃つのがとても苦手です。今回のサバゲーでは躓いて銃口を地面に刺し土で詰まらせかけたりもしました。
しかしその欠点を補って有り余る良さがM14にはあります。
まずかっこいい
そして有効射程がとても長く、初速もそこそこあります。
飛距離自体は50mくらいですが、30mはフラットに飛ぶのでスコープをちゃんと調整しておけば良く当たります。遠くの相手をアウトレンジから狙えることは素晴らしいです。0.23~0.25gの弾がしっくり来ています。
予備弾倉は5つ(内1個が多弾マガジンです)。全部を使い切ったことはまだないのでこれで十分かと思います。最初は多弾マガジンで良いじゃんと思っていましたが、使っていると給弾不良が多く移動時に「シャラシャラ」と音が出るので、最近は通常マガジンを使うようにしています。ばらまくような銃でもないですし。

おまけでバッテリー
s_IMG_20170124_121534.jpg
タムタムで売っているものです。海外製とのことですが、今のところ1年経っても使えています。M14に接続するためには変換用のコネクタが必要になるので注意しましょう。

というわけで簡単な紹介でした。
1年で結構増えたもんだなぁと思います。短中長距離を一応カバーできるようになったので、あとは服とかマガジンパウチとかそっちの方をちょいちょい揃えていくことになるかと思います。
銃本体もスコープや負い紐、サプレッサーなどは付けていますが、中身に関しては純正のままでいいかなと思っています。
今年はサバゲーに定期的に行ければいいなぁ・・・今日のサバゲーまで半年ほど間が開いちゃったからなー。

散歩がてら鉄道博物館へ

年末になり時間ができたことで怒涛の更新です。
本来なら行ったその日、もしくはその週くらいには記事にしたいところですが何分プラモとか作ってるとそんな時間もなく・・・。
リアルタイム感のかけらもないですが上げないよりはマシだろうということで記事にしています、ハイ。

そんなん訳で鉄道博物館です。友達と一緒だったので車で行きましたが、バイクだと駐車場料金がかから無さそうなので次はバイクかな。
s_IMGP1391.jpg
そのものずばり鉄道博物館という名前の駅もあります。自宅から車で20分・・・名古屋のリニア鉄道館に行ったことを思えば素晴らしいアクセスです。
s_IMGP1392.jpg
ちなみに電車は全くのど素人なので友人の解説がとてもありがたい。
上の写真の1枚目は日本初の蒸気機関車で、汽笛一声新橋を出たもの。下はアメリカ製の蒸気機関車で北海道開拓で使われていたものだそうです。
他にも電気機関車や各種新幹線など解説してもらいながら2時間くらい周っていました。今回は写真は殆ど撮っていないのでまた写真撮影のために再訪問しようと思います。

あとは屋上からの写真です
s_IMGP1399.jpg
これは新交通システム。てっきり無人運転かと思ったらちゃんと運転士が乗っているとのこと。見た目がおもちゃっぽいなぁと思いました。
s_IMGP1402.jpg
これはE5系、いわゆる「はやぶさ」。でもこの列車が「はやぶさ」なのか「はやて」なのか「やまびこ」なのかは全く分かりません。時刻表でも見るしかないですね。ちなみにこの列車は320km/h出るそうです、さすが「はやぶさ」。結局速さを追及するとバイクも新幹線もぬるぬるした形状になるということでしょうか?ともかくカッコいい
s_IMGP1409.jpg
これはE2系、割と古い列車のようです。ただこんなのでも設計最高速度は315km/h、グリーン車にはアクティブサスペンション装備など、よく見てみると凄い列車です。今は「やまびこ」で運用されているみたいです。
というように一見知ったように書いてますが、「やまびこ」が東海道新幹線の「こだま」なのか「ひかり」なのか、そもそも東北・秋田・山形・上越・北陸各新幹線で名前が違うのか、良く分かっていません。
というか大宮駅からこんなに新幹線が出ているなんて知らなかった(新幹線といえば東海道新幹線でしょ・・・)。
s_IMGP1416.jpg
そして最後に最新鋭。えーっと・・・北陸新幹線の「かがやき」のようです。スピードは出さないせいか、E5系と比べるとロングノーズではないですね。あとグランクラスがあったような気がする。一回のってみたいなぁ・・・グランクラス。
この新幹線は金沢まで行くそうですが、東京金沢間がなんと2時間半、めちゃくちゃ早い。ちなみにバイクか車で行こうとすると距離が500km、時間がノンストップで6時間・・・特に雪の季節なら普通は新幹線でしょうねぇ。

とまぁ、当日友達に教えてもらい、記事を書くにあたりウィキで調べ・・・と結構面白いです。
せめて新幹線の型位は見分けられるようになりたいなぁと思うのでした。

タミヤ1/12 R1 製作7 フロントフォーク塗り分け、組み立て

R1製作第7回目です。
ずっとR1R1と書いてきていますがバイク知らない人にとってはなんでコイツヨーグルト作ってるんだ?とか、車を知ってる人にとってはスバルのR1のプラモなんてあったんだなどと思われるかもしれません。どーでもいいですね。
さて、フロントフォークを塗装します。
s_IMG_20160628_205716.jpg
右側の太いチューブの方をゴールドで塗装します。
このゴールド、シルバーと同じで中々塗装しやすい良い塗料です。
マスキングはせずフリーハンドで塗り分け
s_IMG_20160628_211324.jpg
はみ出たところは溶剤をしみこませた綿棒でふきとればいいだけです。何せ下地も何もなくそのまま塗っているわけですから。
フロントフォークを乾かしている間にレバー類も塗装します。
s_IMG_20160628_213235.jpg
トップブリッジとブレーキ・クラッチレバーをシルバーで塗ります。ここはお手軽マスキング。
フロントフォークが乾いたので早速タイヤ、フロントフェンダーともども組み立てます
s_IMG_20160628_214147.jpg
いい感じにそれっぽく見えます。
タイヤもビス止めなので軽く回るくらいに締めます。
s_IMG_20160628_214153.jpg
トップブリッジは上から差し込む感じで・・・というかこれトップブリッジじゃないな。トップブリッジの下側に付くやつだ。
何という名前かちょっと分かりませんが、差し込んで組むことは同じです。
s_IMG_20160628_214252.jpg
右の黒いのがトップブリッジですね。ハンドルもトップブリッジの下に付くセパハン、SSですねー。
ここまでできたらフレームと合体させ、ビスで止めます。
s_IMG_20160628_215419.jpg
これで自立できるようになりました。また、メーターもこの時点で付けています。こうやって見るとメータ周りがスカスカですね。
上から
s_IMG_20160628_215423.jpg
ちなみにこのトップブリッジですが、メッキパーツへの接着となっているので外れやすいです。瞬間接着剤が乾いて強度が出るまではあまり触らない、触れない方が良いです。

ここでいったんフロントカウルを付けて見ます
s_IMG_20160628_215958.jpg
ちょっとずれたか?
位置を修正して反対側から
s_IMG_20160628_220027.jpg
ちゃんとついてますね、これならいい感じ。
見方を変えればFAZERっぽく見えなくもない・・・か?ハーフカウルになっているメガスポーツはよく見かけますが、ハーフカウルのSSはほとんど見ない気がします。
今回はここまで。

楽しい?分解掃除

「サバイバルゲームに行った後にはちゃんと銃身を掃除しないとだめだよ」
と先輩に言われてから結構時間も経ったので銃の分解掃除をします
s_IMG_20160506_114114.jpg
といってもおもちゃのガスガンですが。
P226E2です。マルイの中で比較的新しく、ホップも調整できガスの量も多く装弾数も26発と多くさらに握りやすく割と安いというハンドガンです。
ちなみにサバゲーは1月頃から始めました。初期投資がべらぼうに高い(メインサブ、周辺機器合わせて7万円!)ことを除けば割と楽しい屋外ゲームです。
埼玉にはフィールドがたくさんありますし、千葉まで行けばもっとあります。恵まれてますねぇー
s_IMG_20160506_114122.jpg
安全装置を90度下へ回すと・・・
分離します
s_IMG_20160506_114129.jpg
とても簡単。
あとは上下それぞれの可動部分にシリコンスプレーを注すだけです
s_IMG_20160506_114309.jpg
本当はグリスも塗ると良いらしいですが持ってないのでとりあえずスプレーだけ。
ハンマー周辺もしっかり吹きます
s_IMG_20160506_114328.jpg
上の部分も動きそうなところは吹いときます。シリコンスプレーなので大抵のところは大丈夫なはず。
一通り吹いたら元に戻して銃身を掃除します。
s_IMG_20160506_114333.jpg
銃を買うと大体こういった棒が付いてきますので、その先端に適当な布きれを差し込んで使います。
ティッシュはダメとのことなのでぼろきれで。
s_IMG_20160506_114528.jpg
ぐいぐい押し込んで押し込みきったら一気に引き抜きます。
これを中途半端に抜き差しすると却って汚れが取れず逆効果である・・・というのを何かの戦記物の本で読んだことがあるので上記の通りに清掃。
s_IMG_20160506_114703.jpg
これでハンドガンの方はOK
ハンドガンがあるということは長物もあるということで・・・
シャーリーンです
s_IMG_20160506_114827.jpg
嘘ですM14です。
こちらも先ほどのと同様のバレル掃除用の棒が付いていますので同様に掃除します。
s_IMG_20160506_115023.jpg
さすが長いですねぇ。中々銃身に入っていきづらいので布は細めの方が良いでしょう。
数回押し込んでは引っこ抜いてを繰り返して完了。
このようにバレルの清掃をしていないと、弾があらぬ方向に飛んで行ったり変化球になったりと実戦に「深刻」な影響を及ぼすそうです(さすが歴戦の方はしっかりしてらっしゃる)。あとはM14は長い銃身のおかげで地面に突っ込んだり枝にあたったりドアに引っかかったりと割と銃身・銃口付近が酷使されがちなのでちゃんとメンテしないと・・・
他には給弾口にシリコンスプレーを吹いたり、コッキングレバー付近のごみを取ったりしてM14も完了
s_IMG_20160506_115209.jpg
こちらに関してはばらす部分が無いのでハンドガンよりも楽でした。
割と時間もかからないので1日サバゲーしたら清掃するよう心がけたいですね。
銃のレビューとかはもう少し実戦を経験してからお伝えできればと思います。
プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人2年目となってしまいました。
車はスイフト、バイクはハヤブサに乗っています。

バイクも、プラモもアマチュアですが楽しくやってます。更新頻度が落ちましたが、最近はまとめて記事を上げることが多いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター