タミヤ 1/20 ロータス107Bフォード 製作8 ホイール・タイヤ取り付け~完成

製作第8回目は最後に残ったホイールを塗装、デカールを取り付け、タイヤにもデカールを貼りそれらをシャチアヘ取り付けて完成とします。
ホイールは淵をシルバーで塗装する為マスキングを行います
DSC_5380_convert_20150206213431.jpg
あと忘れてたブレークディスクの中央部分もシルバーで塗装します。シルバーで塗装してますが実際の材質は何でしょうね。アルミとか?あとブレーキキャリパーも塗装しますが、こちらもどういうパッドとか使ってるんでしょうね?あとやっぱりピストンは対向4ポッドとか?などなど興味が出てきます。
DSC_5383_convert_20150206213443.jpg
塗装完了、下地も何もしない状態で直にシルバーを塗装しましたが良く発色してくれてます。ここまでしたらデカールではなく先にタイヤを取り付けます。
タイヤをはめ込んだらホイールをアップライトにとりつけます、ビス止めです
DSC_5384_convert_20150206213459.jpg
このモデルは短いほうがフロント側、長いほうがリア側と別れているので挿し間違えに気をつけます。ビスの頭は六角となっていますが、六角レンチ?はパーツに入っているのでわざわざ用意する必要はありません。こういうところがタミヤの面白いとこですね。また取り付け作業は実車と似たような形なのでピットクルー気分が味わえるかもしれません。
タイヤを取り付けたらタイヤデカールを貼ります。
DSC_5385_convert_20150206213508.jpg
どうかデカールが無事でありますように・・・。
前回の020はピレリでしたが今回はグッドイヤーです。
貼っている最中も特に崩れることなく付いてよかったよかった・・・
DSC_5386_convert_20150206213523.jpg
と思ってたらノーズが取れました・・・しかもデカールごと・・・。
DSC_5387_convert_20150206213531.jpg
奇しくも実車と同様の取り外しができるようになってしまいましたがうれしいんだか悲しいんだか良く分かりません。もう何も言うまいという感じです。
そしてデカールも張り終えたホイールの完成形がこちら
DSC_5389_convert_20150206213543.jpg
グッドイヤーのフラグシップ銘柄はイーグルなんですね、知らなかった。ホイールはO・Zレーシング。こちらも調べるまでは全然知らないメーカーでした。ホイールというとエンケイくらいしか知らなかったし。
エンジン部分
DSC_5393_convert_20150206213610.jpg
空気取り入れ用のダクトを装着。これでラム圧が発生して吸入効率が上がるようです。1994年から廃止されちゃいましたが。
まぁそういうわけで完成。
あとはギャラリーとなります
右正面
IMGP1877_convert_20150206215652.jpg
側面
IMGP1878_convert_20150206215709.jpg
上面
IMGP1879_convert_20150206215724.jpg
リア、ディフューザーなど
IMGP1880_convert_20150206215742.jpg
左正面
IMGP1881_convert_20150206215752.jpg

まぁいろいろ勉強というかデカールについて思い知らされた1台でした。次こそは納得のできる1台を作りたいと思います。
スポンサーサイト

タミヤ 1/20 ロータス107Bフォード 製作7 デカール貼り

製作第7回目はついにデカールを貼っていきます。F1を含めレーシングカーや痛車などスポンサーの付くものは全てこのデカール貼りを避けて通ることができません。塗装とエンブレム程度のデカールで完了する一般車とはここが大きな違いであり、難易度が跳ね上がるところだとも思います。痛車や痛戦闘機が売れる割に中古で数多く出回るのはこういうところが原因かなぁと思いつつ中古ショップで積んであるプラモを見ています。ちなみにアオシマが出している痛車用デカールは通常のデカールよりも丈夫なので、基本を間違えず適切な軟化剤を使用すれば貼ること自体はそんなに難しくは無いんです。その後のクリアー塗装→鏡面は難しいですがこれはどのデカールにもいえることですね。
今回貼るのはこちら
DSC_5364_convert_20150205113517.jpg
なんと2種類あります。デカールによってはダブっているのもあります。この違いはなんなんでしょう?今回は事前に塗装したこともあって、右側のデカールのグリーン・イエロー・ホワイトの大判デカールは使わなくて済みます。問題は左側のグリーン・赤のカウル・ノーズコーン部に貼るデカール類です。
まあやってみましょう、見た感じデカールの状態は良さそうだし・・・
DSC_5365_convert_20150205113525.jpg
そんなことは無かった
デカールが水を吸って丸くなるのはよくあるので気にはしませんが、その後ひびが入ってくるのはまずいです・・・非常にまずいです。既に何枚か貼ってありますが、この状態だと全てのデカールにひび割れ・崩壊の危険性があることが分かってしまいます。
DSC_5366_convert_20150205113534.jpg
極めつけはひびの入り方です。020も大概でしたがあっちは全体に微小なひびが入っていた分扱いにさえ気をつければ分裂せずに済みました。しかしこっちはデカールを剥がしていない状態で既に分裂しています。ということは今回は貼り合わせに気をつけないといけないです。
そして貼り合わせに失敗し、もしくは貼った後ずれて乾いてしまうと
DSC_5372_convert_20150205113654.jpg
こうなります。見映えが悪いとかそういうレベルじゃない・・・乾いてしまうとこの後いくら上から水やらマークソフターとかを塗っても動いてくれません。第一それをやると問題ないデカールにも影響が及んで二次被害が起きそうです。
ボディ部が終わったらノーズ方面に移りますが、ここでフロントサスペンションを組み立てます
DSC_5367_convert_20150205113546.jpg
ノーズは実車と同じくカバーが再現されているので合わせ目を気にしなくてよかったのが救いです。サスペンションもボディ側には素直にはまるのでとり付けも問題なし。
DSC_5369_convert_20150205113605.jpg
しかしアップライト取り付け時に力を入れすぎたり方向を間違えると、細いピンが折れます。案外ステアリングロッドみたいにCの形の部分よりOの形になっている部分のほうがいざってときに折れやすい気がします。とりあえず続行します
DSC_5370_convert_20150205113623.jpg
その後はカバーを取り付け、ノーズを取り付けてデカールを貼る作業を再開します。ちなみにノーズ部品はちょっとはまり辛いです。またノーズをはめるときボディを手で保持すると思いますが、そのときくれぐれもデカール部分に触れないよう気をつけます。ただでさえ亀裂が入っているデカールがさらに剥がれたりいろいろ鯛尾変なことに繋がります。
ノーズ部分
DSC_5382_convert_20150205113839.jpg
もう惨状というほかにです。デカールの状態もそうですが、マークソフター程度ではデカールが軟化しません。必然的に曲面には合わせられず、妥協してデカールに切り込みをいれ合わせようとするもその時点でデカールが崩壊。必死に崩壊したデカールを元の位置に戻したりしてると次は全体がずれる・・・等々もうやめたくなるような状況でした。かといってここまで来て貼らないわけにもいかないので強行した結果がこの有様です。
カウル部分
DSC_5371_convert_20150205113645.jpg
ノーズ部分に比べればだいぶマシに見えますがそれでもひび割れ及び軟化不足による浮き、そしてまたひび割れとさんさんたる状態です。強いて上手く言った点を挙げれば小さめのデカール類ですね。こちらは比較的まともに貼れています。
一応全体図
DSC_5376_convert_20150205113745.jpg
すごーく遠くから見れば一応それらしく見えないこともないです。また塗装で再現した部分はデカールに比べ健闘したほうだと思います。かといって大きいデカールのところを全て塗装でやるというのも、このモデルのように曲線や円状に塗りわけされている場合現在の自分の技量では難しそうでうす。また塗装のズレ無くあわせるのも簡単なようで難しかったです。1,2mmはずれちゃうんですよね。
うーん思うところは多々あるけれどデカール貼りは一応完了です。
今回はここまで。

タミヤ 1/20 ロータス107Bフォード 製作6 翼端板再塗装・ボディ組みたて

製作第6回目は今まで塗装したものを組んでデカールを貼る前の確認をします。
と、その前に重大な間違いを発見
DSC_5341_convert_20150204224543.jpg
これはフロントウィングの翼端板ですが何が間違っているか分かりますか?F1マシンをよく見てる人・詳しい人ならすぐ分かると思いますが色が逆になっています。本来ならこっちが表側でグリーンで塗装されているべきところです。では何故間違えたか?だってぱっと見こっちが裏側っぽかったからです。こんなに部品が内側に向かってえぐれてるんだからきっと裏側に違いない・・・と。で、フロントウィングと合わせようと思うと角度がおかしい、ここで気が付いたわけです。
というわけで塗装のやり直しです。グリーンで塗ってしまった部分は上からセミグロスブラックを塗れば良いだけですが、セミグロスブラックを塗装した部分はサーフェイサーからやり直しです。
DSC_5343_convert_20150204224552.jpg
塗装を落とすのも大変なのでそのままサーフェイサー塗装。
その後本来の通り正しく塗装
DSC_5360_convert_20150204224608.jpg
こっちが正式な裏側。ちなみにこの部品はボーテックスジェネレーターという名前だそうです。日本語にすると乱流翼というそうです・・・なんだかカッコいいですね。意図的に乱流を起こさせることで逆に安定するそうです。ふーん・・・?
で、結構効果があったようで、1994年のラッツェンバーガー・セナの事故以降コーナリングスピードを低下させる為廃止されてしまいました。個人的にはこんなのがタイヤの内側まで延びてたら干渉しそうで不安になりますけどね。あとプラモ的には強度を出しづらいしやっぱりタイヤと干渉するし。
これが終わってやっとフロントウィングが組めます
DSC_5361_convert_20150204224624.jpg
結構後ろまで伸びてるんですね、このボーテックスジェネレーター
そしてボディも組んでみます。ここで前回作ったコクピットをボディに取り付けています。
DSC_5359_convert_20150204224615.jpg
カウルもシャシー側に爪を引っ掛ける部分があるのでパチンとはまります。なのでカウルを持っても外れることはありません。
リアウィングも塗装が終わっているので組み立てます。
DSC_5362_convert_20150204224635.jpg
ロワウィングと翼端板は最初から一体なので非常に作業がしやすいです。上側のウィングもそのまま穴にはめ込めばOK。
そしてボディ側に接着
DSC_5363_convert_20150204224645.jpg
正確にはギアボックスの後ろから出ている支柱に取り付けます。実車もここから取り外しできるので同じ感じですね。接着自体は瞬間接着剤を使用しています。
さて、これでデカールを貼る準備ができました。フロントサスペンションは020のときと同じくフロントノーズを取り付ける時点で行う予定です。
今回はここまで、次回はデカール。

タミヤ 1/20 ロータス107Bフォード 製作5 エンジン周り製作

製作第5回目はエンジン周りを製作していきます。エンジン周りといってもF1の場合ギアボックス・リアウィング支柱・リアサスペンションが一体になっているので結構な範囲ではあります。というかこれらでF1全体の後ろ半分を占めてますよね。
エンジン本体やギアボックスの塗装は終わっているので、順番的にサスペンションの塗装となります
DSC_5344_convert_20150203230110.jpg
いきなりこんな状態ですが、塗装順序はサーフェイサー→セミグロスブラック→シルバー→ゴールド(今ここ)です。
円形になっている場所も無理やりマスキングしてますが、後になってここは筆塗りで十分だったなと思いました。
DSC_5345_convert_20150203230118.jpg
一方ブレーキが付くパーツ(右側のパーツ)、調べたところアップライトというもの・・・ここがアップライトなのか!のゴールド塗装は上手くいきました。
サスペンションのばねはフラットブルーを爪楊枝で塗装
DSC_5347_convert_20150203230132.jpg
このパーツだけで5色使ってると思うとなかなか贅沢な気分です。フラットブルーは多少はみでましたがまぁこんなもんでしょう。それにしても右側のシルバーの部品はべったいのダンパーかなんかでしょうか?それとも何かの保持部品?なぞです。
次は排気管を塗装
DSC_5346_convert_20150203230125.jpg
シルバー塗装の上からクリアーオレンジを吹いています。「焼け色」というのの再現のつもりですが・・・なんだか写真とか見てると焼け方が各車全然違うじゃん。金色から煤けた黒まで様々。よくバイクのマフラーでも焼け色とかありますがあんなに綺麗じゃないです・・・こういうもんなのか。
さて一通り塗装ができたところで組み立てに入ります。
DSC_5348_convert_20150203230145.jpg
アームを上下2本差し込みその先にアップライトを取り付けます。アームをギアボックスに差し込むところまではパチパチとはまっていくのでノープロブレム。問題はアップライトの取り付けです。020でもそうでしたがはまるとその後抜けないようにパーツに返しが付いているのではめ込むときに相当に力が入ります。このときアームの真ん中とかを持っていると折れそうになるのでなるべく負荷のかかりにくいところを選んで保持します。また一回はめた後取り外すことは非常に困難なのでパーツのつけ間違えに気をつけましょう。自分はこれをやってピンを折ってしまいました。
真後ろから見るとこうなっています
DSC_5349_convert_20150203230207.jpg
ハの字型になっているパーツも多分アップライトというのだろう・・・と思う。これも先端部を差し込む形になっているので強度は申し分ないのですがはめるとき大変です。
DSC_5351_convert_20150203230214.jpg
このように入り組んだ場所の中で穴に対して垂直に力をかけなければいけないです。幸いサスペンションのアームは割りと上下にしなるのである程度まではスペースを確保できます。余りやりすぎると曲げたり折りかねないのでさっさとはめます。このとき爪とかで多少塗料を削ってしまっても致し方ないです。
そして組み立て完了
DSC_5352_convert_20150203230240.jpg
なかなか良い感じです。
これをシャシーに乗せると・・・
DSC_5356_convert_20150203230300.jpg
このようにはまります。排気管は床の部分に合わせる形となります。本来ならピンバイスで穴でもあけとけばよかったのかもしれません。それにしてもV8ってコンパクトですね。
あとこれらをやっている間にコクピットを組み立て&塗装
DSC_5358_convert_20150203230308.jpg
シートベルトはフラットレッド・インパネは赤青黄、シフトノブはタンっぽいので塗装。また全て筆・爪楊枝塗りです。
今回はここまで。

タミヤ 1/20 ロータス107Bフォード 製作4 ウィング類イエロー塗装・ギアボックス周辺

製作第4回目はフロント・リアウィングのイエロー塗装を行い、その後ギアボックスを黒鉄色で塗装し周辺を組み立てます。
このウィングのイエロー塗装ですが、これもデカールは付いているものの折り返しが必要なのとデカールが大きくウィングのモールドが全て覆われてしまう為塗装をすることにした次第です。
マスキングについては以下の通り
DSC_5331_convert_20150202220055.jpg
フロントウィングは右側のラインを塗装します。微妙に曲面になっているので手0ぷが浮かないようにしっかりと密着させます
リアウィングについては特にマスキングの必要はありませんが、吹き込み防止の為裏側にテープを貼っておきます。
そして塗装。使用したのはGXカラーのキアライエロー
DSC_5332_convert_20150202220110.jpg
いくらGXカラーといえど一発で塗装しきることはできないので何回か重ねます。重ねるに当たっては何分かの感覚をおいて垂れないようにします。
フロントウィング側
DSC_5333_convert_20150202220121.jpg
こちらも垂れに気をつけます。垂れるとマスキングテープの内側に漏れる可能性が高くなります。それにしてもここのところソリッドカラーはGXカラーに頼りっきりです。後ここの塗装についても塗料が多少薄い気がします・・・一度薄めに調色することに慣れるとなかなか変えられないものですね。
DSC_5342_convert_20150202220131.jpg
こんな感じになりました。色は合っているし場所も合っているけどちょっと幅が足りなかったか?デカールを貼る幅があれば良いけど微妙なところか・・・。

次はギアボックスとドライブシャフトの塗装です。使う塗料は黒鉄色
DSC_5335_convert_20150202220151.jpg
ギアボックスのマスキングについて、左側が半円形にマスキングされていますがこれはテープを貼った後にデザインナイフで切ったものです。半円状にガイドがあるので難しくは無いです。右側のエンジンとのマスキングはかなりテキトー。細吹きなのでこれだけのマスキングで十分でしょう。
塗装後
DSC_5336_convert_20150202220200.jpg
良い感じですね。今回のエンジン部はシルバーと黒鉄色・セミグロスブラックが混ざってるのでしっかり塗り分けると見映えがします。それにしてもエンジン下側の部品は一体なんなんでしょう?補機類?
塗装が終わったら組みたてていきます
DSC_5337_convert_20150202220212.jpg
この部品の名称も良く分かりません・・・インテークマニホールドなのか?
この上にはファンネルが付きます。
DSC_5338_convert_20150202221221.jpg
サスペンションアームも取り付け。パチンパチンとはまるので楽に組み立てられます。
その上に覆いを取り付け
DSC_5339_convert_20150202221231.jpg
この上にサスペンションのばねとダンパーが来るわけですね。ここら辺の構造は020と大差ないです(プラモでは)。ちなみにさっき言ったファンネルが付いています。形状が020のホンダV10とだいぶ異なります。ホンダV10はラッパ状だったのにこっちは筒の部分が埋まってます・・・だからなんだと言われると困りますが。
ギアボックス裏側
DSC_5340_convert_20150202221252.jpg
裏側にもなにやらパーツを取り付けます。なにこれ?ECU?それともモーター?全然分かりません。それとも実車はパイプでも繋がってるんでしょうか・・・。こういうところはまだまだ勉強が足りないですね。
ドライブシャフトも付けました。一緒についてるダクト状のものはブレーキを冷やす空気を取り入れるものですね。
この分だと次回もエンジンまわりかなぁ。
今回はここまで。
プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
相変わらず車はスイフト、バイクはハヤブサです

バイクも、プラモもアマチュアですが楽しくやってます。最近バイクに乗れてませんのでプラモの記事ばかりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター