フジミ1/24 R34スカイライン 25GTターボ 製作9 デカール・墨入れ・完成

製作第9回目にして完成です。というわけで最後に残ったパーツを組み立て、デカールやその他を取り付けていきます。
デカール
DSC_5117_convert_20150119212803.jpg
さすが新しいだけ合ってデカールはとても綺麗。ひび割れや分裂を気にしなくていい時のデカール貼りは楽しいものです。
まずメーター類
DSC_5118_convert_20150119212811.jpg
一枚でカールではなく個別になっているのでずれないように気をつけます。左側の3連メーターは穴になっていて結構深くなっていますが、押しこまずに半ば浮かせるような感じで貼っています。押し込んだらまずぐちゃぐちゃになるしね。
後はリア回りとか
DSC_5138_convert_20150119212910.jpg
墨入れが盛大に失敗しています。もちろんこの後ふき取りますが・・・何年も使ってるエナメルフラットブラックはそろそろ劣化が激しい・・・?のかな。
上の写真ナンバープレートの左右にあるランプはこのように内側からシルバーで塗装しています。
DSC_5133_convert_20150119212900.jpg
ボディ側を塗り忘れたときやマスキングが面倒なときはこの手に限ります。見た目もそれほど悪くないのもいいです。
フロント側はラジエーターグリル前に付属の金網を貼ります
DSC_5130_convert_20150119212827.jpg
というかこれを貼らないとスカスカのエンジンルームが丸見えになってしまうというなんとも悲しい状態・・・金網なのでタミヤとかのメッシュよりは細かく際限度は高めかと思います・・・プラモとしては。
あとはウィングを付けて
DSC_5131_convert_20150119212837.jpg
両面テープ使用です。接着剤は瞬間接着剤も含めてリスクが高いので使いませんでした。ここまで来て塗装面がボロボロになったら目も当てられませんし、外れたときも接着後が付かなくて良いのが利点です。
そんなこんだで完成です。
本当はカメラのほうの写真を上げたかったけどボケボケだったのでいとまずスマホで撮ったほうを出してます。
DSC_5143_convert_20150119213139.jpg
まぁ2015年一発目としては及第点といったところでしょうか。多少手抜きや妥協もありますがそこは目をつぶってやってください。
ツーショット
DSC_5152_convert_20150119212955.jpg
GTRと比べても外見は良い勝負ですどちらも十分カッコいいと思います。こうやって見ると両方青だった場合見分けられるんでしょうか?フロントグリルとかリアのエンブレムとか見ないと自分は分からないかなぁ。
ともかくこういう調子で作れていけたら良いな。
スポンサーサイト

フジミ1/24 R34スカイライン 25GTターボ 製作8 ウィンドウ・ドアモール塗り分け

製作第8回目はウィンドウの内側塗装とボディのセミグロスブラック塗り分けを行います。
何はともあれマスキングを行います
DSC_5112_convert_20150117213440.jpg
最近マスキングシールばかりだったので久しぶりの手動マスキング。それでもそんなに時間はかかりません。
そしてボディ側
DSC_5113_convert_20150117213453.jpg
マスキングテープを貼ってくぼみに沿ってデザインナイフを使って切っていきます。ナイフを入れるときは軽めの力で切っていきます。くぼみからずれてしまったときにボディを傷付けることを減らせます。
そして塗装
DSC_5123_convert_20150117213539.jpg
多少塗料が薄めだったので何回も吹くことになりました。ここで焦ると半乾きの上にさらに塗料が乗ってべちょべちょになるので同じところをずっと塗らないようにぐるぐる回りながら塗ります。
DSC_5114_convert_20150117213500.jpg
ボディ側も同じような感じです。多少塗料を濃くした後塗りました。薄いのが悪いというわけでもなく、薄いとツヤを出しやすいのでこれはこれで使いようがあります。でもドアやウィンドウ周りのセミグロスブラック部分はそこまでツヤは要らないので濃い目でも良いかなと思っています。
ボディ側面のウィンカー部分もついでにマスキングしシルバー塗装
DSC_5116_convert_20150117213522.jpg
一旦仮組みもしましたが・・・これフロントタイヤがタイヤハウスから飛び出ている気が・・・これじゃ車検に通らない。そうじゃないか、ともかくカッコが悪いのでタイヤ回りを見直します。具体的にはタイヤを押し込みアーム類が干渉・曲がってないか見ました。
DSC_5126_convert_20150117213614.jpg
ウィンカーランプはこのように塗装。
ウィンドウ内部はちょっと前に行ったとおり室内色で塗りました
DSC_5125_convert_20150117213550.jpg
水性のジャーマングレーです。完全につや消しかつ表面ざらざらです。バックミラーは瞬間接着剤で取り付け。
ボディとウィンドウが終わったところで両方をくっつけます。
DSC_5127_convert_20150117213621.jpg
天井側に両面テープを貼って・・・
くっつけます
DSC_5128_convert_20150117213636.jpg
以外にもぴったりしっかりはまります。特にズレも無くストレス無くはまるのはうれしいことです。段差もそこまで酷くないのでウィンドウ周りは良い感じです。
今回はここまで。

フジミ1/24 R34スカイライン 25GTターボ 製作7 足回り塗装と組み立て

製作第7回目はヘッドライトとディスクブレーキ・排気管をシルバーで塗装した後、足回りを組み立てます。
DSC_5100_convert_20150116110415.jpg
ヘッドライト部はこのようにマスキング。下のほうの穴はウインカーランプが付くのでこちらもシルバーで塗装しておきます。
後はブレーキとシャシー部分をマスキング
DSC_5102_convert_20150116110424.jpg
塗装面積が少ないと割とテキトーなマスキングになりがちです。シルバーで塗装する部分はギアボックスと触媒・排気管と相場が決まってきています。ドライブシャフトは意外と黒だったりします。
DSC_5103_convert_20150116110440.jpg
塗装しました。まぁこんなものでしょう。塗装しておいてなんですがブレーキディスクがシルバーってどうなんでしょうね?バイクのディスクなんかはそれこそシルバーですが、車のディスクって覗き込んでみると鉄というか鋳鉄っぽい色というか、あまりシルバーって感じじゃないのが多いですよね。しかも放熱用の穴なんて開いてないし・・・このER34は良いディスク使ってますね(笑)。
一通り塗装が終わったら後は組み立てるだけです。
まずフロント部分
DSC_5104_convert_20150116110453.jpg
割と単純な構成です。でも単純な構造ということはそれだけ強度的には有利ってことで破損も少なく組み間違いも少なく・・・という風に組みやすいです。またタイヤを取り付ける部分ですが、タイヤ(ホイール)側に穴が開いておりかつ穴も大きいのでこれまた破損しにくい構造となっています。
DSC_5105_convert_20150116110500.jpg
先ほどのパーツをフロントパネルにつけて完了。後はこれをシャシー側にくっつけるだけです。
ちなみに裏側はこんな感じ
DSC_5106_convert_20150116110508.jpg
タミヤ製と比べるとだいぶ簡略化されているように思えます。でも組んでしまうとそれっぽく見えるんですよね。
DSC_5107_convert_20150116110516.jpg
だいぶタイヤが飛び出している気がしますが・・・
続いてリア側
DSC_5108_convert_20150116110524.jpg
リア側も単純構造。しかも金属製のシャフト付です。この棒が付いてくるとたいていタイヤが回る感じで仕上がります。またタイヤを組むのも楽です。金属の棒はかなり力をかけても折れない・曲がらないですし。
そしてリア側も組み付けて完成
DSC_5111_convert_20150116110540.jpg
同時に燃料タンクや排気管もつけています。アーム類が多少はしょられてる感じがしますがおおむね良く再現されているのではないかと思います。あとGTRと比べて後輪駆動なので前輪側に駆動力を伝達するトランスファーがギアボックスについていません。こういう違いが見れるのも地味にうれしいところです。
今回はここまで。

フジミ1/24 R34スカイライン 25GTターボ 製作6 内装塗装

製作第6回目は内装の塗装をしていきます。
まず、サーフェイサーを吹きます。
DSC_5090_convert_20150114224632.jpg
ちなみにサーフェイサーを吹いた場所と吹いてない場所でこれだけの差が出ます。色も違えば表面の状態もかなり異なります。ボディ塗装のときはざらついているとつやが出ないのでヤスリ掛けをして表面を馴らしますが、内装では逆にツヤを出したくないのでサーフェイサーのざらつき感はそのまま使います。また薄い塗料を使っても色が乗るので調色が楽になります。例えば薄い塗料を左下の何も塗装して無い部分に吹き付けると垂れます。そしてムラになります。
DSC_5092_convert_20150114224713.jpg
ついでに他のパーツにもサーフェイサーを吹いてしまいます。シャシー側のパーツですが量は少ないのでそれほど手間でもありません。
一通り吹いたところで内装色を塗っていきます。写真とかを見たところ基本的にダッシュボードは黒、シートはグレー系ツートンなので、それぞれセミグロスブラック・ニュートラルグレー・ジャーマングレーで塗装していきます。
DSC_5093_convert_20150114224721.jpg
まずシートの真ん中部分をニュートラルグレーで塗装します。この塗料は半光沢なのでつや消しにはならないですが、どちらかというと表面が荒れてたほうが布っぽいので遠目から吹きます。
これが乾くまでの間にダッシュボードその他をセミグロスブラックで塗装
DSC_5095_convert_20150114224745.jpg
シャシー類も一緒に塗装しています。塗料が若干薄かったため何回か重ね塗りをして塗り残し・透けに対応しました。
先ほどのシートが乾いたら真ん中部分をマスキングしてタミヤの水性のジャーマングレーで塗装します。
DSC_5098_convert_20150114224753.jpg
また、室内色も同様にジャーマングレーで塗装します。表面の状態や重ね塗りを考慮しない場合水性塗料は非常に使い勝手が良いです。色の乗りも良いし臭いもラッカーに比べて少ないので塗り手側の負担が少ないです。
で、最終的に塗り終わった部品を組むと・・・
DSC_5099_convert_20150114224801.jpg
どうです?個人的にはなかなか良い線にもっていけたと思います。内装に、特に布とかの部分に中途半端にツヤがあるとプラスチッキーに見えてしまうので割りとしっくりこないことがままあります。写真は無いですがウィンドウのピラー内側や天井部分も同様に塗装しているので室内としてはちゃんと塗ったつもりです。
塗り終わった状態でそこそこの出来具合だったのでシートベルトとか深追いはやめました(要は妥協じゃね?とも思う)。
今回はここまで。

フジミ1/24 R34スカイライン 25GTターボ 製作5 内装製作・・・失敗

製作5回目は引き続き内装を作っていきます。
このER34ですが内装を仮組みすると
DSC_5076_convert_20150113232147.jpg
このようになります。素組みの状態だと側面がただの壁なわけです。これを何とか実車に近づけたいがための複製が前回の内容でした。しかし、複製品をそのまま付ける事はできません。見ての通りシートと側面の間に隙間がほとんど無い為です。そのため複製品を加工しようとしましたが・・・
DSC_5075_convert_20150113232139.jpg
見事割れました。・・・前部分と後部分に分けて形を整え接着しようと思いましたが事はそんなに甘く単純ではありませんでした。しっかり乾燥させたポリパテがここまで硬かったのは予想外でしたが、そのほかにも複製品の厚さや寸法、そもそもドア一枚ごと複製したことが間違っていた等々問題点が明らかになりました。
この状態では使うこともできず、かといって何も無い壁のまま作るのはここまでやっておいてやりきれないので新たにエポキシパテで製作を行います。
DSC_5087_convert_20150113232240.jpg
一応ドア側面の手すり?のつもりです。なんというかただの棒というか出っ張りというか・・・今までの意気込みはなんだったのかというような代物です。まぁ何も無いよりはマシというような妥協の産物です。
もう側面は置いといて別のパーツに移ります。このキットはペダル類も無いので予備パーツから流用します。
DSC_5084_convert_20150113232206.jpg
エッチングノコギリで削り取り、運転席の奥側に位置が合うように取り付けます。
DSC_5086_convert_20150113232234.jpg
こっちはさっきの粘土細工に比べたらまともなほうです。というか本来ならこうあるべきでしょう。
で、結局手を加えた部分はこうなりました。
DSC_5088_convert_20150113232246.jpg
・・・初期の構想と全然違う・・・。本当ならタミヤのR34みたいな側面にするはずだったのに・・・どうしてこうなった。やはりパーツのスリ合わせが上手くないというのがありますが、パネルごと複製するのではなく凹凸部分だけ部分ごとにパーツを作り、それを接着するほうが良さそうです。もしくはプラ板を重ねたり加工してドアポケット等を再現したほうがはるかに楽に再現できたのではないかと今更ながら思います。
最後にシートを仕上げて塗装前の作業は終了
DSC_5077_convert_20150113232159.jpg
なんだか後悔に満ちた記事ですね。自分でもプラモデルを作ってて久しぶりに気分が沈みました。こうなったら塗装のほうで取り返すしかないですね。というわけで次回は内装塗装に入ります。
今回はここまで。
プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
バイクは自分より年上のNSR250R
車はスイフト

プラモデル製作記事がメインでたまーにバイクの記事を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター