ハセガワ 1/24 ホンダ シビックSIRⅡ 製作4 完成ー

第四回目で完成です。残ったパーツを組み、塗装を行います。
まずサスペンション
DSC_2935_convert_20140803232513.jpg
黒一色だと味気ないのですぷろんぐ部分を赤く塗装。エナメル塗料を筆塗りです。
次にボディのセミグロスブラック塗装
DSC_2937_convert_20140803232532.jpg
今回もいつもどおりマスキングを行いましたが、塗面が薄いと場合によってはマスキングテープを剥がす際にと相互と持っていかれることがあるので―特にクリアー系統で薄く吹き重ねている場合―注意です。注意ってもはがれたときにしか分からないので困るんですが・・・
そしてウィンカーレンズ・テールランプの塗装
DSC_2938_convert_20140803232523.jpg
クリアーレッドを塗装する際、ブレーキのキャリパーも赤く塗りました。こうするとスポーティ?少なくとも目立ちますね。
食う見立て最終確認です。
DSC_2939_convert_20140803232555.jpg
少しリアタイヤがはみ出ている?こうすると車検に通らない・・・もとい、見た感じ不恰好なので、何度かつけたり外したりしたあと、内側を少し削って調整しました。こういうこともあるのでハセガワのカーモデルは何か足回りがピタッと決まらない感覚があります。
そして完成
DSC_2941_convert_20140803232635.jpg
ちゃんと側面もつやが出ています。
DSC_2942_convert_20140803232646.jpg
墨入れもあわせてラインがはっきりしています。これなら人にあげられるレベル・・・なのかな?やはり自分用に作るのとは雰囲気が違う気がします。
4台連続ホンダ車
DSC_2943_convert_20140803232659.jpg
よくもまぁホンダばかり揃えたもんです。それにしてもこうやって並べるとシビックって大きいですね。
スポンサーサイト

ハセガワ 1/24 ホンダ シビックSIRⅡ 製作3 内装製作

製作第三回目は内装を製作していきます。具体的にはダッシュボード、シート部の塗り分けをやってきます。
まずダッシュボード
DSC_2922_convert_20140801175432.jpg
このモデルはシフトペダルが付いて無いので、余ったほかのパーツから持ってきました。
裏面はこんな感じ
DSC_2923_convert_20140801175443.jpg
こまったときのボンド・・・というか意外と便利な木工用ボンド。乾けば透明なので目立ちにくいのと、多少動かしても粘って取れないところがいいですね。
そしてウィンドウをマスキングして、セミグロスブラック塗装に備えます。
DSC_2924_convert_20140801175541.jpg
そして、他のセミグロスブラックで塗るパーツ―サスペンションや、車体下面も同時に塗装します。
DSC_2928_convert_20140801175552.jpg
こんな感じに塗装します。
そして次は内装の主要色と成るニュートラルグレーを塗装していきます。
まずダッシュボードをマスキング、エアコン口やラジオなどを塗り分けします。
DSC_2929_convert_20140801175610.jpg
そして内装を一気にNグレーで塗装していきます。
DSC_2927_convert_20140801175515.jpg

DSC_2930_convert_20140801175637.jpg
塗装し終わるとこうなります。ウィンドウは、セミグロスブラックの上にNグレーを塗装しています。今回初めてやりましたがこうするとより内部の色が寄り実車っぽくなります。外側から見たらちゃんとブラックになっているのでこのやり方で大丈夫だったみたいです。
次に二色目のジャーマングレーを塗装していきます。まずシート部分のマスキング
DSC_2931_convert_20140801175715.jpg
またシート裏もジャーマングレーで塗装するので同様にマスキングします。
加えて今回は、運転席・助手席上のサンバイザーも製作してみます。せっかく内装色々やってるからやってみます。
DSC_2932_convert_20140801175730.jpg
まず紙で型を切り出して、それに沿ってマスキングテープを切り取り、それを三枚ほど重ねると丁度よい厚みになります。これをジャーマングレーで塗装します。
シート裏はこのような感じ
DSC_2933_convert_20140801175740.jpg
サンバイザーはこのように貼り付けました
DSC_2934_convert_20140801175749.jpg
まー雰囲気は出てるかな。
今回はここまで。

ハセガワ 1/24 ホンダ シビックSIRⅡ 製作2 ボディ塗装・シートパテ埋め

前回の記事から間が空いてしまいましたが製作第二回目です。今回はボディ塗装とシートの加工を行っていきます。
まずボディ塗装からです。
クレオスのGXメタルグリーンで塗装していきます。
DSC_2912_convert_20140731213742.jpg
前作のシティと同色ですが、それはこいつの練習のため。下地~塗装まで同じ工程なのでほぼ同じ発色となっています。後はムラが無いように吹き重ねていき、クリアーを3回ほど重ねて吹き、艶出しと成なります。
DSC_2926_convert_20140731213750.jpg
だいぶいい感じですね。今回は側面も多少コンパウンドを掛けたので、他のものよりツヤが出ている・・・はず。
これでボディはほぼ終了。無いそうに入っていきます。

ではシートから
DSC_2909_convert_20140731213809.jpg
・・・なかなかのバリですね。しかもヘッドレストのところなんかシート本体とほぼくっついてるし・・・これ全部そぎ落とすのかぁ・・・
DSC_2910_convert_20140731213827.jpg
カッター、デザインナイフ、400番ヤスリを駆使しながらバリを除去。次はシート裏面の窪みを埋めていきます。実際に写真などで確認しましたが、実車にはこのようなくぼみはありません。
まず上側の穴を埋めます。
DSC_2911_convert_20140731213835.jpg
ラッカーパテを盛り付けます。この後固まったら削るので、引けが出ないよう多めに盛ります。
シート裏の大きな窪みはこれでは足りないので
DSC_2913_convert_20140731213846.jpg
こっちのパテを使います。こういうときぐらいしか使わないので中々減りません。
同じ量だけカットして
DSC_2915_convert_20140731213909.jpg
こねます、強くこねます
DSC_2916_convert_20140731213928.jpg
これが意外と混ざらなかったり、手に引っ付いたりとするのですが水などつけながらやるとやりやすいです。
DSC_2917_convert_20140731213938.jpg
よく混ざりました。これをシート裏に盛っていきます。
DSC_2918_convert_20140731213950.jpg
こうして
DSC_2919_convert_20140731213959.jpg
押し広げて満遍なく埋めていきます。はみ出したりしたぶんは硬化後ヤスリで削っていきます。
そして、硬化後削って塗装したものがこちら
DSC_2925_convert_20140731220618.jpg
多少荒さが目立ちますがシートっぽくなったかと思います。
今回はここまで。

ハセガワ 1/24 ホンダ シビックSIRⅡ 製作1 開封~下地

ちょっと間が開きましたがプラモデルを作っていきます。
今回はこちら
DSC_2889_convert_20140717234137.jpg
シビックを作っていきます。またホンダかよ!という感じですが今回は友の依頼で製作します。前回前々回と作ってきたホンダ車もこれのための練習・・・と言えなくも無いです。型式でいうとEGの方のシビックです。このい一つ後がEKですね。どちらも有名ですが最近まで違いがよく分からなかったのは内緒です。
開封します
DSC_2890_convert_20140717234152.jpg
ハセガワのカーモデルは久しぶりです。やっぱりハセガワは飛行機ってイメージがあります。実際説明書何かはほとんど飛行機と同じでシンプル、というかイラストがシンプル過ぎる気もします。
早速ボディを見てみると・・・
DSC_2900_convert_20140717234206.jpg
大きなバリがありますね。また、各パーツにもバリが目立ちます。金型が結構へたってきているのかな?また、ハセガワのカーモデルは足回りが他と比べて組みにくい実感があります。パーツが中々あってくれなかったりするんですね。
ボディのパーティングラインを消していきます。
DSC_2903_convert_20140717234235.jpg
パーティングラインの通し方はかなり上手だと思います。処理するラインが少なくて作り手に優しいです。一長一短あるけどそれも含めてのハセガワクオリティ。
1000番で処理した後、恒例のホワイトサーフェイサーを吹き、シルバーを塗装します。
DSC_2904_convert_20140717234401.jpg
この後表面の埃とかを取る為に2000番でヤスリます。
屋根
DSC_2906_convert_20140717234424.jpg
ボンネット
DSC_2907_convert_20140717234432.jpg
起伏があるので慎重に・・・深追いはしないようにします。
側面
DSC_2908_convert_20140717234442.jpg
突起物の回りは無理にヤスリ掛けをしないようにしています。ヤスリ掛けをするのは最後に鏡面にしたい部分のみ。また起伏部周辺は鏡面にしなくとも違和感が無いのでとそうめんに傷を付けないことの方を優先します。
この後シルバーを再び塗装して下地完成。
今回はここまで。
プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
相変わらず車はスイフト、バイクはハヤブサです

バイクも、プラモもアマチュアですが楽しくやってます。最近バイクに乗れてませんのでプラモの記事ばかりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター