タミヤ1/24  ホンダ シティターボⅡ 製作3 ボディ塗装~完成

第三回目にして完成までいってしまいました!何で3回で終わってしまうんでしょう?手を抜いてるからかな?(いやそんなことは・・・無い・・・はず)。

早速塗装に入ります。第一回で下地は出来ているのでクレオスのシルバーで塗装していきます。
一回目塗装
DSC_2822_convert_20140629232135.jpg
分かりにくいですが屋根やボンネットなどに埃が付いています。こればっかりは未だに避ける方法が分かりません。乾かして2000番で埃を取り除き正面を滑らかにします。
DSC_2819_convert_20140629232126.jpg
やすった跡がわかるかと思います。なるべく深追いしないように慎重に行います。
そうしたら第二回目塗装
DSC_2818_convert_20140629232119.jpg
傷がなくなっていることが分かると思います。この時点でツヤはほとんど無いです。また、今回からシルバーの溶剤を普通の溶剤からレベリング薄め液に変えたので吹いた跡が全体的に平滑になり、ムラが抑えられています。今までシルバーを塗装するときはどうしてもムラが出てしまっていたので(最近だとシルビア辺りかな)大きな進歩です。というか何故今までシルバーだけ普通の溶剤で薄めてたのだろう?ムラにお困りの皆様。レベリング薄め液が効果的ですよ!
次にクリアーを吹きます
DSC_2829_convert_20140629232153.jpg
屋根に本棚が移っているかと思います。クリアーを3回ほど吹いて、十分な塗膜を作ってからタミヤの細目、モデラーズの極細コンパウンドで磨いています。磨いている時間は1時間もやってないと思います。あまり気にしていないのであいまいですが、とりあえず写真にあるくらいのツヤが出るくらいまで磨きます。

次に窓枠などセミグロしブラックで塗装するところのマスキングを行います。
正面はこんな感じ。ヘッドライトの中はシルバーを残したいのでマスキングゾルで埋めています。
DSC_2830_convert_20140629232205.jpg
側面はこんな感じ
DSC_2831_convert_20140629232216.jpg
ドアの取っ手とフェンダー部分の空気取り入れ口?がセミグロブラック指定です。
塗ります
DSC_2832_convert_20140629232236.jpg
はしょりましたがセミグロブラックを塗った後、ウインカー、フォグランプ部分のマスキングテープををデザインナイフで切り取り、それぞれクリアーオレンジ、クリアーイエローで塗装しています。またリアランプも同様に塗装しています。
そしてマスキングテープを剥がします。この瞬間が堪らない!
DSC_2833_convert_20140629232249.jpg
イイ感じですね。ちゃんと塗り分けられています。
そして最後にデカールを貼り簡単な墨入れを行った後、車体と合体させます。

シティターボⅡ完成~
DSC_2834_convert_20140629232344.jpg

DSC_2835_convert_20140629232350.jpg
シルバー一色ですとちょっとだけ寂しい感じもしますね。かといって変にツートーンにしてもそれはそれで違和感なので難しいところですかね。もっと下地にこだわれば表現に幅が出てくるんじゃないかなぁと考えているところです。いっそ下地赤とか・・・どういう発色になるか検討もつかない・・・。
車体下面、いたってシンプルです。
DSC_2836_convert_20140629232358.jpg
上面
DSC_2837_convert_20140629232405.jpg
出っ張りがある分コンパウンドをかけるときに角を削りすぎたり、カスが溜まってしまうことに気をつけないといけません。逆にウィンドウの周辺はそんなに磨かなくても違和感が出ません。
フロント部分
DSC_2838_convert_20140629232418.jpg
丸目が可愛い。その割りにフェンダーがごつい。
リア
DSC_2839_convert_20140629232426.jpg
何かすっきりしています。まあこれはこれでいいか。

というわけで今回も3回で完成してしまいました。もうちょっと写真とか撮っておけばより詳しく工程が説明できるのかな?でも写真ばっかり撮っていると作業が進まないし・・・うーん。
ま、ぼちぼちやっていきますか。たった三回の製作記でも誰かの参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

タミヤ1/24  ホンダ シティターボⅡ 製作2 内装の塗装

第二回目はボディの下準備と内装の塗装を行います。
ボディは今回シルバーで塗装するので、下地にホワイトサーフェイサーを塗装します。
まず溶剤をこれくらい入れて
DSC_2744_convert_20140627150843.jpg
次にホワイトサーフェイサーをこれくらい入れてよくかき混ぜます。
DSC_2745_convert_20140627150851.jpg
基本的に塗料皿とかは使っていません。調合するときは使いますがなるべくそのまま使える色を探してきて(ある意味妥協して・・・)使っています。
吹く前のボディ
DSC_2746_convert_20140627150901.jpg
ツヤがありますね
吹いた後のボディ
DSC_2747_convert_20140627150908.jpg
ツヤが消えています。サーフェイサーが濃すぎて塗装面がぶつぶつになるよりは、薄くて何回も吹くほうが塗装面は平滑になっていいのではないでしょうか?手間は増えますが。

さて、内装に入ります。
前回とそうした部分にマスキングを施します。
DSC_2750_convert_20140627150945.jpg
大体黒く塗る場所というのは、スピーカーやドアの取っ手、ウィンドウの内側と相場が決まっています。ドア内側の窪んだ部分はもう一色グレー系で塗ると内装がカラフルになっていいかもしれません。

ダッシュボード
DSC_2752_convert_20140627150956.jpg
このキットにはメーターのデカールが付いていません。なので自分で塗らないといけないのですが・・・見事に失敗してますね。こういう細かい所は筆ではなく爪楊枝の先に塗料をつけてスタンプみたいにして塗っていくのですが上手くいきませんでした・・・。つや消し黒あたりで修正できるかな?

シートの塗装
シートはニュートラルグレーとのツートーンです。
DSC_2820_convert_20140627151029.jpg
後部座席の一部分が、マスキングを剥がしたときにはがれてしまいました。塗装が薄かったのか、それとも剥がし方に問題があったのか・・・ちょっと分かりませんが他の部分は大丈夫だっのでまあいいか。
DSC_2821_convert_20140627151040.jpg
内装はこんな感じになりました。シンプルですね。ここにシートベルトとかつけるとより実車っぽくなるのでしょう、そういう自作はあまりやってないので微妙なところですが。
今回はここまで。

タミヤ1/24  ホンダ シティターボⅡ 製作1 下準備

今回はホンダ シティターボⅡ ブルドッグを製作していきます。
DSC_2718_convert_20140626232610.jpg
表記はローマ字とカタカナどっちが分かりやすいですかね。
1983年から販売された車で、それまでのシティのターボを積んでオーバーフェンダーを付けてごつくなったモデルですね。見た目カッコいいと思いますよ実物見たこと無いけど。説明書にも書いてありますがこのターボ、アクセルを思いっきり踏むと「スクランブル・ブースト」なるものがかかって10秒間だけ加給圧が10%アップするギミックが付いています。個人的にこういう「仕様」には燃えるものがあります。だって一時的な出力アップってレシプロ戦闘機の水メタノール噴射とか戦時緊急出力みたいでカッコいいじゃないですか、ロマン装備ですね~。

では中身の確認
DSC_2719_convert_20140626232829.jpg
ちゃんとそろっていますね。右の白いパーツがオーバーフェンダーのパーツです。好みでどうぞ。このキットにはシティのものと思しきフェンダ―ミラー等の部品も入っています、かなりの程度一緒の金型だったんでしょうね。
さらに説明書には
DSC_2720_convert_20140626232849.jpg
このキット、モーターライズのようです。また、麦球を入れることでヘッドライトを転倒させることも出来ます。さらに人形まで付いてきます。人形つきのカーモデルは初めてです・・・今回は人形はパスします。モーターや麦球も手元に無いのでモーターライズ仕様ではなく普通のモデルとして製作します。

とりあえず内装から手をつけます。シートのバリ、ライン消し。
カッターを垂直に立てて削ります。結構削れたカスが出ますので飛び散らないようにします。
DSC_2723_convert_20140626232925.jpg
ガリガリ削っていきます。
DSC_2724_convert_20140626232939.jpg
左が削った後、右が削る前です。角が削れてツヤも消えています。

これらの内装パーツをジャーマングレーで塗装します。
DSC_2741_convert_20140626232954.jpg
ジャーマングレーはセミグロスブラックほど黒くなくかつ、グレーほど明るくしたくないときに重宝する色です。実際シートの塗装で迷ったらこれを使うとそれっぽくなります。ブラックやグレーとのツートンにしても見分けが付くので便利なものです。
DSC_2742_convert_20140626233004.jpg
この上にセミグロスブラックやニュートラルグレーを塗装していきます。
今回はここまで。
プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
相変わらず車はスイフト、バイクはハヤブサです

バイクも、プラモもアマチュアですが楽しくやってます。最近バイクに乗れてませんのでプラモの記事ばかりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター