アオシマ1/24ホンダ プレリュード Si VTEC製作記(3)

プレリュード製作記三回目です。正直3回で終わっちゃうとは思っていませんでした。写真をちゃんと撮っていないと説明が難しいですね。もっと詳しい過程を見たかった人すみません。
前回までで重要なところは終わってしまっているので、あとやることといったらクリアパーツにマスキングしてテールランプとウインカーをクリアーレッドとクリアーオレンジで塗装するくらいです。あ、あとスミ入れか。
ちなみにクリアーを吹いて鏡面(笑)塗装へ以って行くのですが、今回のツヤはこれくらいです。
DSC_1735_convert_20140307175852.jpg
はい、鏡面じゃ無いですね。ゆず肌でもなければ完全に映りこむわけでもない半分くらいのとこです。コレくらいにするか・・・とおもってしまいここで終わりにすることが結構多いです。ちなみに順序としては、クリアーを3回くらい重ねぶきする、砂吹き→ちょっと多めに吹く→全開で吹く→ツヤツヤ!→2000番で中砥ぎがコンパウンドがけに入ります。研いだ場合はもう一回全開でクリアーを吹きます。布はいらなくなっためがね拭きで代用しています。

・・・特に書くことが思い浮かばないんで完成写真へ移ります
DSC_1928_convert_20140405212750.jpg

DSC_1929_convert_20140405212146.jpg

こんな感じで出来上がりました!まーそこそこつやが出ているから成功したほうかな?リアのランプの塗り分け箇所ですが、裏側から塗装しています。何とかレッドとオレンジの区別がつきます。

裏側
DSC_1932_convert_20140405212202.jpg
シンプルな(手を抜いた)塗り分けです。こうやって見ればそれっぽく見える?でしょ。あと4WS機構が再現されているのでこのように前後輪が動きます。これは面白い!実車がここまで動くかは不明ですが。

キットのインプレとしては、ギミックが再現されている点がまず面白い。パーツの合いも悪くなくストレス無く組める。ただしオートマ使用しか選べないのはちょっと残念。特に悪い点は見当たらなかった気がします。後は作る本人がどこまで作りこむかの差になってくると思います。

プラモデルは作っていると、最初はそれほどかっこいいとか思っていなかったものでもカッコよく見えてきます。このプレリュードも最初はリアビューが気に食いませんでしたが、出来上がってみると中々いいもんです。ちなみにこの型のプレリュードは当時のホンダベルノ店でNSXが出るまでの間フラッグシップ車だったそうです・・・すげー。


スポンサーサイト

アオシマ1/24ホンダ プレリュード Si VTEC製作記(2)

プレリュード製作記二回目です。本体はとっくに出来上がっているなんて今更言えない・・・さっさと書けよ!と思う方もいらっしゃると思いますが大目に見ていただければ・・・

前回はシャシーを塗り分け(セミグロスとシルバー)のところまでやりました。今回は内装及びセミグロスブラックで塗るところを主に紹介していきます。
DSC_1910_convert_20140307180113.jpg
ジャーマングレイでまず塗装します。その後セミグロスブラックで塗り分けて組み立てたのが下の写真です。
DSC_1915_convert_20140307180219.jpg
光の加減はもちろんありますが、はっきり言って色の違いが良くわからない・・・うーん、実車だと結構違いがわかるけれど、それと同じ指定色で塗ったとしても必ずしも同じにはならないかぁー。ちなみに後部座席のシートベルトはマスキングテープを切って貼って上から安直にセミグロスブラックで塗装したものです。それっぽく見える・・・かな?
DSC_1911_convert_20140307180126.jpg
次はサスペンション関係です。サスペンションも大概のモデルではつや消し黒か半ツヤの黒で塗るよう指定されています。今回のプレリュードはなんと後輪も操舵されるので接着してから塗装に入ります。ちなみに写真はその後タイヤをはめる際に力を入れすぎたためバキッ!といってしまった図です。以外と丈夫そうだと思ってぐりぐりやっているとある瞬間折れるので力加減と力を入れる方向に注意です。
DSC_1906_convert_20140307180008.jpg
次は窓枠です。マスキングは暇なときにやっておくとあとあと楽です。音やにおいも無いので夜間でも心置きなく作業できます。ここで手を抜いたり、しっかり貼り付けていなかったりすると塗装してはがした後残念なことになるので、時間はかかっても丁寧に行います。
そして、同じようにマスキングした車体と同時に塗装します。
DSC_1913_convert_20140307180148.jpg

DSC_1907_convert_20140307180023.jpg
このときあまりにも塗料が薄いと、周囲に流れマスキングテープのわずかな隙間からもれてしまいます。また、色が乗らないので何回も重ね塗りすることになり面倒かつ塗料がもったいないです。さらに、この程度のマスキング(写真のような)だとマスキングしていない範囲に塗料の粒が飛び散ります。コンパウンドを掛ければ消せる程度ですが、ここでもマスキングの丁寧さが影響を及ぼしてきます。

うーん、セミグロスブラックの話ばっかりだなぁ、実際使いやすい塗料なんですけどねコレ、どこに塗っても違和感ないし。今回はここまで。

アオシマ1/24ホンダ プレリュード Si VTEC製作記(1)

今回はアオシマ1/24ホンダ プレリュード Si VTECの製作です。
DSC_1733_convert_20140307175800.jpg
1/24でホンダ車はあまり作ってないので新鮮です(確かフィットと痛車のステップバンくらい・・・)。パッケージかっこいいじゃん!あとデートカーの定番らしいですねこれ。
では組み立てていきましょう。(最初のほうの写真はとり忘れてましたすみません)
DSC_1734_convert_20140307175831.jpg
シャシーはセミグロスブラック、ガワはラッカーのレッドで塗装しました。下地は無しでそのままツヤあり塗装をしました。ミラーは最初にくっつけておきました。後はパーティングライン消しですが、金型が優秀だったみたいでほとんど線が無いか目立たなくなっています。すごいぞアオシマ!
 塗装が乾燥したら2000番で埃などをとってクリアー塗装します。ここで使うクリアーはソフト99のボデーペンクリアーをラッカー溶剤で1:1で薄めたものです。最初は遠目から吹き、二回目はやや近めでふいて乾燥するのを待ちます。乾燥したら一気に垂れる寸前まで吹きつやつやな塗装面を作ります。その後タミヤのコンパウンド赤→蒼の順に磨きました。
そうするとこうなります
DSC_1735_convert_20140307175852.jpg
うーん・・・電灯がしっかり映らないな。一応ゆず肌よりはましなのでこれくらいにしておこうと思い艶出し作業はここまでにします。
シャシー側は塗りわけがあるのでマスキングをします。この作業は先ほどの乾燥時間中にやっておきました。
DSC_1898_convert_20140307175912.jpg
マフラーが通る部分、エンジンのオイルパン以外というようにわかりやすいですね。ラッカーのシルバーで塗装します。
DSC_1899_convert_20140307175928.jpg
ついでにマフラーとブレーキディスクも塗装します。マスキングの範囲が狭かった為シルバーが他の部分に飛び散りました。ケチってはいけませんね(笑)。後ほどセミグロスブラックを使うときに修正します。
今回はここまで。
プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
相変わらず車はスイフト、バイクはハヤブサです

バイクも、プラモもアマチュアですが楽しくやってます。最近バイクに乗れてませんのでプラモの記事ばかりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター