タミヤ1/12 R1 製作8 カウル・灯火類取付~完成

タミヤR1製作だい8回目です。
今回でカウルとウィンカー・テールランプの取り付けを行い完成となります。
s_IMG_20160628_222616.jpg
早速ですがカウルを半分だけ付けました。左でも右でもどちらから付けても同じです。真ん中(ラジエーター下)に一個カウルを挟むのを忘れないように。
s_IMG_20160628_223214.jpg
そして前回はハーフカウルとか言ってフロントカウルを先に付けましたが、それだとサイドカウルを付けられないので一回外します。
サイドカウルを付けてから、フロントカウルとかみ合わせる構造です。
s_IMG_20160629_233044.jpg
これは塗り忘れたパーツ。どこの部品かというとハンドル下にある、樹脂の黒っぽいパーツです。これはセミグロスブラックで塗装しておきます。
一方で灯火類ですが
s_IMG_20160629_234550.jpg
ウインカー4個をクリアーオレンジで、テールランプをクリアーレッドで塗装します。
塗装面積が少ないから、エアブラシの掃除が面倒だからと言ってこれを筆塗りでやろうとするとなまじ面倒です。ムラができるし乾かないし・・・。エアブラシで吹いた方が早いです。
s_IMG_20160630_000657.jpg
タンクと一体になったシートですが、このように着脱可能です。可能というかただ単に接着してないだけですが、割としっかりはまるのでこのままにしています。ホントに上からはめるだけです。
ウィンカーを付けて完成です。
s_IMG_20160630_004144.jpg
ぐるっと一周
左側面
s_IMG_20160630_004153.jpg
右前
s_IMG_20160630_004210.jpg
右側面
s_IMG_20160630_004214.jpg
右後方
s_IMG_20160630_004227.jpg
メーター周り
s_IMG_20160630_004234.jpg
デカールも少ないです。
チェーン周り
s_IMG_20160630_004252.jpg
そして肝心のサスペンションストロークがこちら。
一番伸びているとき
s_IMG_20161128_224116.jpg
フェンダーとシート下の隙間に注目
こっちが縮んでいるとき
s_IMG_20161128_224131.jpg
どうですか?ちゃんと仕事しているでしょう。
今回はこのリアサスの可動化ができただけで満足です。
s_IMG_20160630_004416.jpg
その代りホース類は省略していますが・・・見た目がかっこいいのでこれで良しとします。
メガスポ勢と比べると小さいですね。
s_IMG_20160630_004739.jpg
何らかの参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

タミヤ1/12 R1 製作6 スイングアーム周りの組み立て

割と順調なR1製作、6回目です。
今回はスイングアームを中心としたライの足回りを作っていきます。
まずタイヤ、
s_IMG_20160628_182757.jpg
今回使うのはリアタイヤですが、先にブレーキディスクローターを接着しておきます。こうやって見ると本物っぽくないですか?ブレーキディスクへの穴開けは単純作業のわりに見栄えがとてもよくなるのでお勧めです。
早速スイングアームに取り付けます。
s_IMG_20160628_191340.jpg
早速もなにもいろんなパーツが付いていますね。左右のスイングアームがあり、後ろから見て右側にはリアディスクブレーキローター、左側にはチェーン、そして真ん中にタイヤがあります。タイヤの前方にはサスペンションが来るので、都合6パーツを同時に組み立てることになります。まぁビス止めなので落ち着いて片側から組み立てていけばなんてことは無いですが、いかんせん回転するものが多いので位置がずれ易いです。
s_IMG_20160628_191355.jpg
こっちは反対側です。チェーンカバーなどはまだつけていません。
スイングアームノ上にあるサブアーム的なところにフェンダーが接着されます
s_IMG_20160628_191830.jpg
若干位置が合いにくいのと、ガイドが無いのでパーツに合わせて瞬間接着剤で接着することになりました。
結構取れやすいので注意。

乾燥した頃合いを見てフレームと合体。これもビス止め
s_IMG_20160628_192244.jpg
一気にバイクらしくなりました。
反対側
s_IMG_20160628_192501.jpg
ビスはこちら側から入れと止めています。
肝心の可動式にしたサスペンションはどうかというと・・・
s_IMG_20160628_192506.jpg
良く見えませんがちゃんとビスを軸にして上下に動きました。これは完成後比較写真でも撮った方が分かり易そうだな・・・。
ところ変わってフロントカウルのライトの組み立てです。
s_IMG_20160628_205256.jpg
フロントカウルにはちゃっかりミラーが付いています。これも瞬間接着剤。
左の黒いパーツにメッキパーツが付いています。これだけ見ると何とも言えない形ですね。
s_IMG_20160628_205432.jpg
そしてクリアーパーツを取り付け。これはボンドで接着しています。瞬間接着剤をクリアパーツに使うと量にもよりますが多くの場合白化して見栄えが悪くなるからです。ちなみに白くなってしまった時は、流し込み接着剤などを塗ると症状が緩和します。
s_IMG_20160628_205625.jpg
カウルに取り付けると途端にイケメンになります。かっこいいですjね。クリアパーツとカウルの間に段差がほとんどないのも素晴らしい。
カウルができたので次回はフロントフォーク周辺の組み立てを行います。

タミヤ1/12 R1 製作5 タイヤ・キャブ組み立て、エンジン搭載

R1製作5回目です。
今回は前回までに塗ったパーツを組みたてて行きます。
まずタイヤ
s_IMG_20160628_162653.jpg
一応回転方向があるようなので、説明書を絵柄を参考にはめ込みます。当たり前ですが太い方がリア、細い方がフロントです。
はめます
s_IMG_20160628_162824.jpg
実物のタイヤもこんな感じで単純だったらいいんですけどそうもいきません。タイヤ交換する以前にホイールをバイク本体から外せないですし、外す以前にバイクを持ち上げる手段がありません。

次にこちらが塗装したキャブレター
s_IMG_20160628_163125.jpg
穴が開いているのが分かりますでしょうか。
これを4個つなげれば完成です
s_IMG_20160628_163311.jpg
接着は瞬間接着剤ですが、塗料の上から接着なので思いのほか強度が出ないです。乾くまで待つしかないですね
待ってる間にフロントフォークのマスキングを剥がしたり・・・
s_IMG_20160628_163409.jpg
まぁまぁな塗り分け。最終的にはこの上に金色を塗り分けないといけないです。
これを塗り終わるまでは車体前側は組めない・・・

とりあえず置いといてエンジンにカバー類を取りつけ
s_IMG_20160628_163708.jpg
クランクケースカバーやクラッチケースカバーなどを流し込み接着剤で接着。
それが終わったら排気管も取り付けます。
s_IMG_20160628_163803.jpg
これだけでも結構様になっています。特に排気管の合いは素晴らしく、排気管の集合部がエンジン下部の凹凸にぴたりとはまります。そこで接着もするので強度がとてもよろしいです。

乾燥時間中に次はフレームとリアフェンダーを組み立て、
s_IMG_20160628_180946.jpg
まず半分をくっつけて位置を確認します。
フレームについてはメッキパーツで、切り出したまま使っています。バリの部分などは塗装が剥げるので、筆でリタッチする予定です(目立たないようならそのままで)。
s_IMG_20160628_181244.jpg
合体、これも瞬間接着剤です。
典型的なダイヤモンドフレームがよくわかります。
ここにエンジンを搭載しますが、搭載前にエンジンにパイプをいくつか接続しておきます
s_IMG_20160628_181859.jpg
見た感じ冷却水のパイプです。上に飛び出ているパイプは、つなぎ目に一個プラのパーツを挟むので結構難しいです。何が難しいってよく取れます。ゴムホース類を接着するときってどういった接着剤が一番よく付くんでしょう?エポキシ接着剤とかか?使ったことないけど。見えにくいですが同時にキャブレターも付けいています
そして搭載
s_IMG_20160628_182514.jpg
安心と信頼のビス止めです。これでエンジン脱落なんてありえない。備ち決めもドンピシャですので、ストレスフリー。
はめ方としては写真左から右へとエンジンをスライドさせながらフレームと合わせます。
s_IMG_20160628_182521.jpg
後ろから見るとこんな感じです。はめるときにパイプとフレームが干渉しやすいので、注意です。干渉すると高確率で部品がぽろっといきますので焦らず慎重に。
ついでにサイドスタンドも取り付け。こちらもビスなので締めすぎに注意しながらある程度動く固さに調整。
今回はここまで

タミヤ1/12 R1 製作4 エンジン・マフラー塗装、リアサス可動

R1製作第4回目はエンジンを塗装し、さらにセミグロスブラック塗装までを行います
また、リアサスも組み立て可動を目指します。
s_IMG_20160624_191422.jpg
なにはともあれ今から塗るパーツです。
まずはシルバー・・・と行きたいところですが排気管だけブラックで塗装します。
そしてブラックを残す部分だけマスキングしてから、シルバー塗装を行います。
s_IMG_20160624_192115.jpg
案外雑なマスキング、というよりは直線部のマスキングで済むのでものの1分で終わります。
そして塗装
s_IMG_20160624_215015.jpg
シルバーはいつものクレオスのラッカーシルバー(濃度調整済み)。シルバーに困ったらこれ、隠ぺい力も高いのでミスったときの強い味方でもあります。
ちなみに排気管は焼け色塗装とかはしない予定です。色んな塗装・表現の仕方があるみたいですが、お手軽にやるならクリアーオレンジの吹き付けといったところでしょうか。
s_IMG_20160624_215459.jpg
そしてリアサスです。組み立て前はこのような状態です。ばねは付属品をそのまま使用しています。
組み立てる際にはばねの両端にゼリー状瞬間接着剤を付け、パーツと接着します
s_IMG_20160624_215706.jpg
センターをうまく合わせないと伸縮しないので気を付けるのと、パーツの左右を逆に組み立てたりしないように気を付けます。
一応乾燥後触ってみたら動いたので、あとは本体に付けないと分からないですね。
シルバー塗装したパーツ群
s_IMG_20160627_231428.jpg
同時に次はセミグロスブラック塗装を行うのでそのマスキングも並行して行っています。
塗り分けするのはエンジン上部、ブレーキディスクローター中央部、キャブレターです。
今回使うセミグロスブラ
ックは
s_IMG_20160627_231438.jpg
ガイアノーツのセミグロスフブラックです。
最近ガイアノーツも並行して使っています。薄目液はクレオスのラッカーと完全互換なので割と使いやすいです。
s_IMG_20160627_233626.jpg
発色も良い方です。まずはシリンダーヘッドやカバー類を塗装。
そして次にキャブレター・シート・レバーなどを塗装します。
s_IMG_20160628_160337.jpg
他にも冷却ファンとか、フェンダーとか塗るところはたくさんあります。そして塗っておいた方が後後楽な部分というのもたくさんあります、カウル裏とかがそうですね。要はパーツの裏は余裕があればセミ黒ブラックで塗装しておくと便利です。
s_IMG_20160628_160346.jpg
ホイールも黒ですので塗装。タイヤをはめてから見える部分だけ塗装しますが。スポークの根元や表裏など、結構塗り残しが多発するので、よく見ながら塗装します。
さらにブロントブレーキキャリパーも塗り分けします
s_IMG_20160628_161831.jpg
塗り分けたいのはキャリパーの部分だけなのでこのようなマスキングとなっています。雑ですね。
塗装を一気にやるととても効率的で行程も早く進みますが、こういった作業で粗が出ます・・・自分は。プラモを早く先に進めたいという気持ちが優先してしまうのか・・・こういったところがいつまでも治らないです。
s_IMG_20160628_161923.jpg
部分的なマスキングなので吹き込まないように注意。
こういった細かいところはエナメルのセミグロスブラックでもいいかなぁ、筆塗りならマスキングもほとんどいらないし。もうちょっとエナメル塗料種類を増やそうかなぁー。
s_IMG_20160628_162649.jpg
最後に先ほど言ったカウル裏もちょこっと塗装。特にフロントカウル裏はもろに完成後も見えるので要チェックです。
ちなみに写真上に見えているのがフロントフェンダーで手前に見えているのがリアフェンダーです。
とりあえずここまで。

タミヤ1/12 R1 製作3 リアサス加工・カウル類サフ吹き

R1製作第3回目はリアサスをちょこっと加工し、あとはエンジンやカウルなどにサーフェイサーを塗装します。
全体的に下準備ですね。
s_IMG_20160621_180914.jpg
まずこれがリアサス。当然モノショックです。
今回これを可動式にしてみようと思います。ようは実物と同じようにストロークするするようにしてみようということです。
とりあえず左上にちらっと写っているエッチングのこぎりで切断
s_IMG_20160621_181017.jpg
とりあえず切らないことには始まらないので・・・切り口を整形し、ちゃんとストロークができるように左側のシリンダー部にリューターで穴を開けます。穴は右のリンク基部に移っている棒が入るくらいの直径です。
s_IMG_20160621_181336.jpg
この穴を開けるときは、最初は細いドリルで真ん中に穴を開けその後棒状ヤスリで穴を拡張していきます。ドリルだと結構簡単に穴が開いてしまうので、ミスると大変です。逆にヤスリはすぐには穴が広がったりしない分調整がしやすです。
この後ばねを付けますがそれはもうちょっと後になります。

次はガラッと変わってカウルを作ります
s_IMG_20160621_183616.jpg
シートカウルとタンクは一体になっていますのでこれを接着。中心線上に合わせ目ができるので、乾燥後これをヤスリで均します。紙ヤスリの番手は粗くても320番からです。大きな段差などは320番で均し、400・600と番手を上げ傷を均します。
この後1000番のサーフェイサーを吹くので、傷が気になる場合は1200番まで、あまり気にしないようなら800番までかけておけばよろしいかと思います。
s_IMG_20160621_183846.jpg
タンクの合わせ目はめちゃくちゃ目立つのでできるだけなくしておきたいものです。ただし、タンクの下側、ちょうどシートで隠れる部分は端折っても大丈夫です。
s_IMG_20160621_182739.jpg
同時にリアフェンダーも組み立てます。こちらはセミグロスブラック単色塗装なので、サフは吹いても吹かなくてもどちらでもいいと思います。バッテリーも一緒に付いてますね。また、ウィンカーも塗装前に取り付けます。
s_IMG_20160623_225950.jpg
そしてほかのカウルもろとも塗装。合わせ目があるのはタンクとシートカウルのパーツだけなので、後のパーツはバリ処理をしてそのまんま塗装しています。
s_IMG_20160623_225958.jpg
ホイール・ブレーキディスク・シートも同様に塗装。シートについてはシングルシートカウルも一緒に塗装します。
他にも、エンジン排気管諸々
s_IMG_20160623_225954.jpg
バイクのパーツってこうやって見ると多いですが、それぞれが小さいので思ったほどに塗料を消費しません。前回作ったエレファントなんかに比べると、エアブラシのカップ半分以上塗料を調合することは無いですね。
とりあえず主要な部品の塗装準備ができたので一回区切ります。
プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
相変わらず車はスイフト、バイクはハヤブサです

バイクも、プラモもアマチュアですが楽しくやってます。最近バイクに乗れてませんのでプラモの記事ばかりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター