イタレリ 1/72 オスプレイ製作6 機体の若干の塗り分け~完成(ということに)

オスプレイ製作6回目です。
今回は主翼前縁部とプロペラを黒で塗装し、タイヤなどを付け完成とします。もう心が折れてます。
でも形にはします。
s_IMG_20160722_182920.jpg
主翼前縁部を簡単にマスキング。どの程度までを黒で塗るかは、パッケージ絵などを見ながらおおよその見当を付けています。
同様に尾翼についてもマスキングを施します
s_IMG_20160722_182933.jpg
こちらも簡易マスキング。
他にも主脚カバーにヒンジの部品を付けたりなどします。こちらは塗装後なので接着は瞬間接着剤です。また、機体への接着も同様です。
プロペラと前縁を塗りマスキングを剥がした状態
s_IMG_20160722_211213.jpg
機首の暗視装置?レドーム上の機材やタイヤは筆塗りです。
タイヤの塗料が乾いたらカバーを取り付け
s_IMG_20160722_214703.jpg
ヒンジを介してなので安定しません、乾くまで触らないよう動かさないよう注意です。
そして出来上がったものがこちらです。
s_IMG_20160722_215025.jpg
せめて国籍マーク位・・・とも思いましたが万が一塗装しなおす場合に備えて貼りませんでした。まぁ無いとは思いますが。
リア
s_IMG_20160722_214953.jpg
あぁ・・・少しはましな出来だった中が見れない・・・件のダンパーですがやはり機体に瞬間接着剤でポン付けというのは甘かったみたいです。ガイド用の穴を掘ったりガンプラなどにあるゴムパーツを使ってみるなりしないといけ無さそうです。
s_IMG_20160722_214831.jpg
それにしてもデカいなぁ。他の同スケールモデルと比べると余計にその大きさが分かります。

うーん締まらない内容だったなぁ。やはり可動部があるものは難しいなぁ。
スポンサーサイト

イタレリ 1/72 オスプレイ製作5 降着装置の組み立て・機体塗装

オスプレイ製作第5回目は降着装置=脚を組み立てて、機体を塗装するところまでやります。
だんだんぐだり始めた感がありますがとりあえず形にはしたいと思います。
s_IMG_20160705_203556.jpg
まずこれが前脚のカバー。これは脚が閉まってある状態のものなので線に沿って分割します。
指で折ってもちゃんと割れます
s_IMG_20160705_203612.jpg
これを前輪が付くところに接着するだけ・・・なのですが
脚柱と干渉するため、後から付けた方が良いパーツです。
s_IMG_20160705_205204.jpg
・・・なんだかタイヤとも当たりそうだな。
次に主脚部
s_IMG_20160705_205200.jpg
こちらも脚柱から先に組み付けカバーは後回しです。機体と平行に取り付けられている支柱は、ガイドの穴などが無いため半ば勘で取り付けています。
カバーは塗装後取付るので、この状態で塗装準備をします。
s_IMG_20160705_221429.jpg
クリアーパーツのマスキングは久しぶりにマスキングゾルを使いました。こういう単純な塗り方(垂らすだけとか)なら使えないことも無いです。
そしてサーフェイサーによる塗装、合わせ目部への溶きパテ投入~削りまでを行います
s_IMG_20160722_105951.jpg
白くなっていいる部分が溶きパテが乾いた後に削った部分です。溶きパテは塗りつける時こそ薄く広がってしまい、本当に埋まるのかな?と思ってしまいますが、意外にも乾くとちゃんと盛り上がって埋まるものです。
s_IMG_20160722_112753.jpg
キャノピーのマスキングは通常通りマスキングテープで行っています。機首部分の合わせ目は何とか消えていますがその代りに凸モールドも消えてしまっています。凹モールドなら掘りなおせば済む話ですが、これはちょっと復元できない。
s_IMG_20160722_112806.jpg
機体下面はもう一回サーフェイサーを吹き下地を整え傷を埋めます。自分としては思いのほか上手く合わせ目が消えたかな?という感じです。
そして本体色のグレーを塗装
s_IMG_20160722_114057.jpg
機体前面にべた塗りをかけます。塗料の濃さとしてはちょい薄めで、あまりに塗料が流れるようならその都度足して濃さを調整します。
s_IMG_20160722_115509.jpg
非常に見えづらいですが塗装後です。つやが出ているのが分かるかと思います。
機体下面も同じように塗装
s_IMG_20160722_115520.jpg
ちなみにリアランプは可動化に失敗したため閉じた状態で製作しました。凄く負けた気分ですが仕方ありません、自分の技術力不足です。
s_IMG_20160722_115527.jpg
主翼の付け根などは塗料がダマになりやすいのでちょっとタルタルになるくらいでちょうどいいです。機体がでかい分塗るのも大変です。が、かといってエアブラシを常に最大開度で全開で吹いているわけでもないです。いいとこ開度は半分くらいでしょうか。
s_IMG_20160722_133859.jpg
機体を一周ぐるっと見て塗り残しが無いことを確認して塗装完了です。脚が既についているので置いても胴体が地面にくっつくことがありません。この点乾燥はさせやすいのかもしれない。
色も付いたし、リアランプは失敗しちゃったし・・・次で完成にします。

イタレリ 1/72 オスプレイ製作4 胴体内部の続き・胴体接着

オスプレイ製作第4回目は胴体内部作成の続きを行い、胴体を接着。先に組み立てた主翼の取り付けまでを行います。
さて内部ですがコクピットと荷室を分ける隔壁というか枠みたいなのがあります
s_IMG_20160704_143509.jpg
一応塗装した上にスミ入れと若干の赤を塗っています。
これを荷室床面に接着。
s_IMG_20160704_145459.jpg
合わせて左右の椅子が付いている壁も接着。隔壁に合わせて接着することで強度が出ています。
接着剤が十分乾いたら胴体の左半分とだけ接着
s_IMG_20160704_152732.jpg
加えてリアランプを仮組してどのように収まるのか確認します。
そして写真でもちょっと見えていますが今回はこのハッチを可動式にしてみようと思います。本来は開いているか閉まっているかの二択ですがダンパー的なものを自作して開けたり閉めたりできるように試みています。
ダンパーとリアランプの接着が乾くまでの間にコクピットを取り付け
s_IMG_20160704_152742.jpg
コクピットの先にある物体は重り用の粘土です。これが無いと完成時尻もちをついてしまうようです。
リアに戻ってダンパー回りです
s_IMG_20160704_160238.jpg
下の金色の棒は真鍮線、上のパイプは既製品をカットしたものです。
が、これが中々上手くいきません。
真鍮線とパイプの間には隙間があるのでこれをボンドや接着剤などの粘性のあるもので埋め、リアランプを閉じた状態で保持できるようにしたかったのですが上手くいきません。外れるか、閉まりきらないかの微妙な2択となってしまいました・・・。
とりあえず様子を見つつもう片側の胴体を接着
s_IMG_20160704_162247.jpg
接着剤で接着し、隙間ができたところはエンジンナセルと同様にゼリー状瞬間接着剤を充填しています。
機体下面
s_IMG_20160704_162254.jpg
かなり大きい合わせ目ができているので修正はちょっと大変そうだなぁ。
そしてリアランプは相変わらず中途半端な状態・・・閉めっぱなしにしてもいいけどそうすると中が見えないしなぁ。かといって開けっ放しも間が抜けるしなぁ・・・どうしたものか。
s_IMG_20160705_201422.jpg
上から主翼を取り付ける前に機体に窓を取り付けます。ちゃんとクリアパーツで再現されています。でも、ここから中の様子はちょっと分かりません。
クリアパーツつながりでコクピットにもキャノピーを接着
s_IMG_20160705_201741.jpg
接着は少量の瞬間接着剤で行っています。このキャノピーの他にも操縦席脚元のガラスをはめ込んだりします。こういったところはヘリコプターっぽいですね。
そして主翼を取り付け
s_IMG_20160705_202030.jpg
色が違うのは主翼だけサーフェイサーをすでに吹いてあるからです。
当然胴体部との合わせ目ができますが、オスプレイは格納時主翼が90度回転して胴体と平行になるんですね。だからこの合わせ目はそのままでもいいかな。
このキットでは格納形態は再現できませんが、実際に写真なんかで見るととても合理的で感心します。こういう機構があるからでかくても沢山しまえるんですもの。
ともかく主翼が付いたので今回はここまで。

イタレリ 1/72 オスプレイ製作3 エンジンナセル合わせ目消し・胴体内部製作

オスプレイ製作3回目です。
今回は胴体内部を主に作ります。
でもその前に
s_IMG_20160630_210920.jpg
前回組んだエンジン部を見てみると非常に大きな隙間ができていました。接着不良です。
この大きさはサーフェイサーでは絶対埋まらないので修正を行います。
s_IMG_20160630_211005.jpg
使うのはゼリー状瞬間接着剤。これをパテのように隙間に流し込み隙間を埋める魂胆です。
パテと違ってすぐ乾きますし、エポキシパテより柔らかくポリパテのように臭いもひどくないので結構便利です。
s_IMG_20160630_211023.jpg
画像は反対側のエンジンですが埋めて削るとこのくらいまで修正が可能です。後はサーフェイサーを吹いて気になればサイドやすり掛けする感じです。

エンジンが終わったところで本題の胴体内部です。
内部というかカーゴルームですがパーツ数は少ないです。
s_IMG_20160630_215624.jpg
左2枚の細いパーツが側面、真ん中の板が床、右の短い板が出入り口のランプとなっています。
胴体内部も塗装と塗り分けを行いますのでまずはサーフェイサーを吹きます。
s_IMG_20160704_123805.jpg
胴体やってるのにまたエンジンかよ!という感じですが、一緒に塗装できるものは塗装しています。で、これは荒が目立ったのでやすりで再修正している図です。
胴体に戻ります。
胴体内部の塗装ですが、基本的には明るいグレーで塗ることになっています。
s_IMG_20160704_124345.jpg
というわけで手持ちの明るいグレーを選んでべた塗り。この時塗るのは機体内側になる部分だけで外側は一切塗装していません。また、なるべく胴体の接着面に塗料がかからないようにしています。
s_IMG_20160704_130947.jpg
一通り塗装出来たところで次は座席面をフラットブラックで塗装します。
と言ってもどこが座席が分かりにくいですよね
s_IMG_20160704_133344.jpg
黒くなっているところが座席です。数えてみると24人分あります。2個分隊といったところでしょうか、ということは二機で一個小隊、6機で1個中隊かぁ。
調べてみるとワスプ級強襲揚陸艦でオスプレイの搭載数がCH47との混成で12機となっているので半分だとして6機。単純計算で海兵隊2個中隊を好きなところに送り込めることになります。
が、CH47だと航続距離がオスプレイの3分の1なので、半径1000kmで好きなところに送り込めるのは一個中隊のみ。
しかし、これはあくまで標準状態で、ヘリボーンなど大規模な空中機動を行う場合は42機まで積むことができるようです。現実的ではありませんが仮に全部オスプレイだとすると・・・21個小隊だから3で割って7個中隊、3で割って2個大隊と1個中隊が本部付か。半径1000kmの好きなところに好きな時間に2個大隊の戦力を投射できるということになります。
半分だとしても一個大隊、これは素晴らしい。そりゃぁ使うわけですよ。

それはそれとして、床面の塗り分けを行います
s_IMG_20160704_141824.jpg
床面は黒色で塗り分けとなります。床面は真ん中のみですが、ランプ部は細い線が3本という塗り分けになっています。
塗装後
s_IMG_20160704_142644.jpg
同時にコクピットも塗装しています。床面の黒はきっとホイストやウインチ、463Lパレット等に使う転がり台みたいなものを再現しているのでしょう。
まだ続くので1回切ります

イタレリ 1/72 オスプレイ製作2 主翼・エンジン組み立て、一部塗装

オスプレイ製作2回目は主翼とエンジンを作ります。
まず主翼ですがこちらもシンプルな作りとなっています。
s_IMG_20160630_121857.jpg
一体型の主翼に左右一枚ずつ下面になるパーツを付けるだけです。
これもまた結構な大きさです。
s_IMG_20160630_122148.jpg
これで主翼は完成・・・味気なさすぎですがこれしかパーツが無いのでしょうがない。
エンジン作りに入ります。
まずは排気管から
s_IMG_20160630_124136.jpg
排気管はさっそく塗装してしまいます。
内側に組み込む部品なので後から塗装だと面倒だと判断しました。
s_IMG_20160630_125336.jpg
が、今にして思えば組み込んだ後筆塗りでもよかったかもしれません。
排気管が塗れたところでエンジンナセルの組み立てに入ります。
s_IMG_20160630_163118.jpg
このエンジンナセルが特徴的で、オスプレイの場合ナセルごと回転するのでその回転機構が仕組まれています。
上側についている部品が翼端と接着されナセルが回転します。
ナセルの中身はというと
s_IMG_20160630_163157.jpg
中に排気管が設置され、パーツを見ても分かる通り回転用の軸が通っています。
しかしこの軸、特にゴムパーツなどで保持されているわけでもなく、ビス止めなどでも無いため非常にもろいです。接着してしまうと回転しなくなりますし、回転させようとするとスカスカになって位置を保てなくなったりするので難しいです。
プロペラも作成
s_IMG_20160630_163643.jpg
さすがにプロペラピッチは固定です。
でも、回転はするようになっています
s_IMG_20160630_163823.jpg
こちらもゴム部品は無く、保持はあくまでパーツとパーツにかかる摩擦のみ。可動にこだわらなければ接着してしまった方が良いかもしれない・・・。
s_IMG_20160630_164104.jpg
今までのパーツを組んでエンジンが完成。いわゆるターボシャフトエンジンですね。
ここまで組むと、先ほど難しいといったエンジンを回転させる軸の調整ができなくなりますので、ここまでの間にしっかり接着し強度を確認しておく必要があります。接着が弱いとエンジンがグラグラになるかもしくは主翼から脱落します。
脱落すると再接着のためナセルを分解しないといけないので非常に厄介です。
s_IMG_20160630_164348.jpg
今回はそういった失敗もあったため瞬間接着剤を使用し再度組み立てました。あとはこの長大なプロペラを取り付けて、主翼に組み込めばOK。
s_IMG_20160630_164533.jpg
プロペラがでかいためこれだけでもかなりの大きさ
これが主翼に付くと
s_IMG_20160630_164713.jpg
さらにデカい。このコンパートメントだけでオスプレイの半分を占めそうです。
右側も同じものを作ります
s_IMG_20160630_165928.jpg
部品点数だけ見ると14点と、作業の割には多くないですね。
そしてまた、失敗
s_IMG_20160630_213257.jpg
主翼との接合部が甘いので、プロペラ部を無理やり剥がして再調整しています。ピンセットが入るか入らないかくらいの狭さのため作業がとても行いにくいです。終わったら終わったでまた接着して乾燥させなければいけないので手間です。
s_IMG_20160630_171035.jpg
それでも何とか部品が付きました。これで主翼部分は完成です。
残りは胴体部分となります。
プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
相変わらず車はスイフト、バイクはハヤブサです

バイクも、プラモもアマチュアですが楽しくやってます。最近バイクに乗れてませんのでプラモの記事ばかりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター