東京モーターサイクルショー2015に行ってきました! 用品など

撮った写真を確認していると意外とバイク以外も撮ってあったので、気になった用品とかをつらつら紹介しようかと思います。
まずはタイヤからいきましょう
IMGP3300_convert_20150330141022.jpg
モトGPのタイヤが飾ってありました。確かソフト・ミディアム・ハード・レインかな?でもその割に全部スリックというのは一体?バイクはレインでもスリックなのかな。
使用後のタイヤ
IMGP3301_convert_20150330141032.jpg
スーパーGTの記事でもタイヤを見ましたが、それと同じかそれ以上に消しカスみたいなのが付いています。走行中はタイヤ表面がどのようになっているのか想像もつきませんが、路面へのグリップが凄まじそうです。
タイヤはタイヤでもこちらは市販用のタイヤ、ミシュランのパイロットロードです
IMGP3355_convert_20150330141211.jpg
普通の溝以外に横方向にも溝というか線が入っています。これが雨天走行に強い理由だとか何とか。どちらかというとツーリング向きらしいので、オンロード車に乗るようになったら一度は使ってみたいタイヤです。
バイクのタンクに貼る滑り止め
IMGP3351_convert_20150330141202.jpg
いろんな種類があってさらにこのように透明なものもあり目立たず取り付けることが出来ます。こちらもオンロード車に乗るようになったらつけてみたい装備であります。意外とタンクってワックスとかをまめにかけてると滑るんですよね。こういうのが貼ってあると少ない力でしっかりニーグリップが出来そうなので疲労(内股辺りの)も軽減できるかも?
次は首周りを守るプロテクター
IMGP3356_convert_20150330141221.jpg
これはF1とかの選手を見てるとみんな付けていますね。こんなのが市販であるなんて知らなかった。これを付けておくと転倒時に首がある一定以上は曲がらなくなることで首を保護することが出来るそうです。ちなみにオフ車用とオンロード車用で若干違いがあるとも言ってました。今自分がつけているコミネの上下プロテクター入りジャケットに加えてこういうのも長距離ツーリングのときに付けても良いかな。いっそこういうのは皮ツナギとかと合わせた方が似合いそうな気もしますが。というか調べたらコミネからも出てるジャン・・・さすがコミネ。
ドライブレコーダー・車載カメラ
IMGP3350_convert_20150330141122.jpg
車載カメラだとGoProが有名ですが、ここにあるように他メーカーからもいろいろ出ています。これはセナというメーカーのカメラ。調べてみるとなかなかの性能、ではお値段は?・・・GoProと似たり寄ったりじゃないか、残念。車載カメラもドライブレコーダーと兼用できるようなやつがいつか欲しいです。
メンテナンス用品
これはバイク用のスタンド
IMGP3348_convert_20150330141150.jpg
これで前後どちらも上げられるようです。意外とコンパクトですね。確かに凄いけど例えばこの写真の状態でやる作業って一体どういう作業になるんだろう?保持はフレームで保持しています。うーんかなりプロユースなんでしょう。
こっちはバイク用シャシダイナモ
IMGP3400_convert_20150330141329.jpg
これは完全に業務用ですね。ただ行かした部分も含めて馬鹿でかいわけじゃないのでこれなら小さい店舗でも十分運用できるでしょうね。一回こういうのに自分のバイクを載せると面白そうで・・・セロー乗せたとして何を測るんだよ・・・。
後はエンジン
エンジンはエンジンでも何とV8
IMGP3359_convert_20150330141259.jpg
ボスホスかよ。でもこれはバイク用らしくコンパクトにまとまっています。まーこれなら横幅は直4と一緒なのでVFRとかの幅を太らせれば乗せられんことも無いのかな?何cc・何馬力かは見忘れましたがまー動力性能的には十分なスペックが出てるんじゃないかと思います。
こいつのピストン・クランクシャフト
IMGP3360_convert_20150330141350.jpg
これを見る限りは180度フラットプレーンですね。最近エンジン関係のことをモーターファン等で勉強してますが、V8の180度フラットプレーンは90度クロスプレーンと比べて高回転型のエンジンになるそうです。代わりに振動面では不利となるので、使ってるのはフェラーリとかスポーツカー・レーシングカーくらいだそうです。
おまけ
IMGP3346_convert_20150330141105.jpg
凄まじい改造と塗装を施されたホンダ・ゴリラ(タブンモンキーじゃないと思う)。まー改造はともかく塗装が凄すぎます。これ本体に直接塗装しているわけだろうからそれをやった人の技量が凄いです。でもマフラーとか実際にエンジンかけて高熱になった時塗料は大丈夫なんだろうか?個人的にはここまでやらなくてもラッピングで良いんじゃないかなぁとも思いました。

というわけで東京モーターサイクルショー2015でした。今まで挙げた以外もたくさんのメーカーが出展していたので面白くかつ新しい発見がありました。
来年はバイクで行きたいなぁ。
スポンサーサイト

東京モーターサイクルショー2015に行ってきました! 外車編

さて外車編です。国産車もさることながら外車もたくさん展示されております。ただ外車は国産メーカーと違ってアンケートに答えないとパンフレットをくれないのが違いですね(あくまで欧米メーカーのみ)。
まず第一番はみんな大好きパニガーレ
IMGP3169_convert_20150328100759.jpg
ドゥカティといったらこれ、タミヤからプラモも出ていますのでそれの資料集めといったところでしょうか。水平に装着されたリアサスペンションが特徴的です。
次はBMW
IMGP3185_convert_20150328100909.jpg
市販車のほかにもこういったカフェカスタムが隣に置いてありました。なかなかカッコいいというか渋いですね。左右に飛び出たシリンダーがとても特徴的。他にはアドベンチャー系のFシリーズやツアラー系のRシリーズが置いてありましたので跨ってみましたが・・・足つかねぇ
いや正確には爪先立ちというべきか・・・これでプロモーション画像とかにあるような砂利道は非常に怖そうです。Rシリーズは足こそ何とか着くものの自分には大きすぎます。高速道路・夏季北海道専用みたいなもんです。実際北海道ツーリングに行ったときはこれらBMWが多かったですからね、あと乗ってるのがおじさんしか居ないというのもまた・・・。
MVアグスタ
IMGP3203_convert_20150328101031.jpg
何故か休日の日本平に行く会う確立が高いバイクです。これも高価なバイクなので押しなべて乗っているのは初老を迎えた方々。カッコいいけどそのシートだと姿勢的に腰にきそうです、それが逆に良いのかもしれませんが。
アプリリア
IMGP3283_convert_20150328101424.jpg
イメージ的にまだこっちの方が乗りやすそうな気もしますがそれでも高いバイク。RS250とか125が排気量の割りに速いと有名ですね。あとこっちは方持ちアームじゃなくて普通のスイングアームなんですね。
モトグッチ
IMGP3285_convert_20150328101447.jpg
いわずと知れた横置きVツイン。これに加えてセパレートハンドルのモデルがいつもありますね。フォークブーツがついていることと正立フォークなのが手が届きそうなバイクという感じで良いですね、なんというか高級っぽさが無くて親しみが持てそうです。
他にもカーボンブレーキ装備のバイクが居たりと外車勢(欧州)はとんでもない性能(価格)のバイクが目白押しです。
おじ様方が大好きハーレーダビッドソン
IMGP3375_convert_20150328101318.jpg
新しく出た750ccモデルがこちら。うん、正直これくらいこぎれいにまとまっていた方が好感度が高いです。そんなにドゥルンドゥルンうるさくなさそうですしごてごてしてなくて良い感じ。個人的にハーレーで初めてこれなら乗っても良いかなと思えたモデルです。
インディアン
IMGP3196_convert_20150328100951.jpg
ハーレーよりもこっちが好きなブログ主であります。インディアンといっても布とかぶら下げたモデルじゃなくてこっちのシンプルなスカウトが好きです。インディアンっていうと大戦中のアメリカ陸軍オートバイ兵が乗っているイメージが個人的に強いです(無論ハーレーも使われていたけれど)。それだとバイクにトンプソンサブマシンガンを入れる袋が付いていたりします。その末裔というわけではないですが、そういったイメージからアメリカンバイクで乗ってみたいバイクです。でも高いんだんぁこれが、しかも中古でも高いしそもそも流通していない・・・。
SYM
IMGP3212_convert_20150328101141.jpg
アジア方面移ります。SYM辺りはそこそこ走っていますね。排気量も小さく実用性重視。ただじゃぁ乗るか?といわれると微妙な感じ。種類は豊富で面白いです。
アディバ
IMGP3379_convert_20150328101342.jpg
正直外国メーカーの中でもよく知らないメーカー。なんだか前回見たスズキのジクサーと似たような感じがします。これはこれでカッコが付いてますね、フレームとか倒立フォークとか。ちなみに調べたところアディバはイタリアメーカーで製造拠点が台湾にあるようです、へぇー。
あと忘れてました、ロイヤルエンフィールド
IMGP3406_convert_20150328161328.jpg
こっちも新型車とかは特に無く去年と似たような感じでした。これも維持できるかどうかは別として乗ってみたいですね、一応インジェクションだし。
というわけで外車勢でした。外車は個性がいかんなく出てて見ていて面白いですね。
あとはパーツメーカーとかですが、記事に出来そうだったらしてみようかな。

東京モーターサイクルショー2015に行ってきました! 国産車編

昨年に引き続き東京モータサイクルショー2015に行って来ました。ただし今回はバイクではなく電車で行ったのでツーリングではないです。
IMGP3316_convert_20150327205842.jpg
金曜日なので一般公開は1300からなのでゆっくり出発。やっぱり新幹線は楽だし速いなぁー。平日ですが会場周辺はバイクがたくさん走っていましたので結構な人出なのでしょう。開場前に10分ほど並びましたが程なく中に入ることが出来たので早速ブースのほうに行きます。
ヤマハ
IMGP3161_convert_20150327205224.jpg
MT09のトレーサー?タイプが出ていました。ちょっとアドベンチャーに振った感じですかね。後は新型R1とかモトGPマシンが出ていましたが既に何度も見ているので今回は割愛。後はセロー225と新型セローが一緒に展示してあったのは良い心遣いだなぁと思いました。
カワサキ
IMGP3224_convert_20150327205328.jpg
なんとなくオフロードが飾って合ったので見てみるとよく見た顔と見ない顔が・・・。左はKLX150だそうで、150ccなんてあったんですねという感じ。右はSTOCKMAN250という初めて聞いた名前のバイク。乗り出し何と81万円!しかも公道仕様にするにはプラス4万円と書いてあるので実際は85万円!!!見た目はちょっと前のオフロードなのになんだこの価格は?競技用モデルなのかなぁ・・・ちょっと乗って見たい気はします。
ニンジャ250SL
IMGP3235_convert_20150327205356.jpg
カワサキブースで一番見たかったのはこれ。以前CBR250Rに乗っていたこともあり単気筒スポーツバイクには親近感というか良いイメージしか持ってないです。ちなみに跨ることも出来たので乗ってみたところ凄く細い!かといってニーグリップもしやすそうだったのでこれは良いなと思いました。ポジションも割りと楽というか前傾がきつくないので乗りやすそうです。
ホンダ
IMGP3240_convert_20150327205450.jpg
ホンダの目玉はこちら、RC213V-Sです!これが見たかった。お値段何と2000万円!ということでまず乗る機会はなさそうですが非常にカッコいいバイクです。昔NRという500万くらいするバイクが有ったそうですがそれを見た人も同じような感想を抱いたのではないでしょうか?
IMGP3247_convert_20150327205523.jpg
うーんカッコいい・・・でもどういう感じにコストがかかっているのかいまひとつピンとこないのが正直なところ。まぁカッコいいから良いんだけどさ。
他にもホンダは攻めてます!
IMGP3238_convert_20150327205412.jpg
コンセプトモデルSFA、これは単気筒のストリートファイターっぽいバイク。何ccかは見忘れましたがなかなかがっちりしたつくりをしているように見えます。
IMGP3248_convert_20150327205556.jpg
こっちはCRF450がいろいろ元となっている「トゥールアドベンチャー」。これはプロトタイプですが・・・そばで見るとかなり大きいです。並列2気筒ですが何ccくらいだろ?奥に見えるのはCRF250ラリーでコンセプトモデル。
スズキ
IMGP3265_convert_20150327205616.jpg
スズキで見たかったのはこれかな。GSX-S1000。去年からテスト中の写真とかが出ていましたが、間近で見るとなかなかコンパクトかつマッシブです。跨ってみると足つきは良好、このクラスはどれもそうですがタンクが横に張り出しています。これ位なら街乗りも案外辛くはなさそうかな?
もう一台GSX-S1000Fの方もありました。
IMGP3266_convert_20150327205634.jpg
顔つきがだいぶ違います。ニンジャ1000とかに比べるとだいぶ落ち着いた感じの(攻撃的ではない)顔つきです。こっちもいいなー、ツーリングが楽そうだ。
あと予想外の一台がこちら
IMGP3269_convert_20150327205701.jpg
スズキGixxer(ジクサー)。150cc単気筒でインドで作られているバイクです。見た目細っ!跨ってみても細っ!でもこれ位なら自分でも扱え切れそうなので正直欲しいです。これに防風シールド付けてー、リアキャリア付けてボックス乗せてー、グリップヒーター付けて、タンクバッグ付けて・・・いやぁ良いツーリングバイク兼下駄バイクになりそうだ。どっかで売ってないかな?
後は「痛い」バイクというかそういう方向にカスタムされたバイク
IMGP3310_convert_20150327205749.jpg
おなじみばくおん。去年はKTMだったけど今年はCBRですか・・・個人的にはこの方が好みだぞ。あっ、隣にGSRもしっかり置いてありました。
こちらはパトレイバー
IMGP3314_convert_20150327205810.jpg
ちょっとこれは劇中に出てきてもおかしくない・違和感が無い仕上がり。ベース車はR25。
無限の神電
IMGP3369_convert_20150327205922.jpg
ちょうどお披露目をやっててモーターを回していました。うん、モーターとは思えない音、というかモーターなのにかなりの音量です。全備重量が260kgだそうですが、これで260~280km/h出るんだから凄い。出力も向上しつつありそろそろトラクションコントロールが必要だとか、ウィリーするくらいなんだそうです。さらにモーターなので暖気もいらずいきなり全開に出来るというのがとても大きな強みだそうです。モーターだよなぁと今までは思ってましたが、一回聞いてみるとこの音は「レーシー」といって差し支えなさそうです。もしこれに変速があったならそれこそ4気筒のモーターのような音とそこまで違和感無く乗れるんじゃないかなぁと思いました。まぁ無断変速なのも電動の長所なのでわざわざギアはつけないと思いますが。
というわけで国産編でした。外車ももちろんたくさんあったのでそっちは次回紹介していこうと思います。

スーパーGT富士メーカーテストを見てきました 後編

さて前編はいろいろGTマシン以外が写ってましたが後編はGTマシンが走り回っているところのみでお送りします。撮影場所はダンロップコーナーと第13コーナー周辺です。特にダンロップコーナーではコーナー手前でフルブレーキングがかかるので運がよければカーボンブレーキが赤くなっているところが撮れるかもしれないとの期待もあります。
とりあえずレーシングミクを撮ります
IMGP2930_convert_20150326103951.jpg
やっぱりこっちに来たほうが同じ200mmのレンズでもよりアップで撮ることができます。その分タイミングを合わせるのがシビアになってきて、撮った写真の中でもまともそうなのを選んでいます。
GSRのマシンについてですが、使っているのはメルセデスベンツSLS GT3で6.2L自然吸気V8・・・凄い大きいエンジンを積んでいます。というか今調べて分かったことで、見ている当日はそんなこと知りません。意外と低い音だからV6くらいだと思ってました・・・。
次プリウス
IMGP3007_convert_20150326104104.jpg
ガワだけプリウス、中身は別物。2015年のデータはちょっと見当たりませんでしたが、2013年のスペックを見るとV8 3.4L自然吸気エンジン・・・プリウスにV8ですか。ちなみにSLSとフェラーリとこれ以外にV8はいないのと、SLSに比べて排気量が小さい分とても甲高い音がします。まぁいわゆる良い音といいますでしょうか、音だけで「あっプリウスだ」と分かるほど他と音が違います。中身は別ですがガワはあくまでプリウスなので、これが他の車両をオーバーテイクしていくシーンはテストとはいえ心が躍ります。
CR-Z
IMGP3049_convert_20150326104816.jpg
ホンダ車ではNSXコンセプトとこのCR-Zが参戦しています。このCR-Zは2.8L V6ツインターボとなっています。なので音はちょっと低め。でも個人的にはこのマシンはエンジンよりもリアのGTウィングの形状が特に目を引きます。ハッチバック車だとこういった位置から支柱を取り付けてるんですね~これはこれでカッコいい、加えてでかく見えます。
次はGTR
IMGP3055_convert_20150326104448.jpg
これは自分でも知っているカルソニックです。なんせプラモでR32とかのカルソニックがたくさん出てますからね。フロントスポイラーはテスト中のためか迷彩となっています。カルソニックインパルはGT500クラスなので、エンジンは2L!直4!直噴ターボで550馬力以上となっています。えっGT500クラスって直4もあるんだ・・・うーん大排気量で大馬力という先入観は捨てたほうが良さそうですね。お恥ずかしながらこれもV6だと思ってました、意外と分からんもんだなぁ。
これもGTR
IMGP2941_convert_20150326104246.jpg
前回の優勝者でもあるモチュールオーテックニスモ。これもGT500なのでスペックは上に同じ。うーんカルソニックと見比べてみると赤いカラーリングも捨てがたいな・・・。あとGTマシンって側方排気なんですね、排気で汚れているのでどこら辺が排気口か分かります。
外車勢
IMGP3086_convert_20150326104515.jpg
レクサスは外車じゃないか・・・フェラーリはちょっと鼻先が途切れてしまいましたが走っています。
レクサスの方はベースはRC-Fでエンジンは2L直4直噴ターボでGTRと一緒・・・あれ?もしかしたら規定でこうなってるのか・・・?調べてみたらそうでした。だって3メーカーみんな同じなんだもの。唯一ホンダのNSXがハイブリッドシステムを搭載して違いが出ています。
フェラーリの方はベースが458イタリア、これはWECとかでもよく見た気がします。エンジンは4.5LV8自然吸気となっていてちょうどSLSとプリウスの間くらいの排気量です。その割にはあんまり甲高くもないしなんていうかフツーっぽい感じ。カラーリングと形で遠くからでも見分けが付きやすいです。
マクラーレンも出ています
IMGP2969_convert_20150326104317.jpg
こちらはマクラーレンMP4-12C、エンジンは3.8LV8ツインターボ。色もホワイトでシンプルでいいなぁーと思って調べてたらスポンサーにラブライブが・・・・といって痛車にしない辺りはGSRとは違ってるんでしょう。
BRZ
IMGP3062_convert_20150326104709.jpg
再び国産勢です。スバルというとラリーのイメージが強いですがこっちでもしっかり参加。エンジンはスバル得意の水平対抗4気筒直噴ターボ。コンスタントにカッコいい一台です。さて撮影場所はダンロップコーナーですが、微妙にフロントブレーキが赤くなっているのが見えますでしょうか?
もう一枚
IMGP3054_convert_20150326104649.jpg
こっちも微かですがフロントブレーキが発光しています。やっぱり真っ赤に赤熱するのはレースじゃなきゃ見れないのかな?それでもこういった構図で写真が取れたのでひとまず満足です。
こんな感じでテストを見てきましたがやはりマシンがカッコいいです。実際に見にいけるかは正直微妙なところですが、なるべく最新のレース状況についていけるよう見ていきたいところです。というより他のレースマシンにもいえることだけれどプラモ化してくれ~。

補足
今回もペンタックスk-50で撮影を行いました。前回の鈴鹿では二回も電池交換を強いられたこともあり今回から新たにエネループプロを導入しました。満充電したものを装填して計600枚ほど撮影しましたが(サイズなどは鈴鹿のときと一緒)電池残量が緑のままだったのでまだまだ余裕がありそうです。サーキットに着いてから約6時間ほど写真を撮ったりして行動していたわけですが、待機時間も含めてこの結果は十分満足できるものでした。

スーパーGT富士メーカーテストを見てきました 前編

先日富士スピードウェイにスーパーGTのメーカーテストを見に行ってきました。前にも富士スピードウェイに練習走行か何かを見に行きましたがそれはWECで今回のスーパーGTとは全然別物です。実は行くまでよく区別が付いていませんでした・・・。
自分の勉強の為にも・・・スーパーGTとは「市販車をベースとして大幅に改造したGTカーと呼ばれるクローズドボディの車両を使用する」レースで「GT500とGT300という異なるレギュレーションの車両が同一コースを混走する」ものだそうです。
2014年のGT500優勝者モチュールオーテックニスモ
IMGP2721_convert_20150325121507.jpg
GT500はトヨタ・ニッサン・ホンダのワークス対抗ということでメーカーの威信をかけて戦われるクラス。馬力はGT500とあるとおり500馬力くらいでそろえているようです。以前は外国メーカーも居たようですがいろいろな問題から現在は国内3社の戦いとなっています。
GT300
IMGP2688_convert_20150325120946.jpg
GT300はワークスというよりもプライベーターが主なクラスです。GT300とあるように馬力は300馬力でだいたい揃っています。国産車・外車が入り乱れる非常に面白そうなクラス。またGSR初音ミクとかカラーリングが多様なので車両の見た目でも違いがあって面白いです。GSR初音ミクは2014年の優勝者なのでカラーリングもさることながら実力も相当なもの・・・個人的に一番好きな車両でもあります。ちなみに去年はBMWZ4で優勝しましたが今回は上の写真の通りメルセデスベンツSLSとなっています。BMWがワークスで参戦していたのにそれを差し置いて優勝したことにBMW上層部が思うところがあったのでしょうか?というわけで新旧車ツーショットで一枚。でもわざわざピットを隣同士にしなくても良かったのでは?
メーカーテストでは午前と午後に2時間ずつ走行が行われます
IMGP2639_convert_20150325121406.jpg
とりあえずグランドスタンドから撮影。結構な台数が走ったりピットに入ったりと動きが多いです。またチームによってはピットから出てきてないなど全部が全部一緒に走ってるわけではなさそうでした。それにしても速いなぁ・・・テストといってもしっかり実況がされていて最大速度は304km/hとか言ってます・・・。
IMGP2619_convert_20150325121059.jpg
テスト走行なので常に全開というわけではないのでしょう、このようなオーバーテイクが結構な頻度で見られます。レースじゃ無いとはいえオーバーテイクシーンがあると雰囲気が盛り上がります。
午前の部は到着が遅かったこともあり程なく終了、ピットウォークのほうへ行きます。
IMGP2731_convert_20150325121238.jpg
さっきからGSR初音ミクばかりですがお気に入りだからしょうがない。このほかにも色んな車両の写真を大量に撮ってありますが全ては乗せきれないので抜粋で。ピットウォーク中もクルーは調整に専念しており、サスペンションを外したりエンジンをかけたり、はたまたドライバーのサイン会だったりと賑わってました。火曜日に行ったのに結構な人出です。
IMGP2752_convert_20150325120921.jpg
富士のピット側に入ったのは初めてでしたが、いろいろとピットの道具を見ることも出来ました・ちなみにこれはホイールのナットを着脱するホイールガン。繋がっているパイプは圧を駆る空気を送るものです。初めて見た・・・でもこれ以外の道具も結構置きっぱなしになってたけどいいのか・・・?
ピット見学は30分でおしまい。午後のテスト走行までの空いた時間にセーフティーカー展示のほうへ行きます。
IMGP2779_convert_20150325120814.jpg
といってもパドックの端なのですぐ近く。富士のセーフティカーはIS-Fなんですね、青のカラーリングが良い感じ。中身も市販車と特に変わったところはなくシートも純正のままです。まぁ純正でも300馬力オーバーなんで先導は余裕でやれるでしょうね、電子デバイスも豊富だし。
次に86
IMGP2784_convert_20150325120824.jpg
富士スピードウェイでは体験走行用の86Racer'sでライセンスが無くても走ることが出来るそうですがその時用の先導車かな?もしくはペースカーかも。こっちの86にはロールケージが入っていました。
あとGTR
IMGP2789_convert_20150325120845.jpg
さっきからカラーリングが素晴らしいですね。これはオフィシャルカーということですがどういった用途に使うんでしょう?まぁGTRなんでサーキットで必要とされる走行にはまったく問題ないとは思います、ニスモGTRだしなおさら。
後はパドックを見学。こっちはいつでも見れる感じでした。WECのときと同じくホイールやら工具やらトラックやらがそこかしこに置いてあります。
使用後のタイヤ
IMGP2793_convert_20150325120901.jpg
スリックなのはいいとして気になるのは表面です。ゴムが消しカスのようになっています。スーパーGTはタイヤメーカーも各社参戦しているのでタイヤ一つとってもいろいろと違いがありそうです・・・銘柄見ない限りは全部同じに見えました・・・。
と、こんな感じで回りました。午後のテスト走行のときは最終コーナー付近で撮影をしようと思い移動。
後編に続く。

タミヤ1/24 トヨタカローラWRC製作記 1 内容紹介・パーティングライン消し

今回から製作するのはこちら
タミヤ1/24トヨタカローラWRCです
DSC_5815_convert_20150323224749.jpg
WRCといえばスバル・インプレッサや三菱・ランサーエボリューションが国産車では大活躍でしたがトヨタも出していたんですね。では何でこれにしたかというと以前トヨタせりかWRCを作った事が有り、その後カストロールトムススープラを作ったこともありせっかくなのでカストロールカラーかつトヨタということで揃えてみようかと思ったからです。なんだかんだ言ってカストロールカラーというかこういったトリコロールカラーって好きですよ。
ただし今回の懸念点というとこのプラモデルは中古で購入かつ1年くらい熟成ということも合ってデカールが非常に心配です。以前のF1のプラモデルであれだけデカールで苦労したのに・・・またそれを繰り返しかねないというのは結構なプレッシャーです。でもせっかく買ったんだから作りきってしまいたいというのもあり手を付けることにしました。ずっと置いといてもプレミアが付くわけじゃないし、やっぱりプラモデルって作ってなんぼだと思うんですよね、自分は。
というわけで開封
DSC_5816_convert_20150323224756.jpg
レーシングカーやラリーカーのプラモデルは箱が大きいです。そのわけは中身のランナーがでかいということに尽きます。どうしてこんなに縦方向に長いんでしょうかね?別のランナーに分けても良さそうなものなのに・・・ロールケージとか細いパーツがあるからかな?古そうなプラモっぽく見えても1998年か1999年のものなのでそこまで劣化は酷くなさそうです。窓のマスキングシールが付属していることからも古いモデルではないことが分かります。
シャシーなど
DSC_5822_convert_20150323224854.jpg
やはりロールケージが占める割合が大きいです。これ組むの苦手なんだよなぁ・・・仮組みと接着をいかにぴったりやるかがカギになりそうです。あとはスポイラーとかディファレンシャルとか。
内装部品
DSC_5823_convert_20150323224902.jpg
ラリーカーは二人乗りなので座席も二つ、そして左ハンドル。どちらかというと内装の組み立て・塗り分けのほうが工数が多くなりそうです。どうでもいいけどラジエターのファンが二基ですね、あと消火器とかも付いてますね。
欠品欠損は無い様なので早速作業に入ります。
DSC_5817_convert_20150323224803.jpg
恒例のパーティングライン消しですがリアはフェンダー部分の左右にこのように線が走っています。見たところ段差の程度も小さそうです。
フロントはっと
DSC_5818_convert_20150323224810.jpg
見えますでしょうか。パッチみたいなモールドの上に線が走っています。またモールドの段差をまたいでいるのでラインを消すときにモールドをつぶさないように作業する必要がありそうです。
作業後
DSC_5820_convert_20150323224828.jpg
まだちょっと残ってるかなぁー。特にくぼみの部分のパーティングライン消しは難しいです。深追いすると溝がどんどん広く深くなって他の部分と比較して歪になっていってしまうからです。でもここらへんって塗装後デカールを貼りそうだし底まで目立たないかなぁ・・・などと考えながらやすっていきます。
屋根部分
DSC_5821_convert_20150323225006.jpg
屋根の部分のパーティングラインは薄く、800番ですりすりしてると勝手に消えるのでこちらは苦も無く完了。ピラー部とかにはラインは無いのでこれでパーティングライン消しは完了。
次にシャシー下の仮組みに移ります
DSC_5824_convert_20150323224909.jpg
4WDなのでシャフトが通ってデフを介して後輪に動力を伝えています。排気管とマフラーはデフの下側(シャシー側)を通る構造なので組む順番に注意します。ちなみに見た感じ消音機は付いてますが触媒は付いてなさそうですね・・・トムススープラの直管よりはだいぶマシそうですが。
他シャシーに組むパーツ
DSC_5825_convert_20150323224916.jpg
これらの部品にもパーティングラインが通っているので地道にデザインナイフやヤスリを駆使して削っていきます。処理を一気にやろうとすると途中でだれてきたり作業が雑になってくるので合間を見ながらやると良い感じです。パーティングライン消しってやっておかないと完成後目立つからやるのですが、楽しい作業かと言われると微妙なところです。結構時間が取られますし、同じ細かい作業ならマスキングの方が個人的にはやりがいを感じやすい気がします。まぁ地味な作業ってのは往々にして重要だったりするので完成後しまった!と思うことが無いよう作業してます。
今回はここまで。

フジミ1/700 軽巡洋艦 大淀 製作15 水上機組み立て~完成

製作第15回目は最後に残った水上機を組み立て・塗装し、出来上がった船体に載せて完成となります。
乗せる水上機は零式水上偵察機です。純正のものを使ってもよかったのですが、余りに余っているウォーターラインシリーズ付属のものを今回は使います。こちのほうが後発の分デティールも細かいですからね。
塗装するに当たってまずはフロートと機体を組みます
DSC_5797_convert_20150322230235.jpg
この型はフロートが二つなので組みやすいですね。これが零式水上観測機とか二式水戦とかのフローと3つの形式になるとちょっと接着が手間になってきます。ちなみに接着は作業をさっさとやりたいので瞬間接着剤を使っています。
組んだらサーフェイサーを飛ばしていきなり濃緑色(タミヤ水性)を塗装します
DSC_5798_convert_20150322230243.jpg
このように割り箸などを持ち手にして塗装すると便利です。上方向と側面から吹き付けます。この濃緑色ですがこのようにちびちび使っているので未だに無くなりません・・・買ってから10年位経ってるかも知れません。ちびちびというかこれくらいの面積を塗るには本当に「一滴」くらいで十分だったりします。
乾いたら明灰白色を塗装
DSC_5799_convert_20150322230253.jpg
こちらは真下からのみ吹き付けます。そうすると大体良い感じに緑と灰色とが上下で分かれて塗装されます。真下からのみ吹くのでフロート上部とかは緑のまんま残ります。
塗装が終わったらキャノピーの塗り分けを行います、といっても黒で塗るだけです
DSC_5802_convert_20150322230300.jpg
いままでは律儀にフラットブラックを筆塗りしてたりしたんですが、今回は思い切って油性マジックでコクピット部を塗装。意外と塗りやすく乗りも良いのでこれはこれでありかなと思います。まぁ本来ならクリアーパーツとかで再現すべき場所ではあるのでなんとも言えませんが。
これらの塗装が終わったらデカール貼りに移ります。
DSC_5803_convert_20150322230306.jpg
こちらも大量に余っている航空機用日の丸デカール。
水に漬けて水がデカールに浸透したら引き上げます。余裕をもって5分ほど放置しておくとすんなり剥がれるかと思います。
貼り付け
DSC_5804_convert_20150322230314.jpg
こんな感じです。日の丸の周りが心なしか白っぽくなっていますがこれはデカール軟化剤です。乾けば目立たなくなるでしょう。
そして搭載
DSC_5805_convert_20150322230320.jpg
多少ずれたりしますが雰囲気重視ということで。ここの接着もゼリー状瞬間接着剤で行っています。まえはボンドとか両面テープでやってたりもしましたが、瞬間接着剤が手軽ですぐにくっつくので便利です。

というわけで完成しました!
DSC_5810_convert_20150322230345.jpg
製作日数12日・・・あれ?記事に起こして書くほうが時間がかかっている・・・うーん、こんなものか。
ちなみにカメラで撮ったりもしてましたがどうしてもピントが一点にしか合わず、スマホカメラのように広範囲がぼけずに写せないので今回はスマホカメラのみでお送りします。
DSC_5813_convert_20150322230554.jpg
砲身の先端や銃身はフラットブラックもしくは油性ペンで黒く塗装してあります。あと思いっきり端折りましたが空中線は伸ばしランナーで再現しています。どうもテグスは思うように扱えていない気がします。また、空中線はパッケージ絵などを参考におおよその感じでつけています、要は自分がやりたいところだけ張っている感じですね。なるべむたくさん線が張ってあったほうがそれっぽく見えると思いますがそこらへんは好みで。あと空中線を張ると一部の砲塔(今回は第二砲塔)が旋回できなくなりますので、ギミックを重視する方は砲塔周りの線を省いても良いかもしれません。もしくは実物同様の機構を組むか・・・。
今まで作った艦船と比較
DSC_5814_convert_20150322230410.jpg
こうやって見ると大淀って意外とでかいんですよね、軽巡洋艦なのに。あと、後部格納庫のおかげもあって護衛艦っぽくも見えます。主砲や高角砲・機銃を現代風にして塗装も明るくすれば護衛艦っぽく出来るかも?
というわけで軽巡洋艦大淀製作記でした。とりあえず艦船模型をやってみようかなという人、エッチングもやってみたいけどそんなにお金はかけられないよという方にお勧めできます。やっぱり戦艦に比べると工作手順が楽だし、構造物もシンプル(砲塔二基しかないし)、それでいて割りと大きい艦なので置いてみるとそれなりの迫力もあります。塗料とかニッパーは別にそろえる必要がありますが、エッチング込みで2000円弱というのはリーズナブルだと思います。
なんだかんだで15回も書くことになりましたが参考になれば幸いです。

フジミ1/700 軽巡洋艦 大淀 製作 14 クレーン・ボートダビット・他組み立て

製作第14回目はまだ組み立てていないエッチングパーツを組んでいきます。クレーン・ボートダビッド・電探・単装機銃など結構残っています。
まずはクレーンから
DSC_5784_convert_20150321230512.jpg
大淀搭載のクレーンは格納庫の左右に設置され、左右で大きさが異なります。元はといえば紫雲用のクレーンでもあるので大きいのは納得。エッチングパーツといっても基本的に折り曲げ加工だけなので、曲げるときにガイドを当ててやれば形にするのは難しくないと思います。
しかしエッチングクレーンの難しいところは、純正のクレーンのパーツを一部使うというところです。
DSC_5785_convert_20150321224458.jpg
こちらが純正のクレーンですが、このパーツの基部と柱の部分だけを残し、アームの部分は切り取る加工が必要となってきます。
DSC_5787_convert_20150321224514.jpg
アーム部分をエッチングに入れ替え、エッチングパーツ側に柱に通す輪っかが有るのでそれを柱の基部に接着して固定。ここでクレーンの角度も決まります。そして柱頂上部からアームに対して滑車とワイヤーを再現するエッチングパーツを取り付けます。
そして接着剤が乾燥したら格納庫横に取り付けます
DSC_5788_convert_20150321224524.jpg
ちなみにウィキぺディア・及び引用元の『航跡の果てに 新鋭巡洋艦大淀の生涯』によると右舷側のクレーンが水上機揚収用のクレーンだったそうです。ちなみに運用予定だった紫雲の全備重量は4.1t、一般的に使われていた零式水上偵察機の3.65tに比べると重いですからこのように大きなクレーンになったんでしょう。では左舷側のクレーンは一体何用だったのでしょう?付近に艦載艇を置く場所はないし、そうなると紫雲以外の航空機用だったのでしょうか・・・確かに大淀は一般的な巡洋艦より多くの水上機を搭載・運用するからクレーンも二基あれば作業が早まって良いかも?
次にボートダビットを組みます。
DSC_5791_convert_20150321224548.jpg
ボートダビットは他の艦船とほぼ同じ形となっていますので問題なく組み立てられます(というか折るだけだし)。
これを船体側面にゼリー状瞬間接着剤で接着
DSC_5793_convert_20150321224739.jpg
このときこの後付けるカッターやボートの長さに合わせておくと、後の接着で楽が出来ます。いかんせん取れやすい部品なので接着は確実に。
そして電探
DSC_5789_convert_20150321224446.jpg
いわゆる13号電探(三式一号電波探信儀三型)ですがエッチングパーツの中でもかなり苦手な部類に入ります。とにかくアンテナを取り付けることが難しい。その取り付け基部もアンテナを差し込む角度にぴったりと折り曲げて組まないといけないです。後はパーツが恐ろしく細かいということですね。一応アンテナの予備が一個だけ付いています・・・温情というべきでしょうか。
後は単装機銃を甲板上に付けていきます。
DSC_5794_convert_20150321224750.jpg
機銃はエッチングパーツで用意されており全部で14基分あります。ウィキだと最終時16基となっていて二基足りない形ですがどうなんでしょう?今回は余り深く考えず設置していきます。
DSC_5793_convert_20150321224739.jpg
このように台座をまず置いてその上に機銃を取り付けていく形となります。
そして接着剤を余りつけすぎないよう、機銃が傾かないよう気をつけながら設置
DSC_5795_convert_20150321224802.jpg
エッチング製なので機銃が細すぎるように見えないかちょっと心配でしたがそんなことは無かったです。ただ組み立てる途中でどうしても塗料が剥がれてしまうのでこの後筆で塗りなおします。何回か塗ってるうちに塗料の厚みでそれっぽくなるかも。
設置自体は特に問題も無かったのですが一箇所だけ面倒な箇所があります。
DSC_5796_convert_20150321224808.jpg
見えますでしょうか?格納庫横の通路に機銃が配置されています。こんなところに機銃を置いて満足に射撃ができたんでしょうか(特にスペース的に)?とりあえずエッチングパーツの説明書に書いてあるのでその通り付けますが・・・はたして本当にこんなところにあったのかなぁ。
これでエッチングパーツの設置もほぼ終わり、残すは水上機を組んで塗装するだけかな。
今回はここまで。

フジミ1/700 軽巡洋艦 大淀 製作13 艦上艤装-煙突とか機銃とか

製作第13回目は艦上構造物を取り付けていきます。塗装は既に終わっているのでここからは組み立てと、組み立てに伴い剥げた塗装の修正が主な内容となります。
早速煙突を取り付け
DSC_5774_convert_20150319224949.jpg
高角砲も台座に据付けます。接着は瞬間接着剤の点付けで行っています。
次に機銃ですが、今回は以前製作した榛名・扶桑の余りを使います
DSC_5775_convert_20150319224959.jpg
榛名の余りは既に塗装済みなので後は切り取って付けるだけと非常に簡単。しかし大淀搭載の機銃は3連装が10基なので、足りない分は扶桑で余った機銃を塗装し使います。
フジミ1/700機銃の新旧比較
DSC_5776_convert_20150319225008.jpg
左が純正右が榛名のものです。同じフジミ製でも新しい金型の機銃はここまで違います。新しいほうの機銃は塗り分けしてあるとはいえ弾倉・左右機銃手の椅子っぽいのが確認できます。これよりさらにリアルなものにファインモールドのものやエッチングのものがありますが、値段を考えると特シリーズ新金型の機銃はコスパに優れます。
格納庫上に設置
DSC_5777_convert_20150319225015.jpg
翼を言えば機銃の弾薬箱とかを再現してみたいですね・・・確かそういうパーツも出ていたような気がします・・・それか何でもかんでも既製品に頼らず自分で作っても良いかもしれません(まともなものになるかは別ですが)。
上記写真左側に見える穴も機銃の台座を取り付ける用です。
DSC_5781_convert_20150319225043.jpg
エッチングの台座を切り取って、防盾をこのように組み立てます。直線的な折曲げなので特にコメントは無いです、。
接着
DSC_5782_convert_20150319225051.jpg
良い感じですね。機銃よりも格納庫の扉部分の工作の雑さが目立ちますね。今にして思えば格納庫部分は他の方の作例を真似て開口させたりしてもよかったかなぁと思います。
格納庫上の探照灯台もエッチングパーツで再現されています
DSC_5783_convert_20150319225101.jpg
はしごが微妙に浮いていますがそれ以外は良い感じ。軍艦色が塗装されていますが所々真鍮の黄色が残ってしまっているので筆塗りで修正します。
後は主砲砲身の間にエッチングパーツを付けます
DSC_5778_convert_20150319225024.jpg
このようなパーツです。確かに実際の写真等を見ても手法の砲身周りにはいろいろなパーツが付いていますが・・・これは何のためのパーツなのでしょう?
DSC_5779_convert_20150319225033.jpg
このようにわずかですが隙間を空けて取り付ける必要があります。こういうとき大淀の主砲が二基しかないのは楽でいいですね・・・三連装だから大して変わらんか・・・。あとこれも今更ながらですが側距儀のレンズ部分をピンバイスで開口させておくか、少し掘っておいたほうがよりリアルに見えたかもしれません。
次回も艤装が続きます、今回はここまで。

フジミ1/700 軽巡洋艦 大淀 製作12 リノリウム・軍艦色塗装

製作第12回目は甲板色のリノリウムと船体色の軍艦色を塗っていきます。
まずはリノリウム(タミヤ水性)から塗装していきます。
DSC_5762_convert_20150318222042.jpg
リノリウムで塗装する部分は船体の甲板部分のみです。横方向に線が入っていますが、これがリノリウム押さえとなっています。といってもリノリウム自体をイマイチよく理解できていないのでなんとも言えませんが・・・とにかく塗装していきます。
DSC_5763_convert_20150318222050.jpg
塗装の順番としてはリノリウム→甲板マスキング→軍艦色なので、上部構造物にリノリウム色が吹きかかってしまっても気にしない。
DSC_5765_convert_20150318222104.jpg
リノリウム色を甲板に塗装し終えたら、乾燥後マスキングに入ります。マスキングする場所は軍艦色で塗装したい場所以外です・・・具体的には甲板賞の突起物や構造物を残して全てマスキングします。
DSC_5766_convert_20150318222115.jpg
大体こんな感じです。この大淀は金型的に古いので、突起物も少なくマスキングは比較的簡単です。特に砲塔の円形上のマスキング以外は直線的なマスキングなので、四角く切ったマスキングテープをぺたぺた貼っていればそのうち終わります。
DSC_5767_convert_20150318222132.jpg
後、今回は格納庫を接着した後の塗装、マスキングとなったため格納庫横の甲板部のマスキングが多少やりにくかったです。ここもリノリウムですからね。これから作ろうという人は格納庫は甲板塗装後に接着したほうが余計な手間がかからず良いかと思います。
そして軍艦色を塗装
DSC_5768_convert_20150318222146.jpg
右から左に塗装~塗装中~塗装前という感じでグラデーションになってます。マスキングで表現しようとした段差ですが、しっかりと色を乗せようとすると埋まってほとんど見えなくなってしまいました。うーん、こういう表現は大げさなくらいでちょうど良いのかな?
DSC_5770_convert_20150318222204.jpg
船体以外の構造物もしっかり塗装。ここはじっくりと塗装して、陰になっている部分やエッチングパーツの裏側などに塗り残しが無いようにします。残ったエッチングパーツも全て塗装し、この後の組み立てに備えます。
DSC_5772_convert_20150318222217.jpg
マスキングを外して塗装を完了。この後のタッチアップや剥げた部分の塗り直しは筆塗りで行います。ちなみに塗った後で雑誌の作例を目にしたところ、大淀の格納庫上部がリノリウムでと塗装されていました・・・。エッチングパーツとか見ると明らかに鉄板だしリノリウム押さえ付いてないし・・・軍艦色で塗るんじゃないのかなぁと思いつつもやもやとしています。作例は1943年バージョンでこれとはカタパルトなどが異なりますが果たして格納庫上部も変わっていたのでしょうか?ここらへんは実際の写真を当たってみないと分からなさそうです。
今回はここまで。
プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
相変わらず車はスイフト、バイクはハヤブサです

バイクも、プラモもアマチュアですが楽しくやってます。最近バイクに乗れてませんのでプラモの記事ばかりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター