タミヤ 1/35 Ⅳ号戦車D型 製作4 車体上側・砲塔組み立て・塗装

Ⅳ号戦車製作4回目です。
今回は車体の上側と砲塔を組み立て、サーフェイサー及び錆止め塗装を行います。
まず上側のパネルはというと
s_IMG_20160907_222253.jpg
こんな状態です。ここにハッチやライトなどを取り付けていくわけです。
まずは上の写真の右後端、何もない部分に泥除けを付けます
s_IMG_20160907_223522.jpg
大きいパーツと内側の3角形のパーツを合わせるのが微妙に難しいです。基本的には大きいパーツを確実に車体に付けてから小さいパーツを付けるとスムーズですね。
s_IMG_20160907_230549.jpg
ハッチ類は切り出してバリ処理をしたら流し込み接着剤でどんどん接着。元々開口していないので乗せるようにして接着です。
そしてメインディッシュの砲塔
s_IMG_20160908_213426.jpg
このように分割されているので接着するところからスタ―ト
中身については接着後に組んでいくのでこの時点では何もつけません。

そして砲塔接着中に車体をサーフェイサーでざっと塗装
s_IMG_20160908_231043.jpg
ざっとという割には結構しっかり塗っていました。正直この後に錆止め塗装をするので(本物のさび止めではなくあくまで表現です悪しからず)多少ムラがあってもよかったです。
砲塔が乾いたので取り付けパーツを切り出して・・・
s_IMG_20160909_221344.jpg
案外少ないですね。もちろん砲塔の外側に付けるパーツは別にあるのでこれだけではないですが。
砲身から駐退機、薬莢受けまで一通りそろっています。ここら辺の中身についてはガルパン劇中の作画なんかが参考になるかもしれません。
s_IMG_20160910_214755.jpg
こーいう感じで組んでいきます。合わせ目については・・・さぼりましたすみません。
しかしこの砲塔の中に車長・砲手・装弾手となるとかなり狭そうです。圧迫感とかはUボート以上かも。
s_IMG_20160910_215025.jpg
砲塔下側から。これが薬莢受け。
でも5・6発も撃ったら一杯になりそうだけどどこから捨ててたのだろう?左右のハッチを開けるわけにはいかないし、今まで砲弾を置いてたところに置いたのか、とりあえず車内に転がしてたのか。
乾燥中に再度車体塗装へ
s_IMG_20160910_215030.jpg
錆止め塗装の表現には艦底色(ハルレッド)を使います。
最近は(結構前から?)この色のサーフェイサーも売っていますがちょっと手が出ません。高いわけじゃないけれど使用頻度を考えると・・・ちょっと・・・。
s_IMG_20160910_220550.jpg
塗装後はこうなります。この後ジャーマングレーを塗装するのでムラがありまくりです。でもこの色で塗るといかにも戦車製造中といった感じが出まね。
次回は砲塔を塗って、小物類を取り付けて完成です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
相変わらず車はスイフト、バイクはハヤブサです

バイクも、プラモもアマチュアですが楽しくやってます。最近バイクに乗れてませんのでプラモの記事ばかりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター