タミヤ 1/35 Ⅳ号戦車D型 製作5 砲塔・車体塗装~完成

Ⅳ号戦車製作5回目です。
今回は砲塔を作って車体とともに塗装し、車体に付ける工具など小物を取り付けて完成となります。
まずは砲塔ですが左右のハッチを取り付けます。
s_IMG_20160911_224140.jpg
既にハッチが付いていますがこれは間違い。手前の部品がヒンジとなっているのでこれを砲塔に取り付けてからハッチを付けるのが正解です。
s_IMG_20160911_224300.jpg
こんな感じにヒンジ部です。
砲塔のハッチは開けた状態と閉めた状態のどちらでも再現可能です。
s_IMG_20160911_225547.jpg
今回は人形を作らないので閉めた状態で作ります。また、砲塔後部の傷は合わせ目を消した後です。ここに工具箱が来るタイプで作るのなら省略してもいいかもしれません。
加えて後部に二つある丸い物体は確かピストルポートです。ここからP38やMP38を突き出して撃つわけですね。
ハッチにせよピストルポートにせよいずれも被弾したらあっさり貫徹しそうです。かといって無いなら無いで脱出時困るわけですから・・・うーん。
この後砲塔上面のパーツを取り付け、ジャーマングレーで車体ともども塗装。
s_IMG_20160920_222211.jpg
あっという間に転輪やらキャタピラが組まれていますが基本的には組んだだけです。転輪の外周・ゴムの部分はエナメルのフラットブラックを筆塗りしています。
そして未塗装の部品は本体塗装後に取り付けた小物です。これらは筆塗りで塗装します。
s_IMG_20161003_203126.jpg
本体に取り付けなかった部品たち。主にジャッキやスコップクランク棒などです。これらは若干ですが塗り分けが必要なのである程度塗ってから車体に取り付けます。こちらも筆塗り。
s_IMG_20161004_173945.jpg
乗せました。工具類はメタリックグレーを筆塗り。本体色と少しですが差別化ができて多少なりとも目立ちます。
反対側はスコップなど
s_IMG_20161004_175454.jpg
こちらもメタリックグレーや一部の柄はブラウンで塗っているためアクセントになっています。
また、車体全体にエナメルブラックでウォッシングを施し、色合いが落ち着きました。
s_IMG_20161004_175459.jpg
ウォッシングのいいところは多少の色むらやはみ出しを目立ちにくくできることです。特に転輪のゴム部の黒。これはたいていはみ出るのでウォッシングによって隠します。また、表面の塗装のざらつきも多少緩和させる効果も期待できます。
s_IMG_20161004_175505.jpg
上から見ると凹凸部にスミが溜まり自然な感じで汚しとなります。やり過ぎるとどんどん黒くなるのである程度のところで押さえます。また、エナメル塗料でウォッシングするにあたり今回はパーツの割れなどは発生しませんでした。

といったところで完成です
s_IMG_20161004_175626.jpg
特段凝ったわけでもありませんが、かといってめちゃくちゃ手を抜いているわけでもありません。
まぁ普通な完成度でしょう。
いやぁでも短砲身Ⅳ号もカッコよく見えるものです。長砲身Ⅳ号もそのうち作って隣に並べたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
バイクは自分より年上のNSR250R
車はスイフト

プラモデル製作記事がメインでたまーにバイクの記事を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター