タミヤ 1/35 Ⅱ号戦車 製作5 車体の塗装

Ⅱ号戦車製作5回目です。
今回は車体塗装を行います。
サーフェイサー→ダークイエローの順で塗装し、錆止め塗装のハルレッドは塗装しません。

まず砲塔を外します
s_IMG_20161129_201608.jpg
塗装するのはこの3パーツ。
ジャッキとかの車載工具は後で塗装。
雑誌などを見ると車体上部と下部を組んだ状態で塗装する例も多くありますが、私はキャタピラを付けるのが難しくなるので分離して塗装しています。まぁその時々にもよりますが・・・キャタピラが前部組み立て式だったグンゼのⅢ号戦車の時はどうしたっけかな?

サーフェイサーを塗装
s_IMG_20161129_203738.jpg
くまなく・・・と言いたいところですが、内側は塗りませんしターレットリンク周辺も擦れたり隠れたりするので深追いせずに塗ります。
ハッチの内側なんかはちゃんと塗りますよ?
転輪もこの通り
s_IMG_20161129_203742.jpg
これは半分ほど塗ったところですが、左側の誘導輪がテカテカしているのが分かるかと思います。
サーフェイサーは相変わらず濃さを調整済みのものを用意して作っているので毎回の調色は不要。ただし、時間がたつと溶剤が揮発するせいかだんだん濃くなるので(1か月単位で)たまに溶剤をスポイトで5、6滴追加しています。
以前は濃い目で調整していたのが最近は薄目に調整する傾向となっています。それがテカテカしている理由。

濃い方が下地は作りやすいのですがどうしてもブツが出やすいのと塗装面が厚くなり、光沢塗装、半光沢塗装が難しくなるのでだんだん薄くしていったのだと思います。

戦車本体色はダークイエローで塗装
s_IMG_20161130_230245.jpg
ちょっとホワイトバランスがプラスになっていますが結構明るい色となっています。
転輪なども同じくダークイエロー単色。特に迷彩は施さないです。
s_IMG_20161202_224257.jpg
転輪周りのゴム部分を筆塗りで塗装。写真は裏側ですが盛大にはみ出ているのが良く分かります。
裏側なのでこんなもんです。接地面が塗れてれば後はスミ入れやウォッシングでどうにでもなります。

車体をいったん組んでみる
s_IMG_20161202_224301.jpg
ズレとかは無いですね。
転輪を付ける前にリーフ式サスペンションの部分にエナメルブラウンで墨入れをしてみます。

s_IMG_20161202_224310 a
矢印が付いてるような部分にスミ入れをしましたが、どちらかというと錆みたいになってますね。これはこれでいいかな?
あともっとどうでもいいですが初めて画像に文字を入れました。この方が伝わりやすいかなぁ?
先ほどの転輪を装着
s_IMG_20161203_222554.jpg
表面は裏側程はみ出ていません。
そしてゴム履帯を取り付け。
履帯についてはゴム部品なので接着が出来ません。
なのでこうなります
s_IMG_20161203_222715.jpg
穴とピンを合わせて、飛び出たピンを溶接します。
ライターなどでマイナスドライバーの先端を炙り、熱した先端をピン上部に押し付け溶着。甚だ危ないやり方ですが説明書にこうあるのでしょうがない。臭いや火気が気になる方はホチキス止めをお勧めします。上からメタリックグレーで塗ると目立たなくて良いですよ!

履帯はそのままつなぐとこうした形状です
s_IMG_20161203_222901.jpg
まぁゴムですからね。
たまに長さがぎりぎりで転輪にかませるとピチピチなのもありますが今回はどうかというと
s_IMG_20161203_222914.jpg
ダルダルになるくらいの余裕はないですが、余裕をもって転輪にかませやすいです。
ピチピチだと誘導輪と駆動輪に負荷がかかり、接着が不十分だとポロッといってしまいます。そういう時に先ほどのホチキス止めを使うと数mmほど余裕を持たせることも可能です。

両側とも取り付けが完了しました。
s_IMG_20161203_222944.jpg
これだけ見るとゴリアテみたいですね。
次回は車載工具を作って完成です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
バイクは自分より年上のNSR250R
車はスイフト

プラモデル製作記事がメインでたまーにバイクの記事を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター