タミヤ 1/12 スズキGSX1100Sカタナ 製作4 フレーム組み立て カタナってレギュラー?ハイオク?

カタナ製作4回目です。
今回はエンジンをフレームに載せて、排気管を塗装してこれをエンジンとフレームに合体させるところまでを行います。

ではエンジンをフレームへ
s_IMG_20170317_175750.jpg
エンジンとフェンダーを組み込みます。
左右どちらでもいいのでまずは片側から接着
s_IMG_20170317_180526.jpg
ダブルクレードルフレームなのでエンジンを取り付けてからでないとフレームは接着できません。
エンジンについては止める箇所が複数あるので良いのですが、フェンダーは接着面が少なく取れやすいのでポロリに気を付けます。
エンジンを入れたらもう片方のフレームを接着
s_IMG_20170317_181007.jpg
エンジンの取り付けもビスだったりこのように接着だったりと色々です。やっぱりダイヤモンドフレームみたいにエンジンを下から支えられないものはビス止めが多いような気がします。
それにしても・・・フレーム細いなぁ。1100ccかつ人も含めた総重量300kg以上の物体が最高速200km/h以上で走るのにこれで大丈夫なのだろうか?いや大丈夫なんだろうけれど後年の太いツインスパーフレームとかと比べると貧弱に見えてしまう。

排気管はブラックで塗装
s_IMG_20170317_204426.jpg
特にテカテカにするわけではないので普通にべた塗り
燃料タンクの蓋も同じく塗装しタンクにペタッと接着
s_IMG_20170317_181829.jpg
ここでカタナがレギュラーガソリンなのかハイオクガソリンなのか見たところ、どうもレギュラーガソリンを入れてる方が多いようです。

蛇足ながらカタナも国内向けや海外向けがあるので、オクタン価と日本・北米・欧州の違いを見てみます
     レギュラー  良いレギュラー ハイオク
日本  89(80%)   無し       100(20%)
北米  92(85%)   94(5%)    96(15%)
欧州  91(10%)   95(80%)   98(10%)
カッコ内はその地域で走っている車のうち、どの燃料がどれくらい使われているかのおおよその割合です。
こうしてみると欧州車は殆どハイオク車という理由が分かります。

では逆輸入車のカタナはハイオクで国内仕様のカタナはレギュラーが正解なのか?
ここでハイオクを使う理由から考えてみますが基本的にハイオクは高圧縮エンジンに使われます。
圧縮するとガソリンが熱くなってプラグで点火する前に勝手に自爆するので、それを防ぐためにあえて爆発しにくくなっているのがハイオク。
じゃあカタナのエンジンの圧縮比は海外しようと国内仕様で違うかというと9.8で同じ。あ、でも馬力は95馬力に落ちているからレギュラーで良いのか?

ちなみにハイオクを使うエンジンで、例えば
 ・以前作ったTE27レビン搭載の2T-Gエンジンの圧縮比は9.8
 ・4式戦闘機や紫電改に搭載された誉エンジンの圧縮比は7.2
 ・旧型隼のエンジンの圧縮比は11.0
一概に高圧縮=ハイオクというわけでもないか。

誉エンジンなんかはハイオク推奨だけどレギュラーしかなくて性能が落ちた・・・ということは国内仕様のカタナにハイオクを入れれば馬力がアップする・・・!?としたらロマンのある話ですよね。
空冷だし古いエンジンだしキャブだしコンピュータも入ってないから、現行のレギュラーガソリン仕様のバイクにハイオクを入れるのに比べたら違いが体感できるかもしれない。

製作に戻りましてシートです
s_IMG_20170317_212447.jpg
シートはツートーンなので塗り分けます。
まずは前側をグレーで塗装。この時はマスキング不要です。
s_IMG_20170317_212447.jpg
同時にテールカウルも塗装。
時期柄でしょうかシートのツートーンってあまりない気がします。

排気管が乾きました
s_IMG_20170317_223955.jpg
ブラック一色
エンジンの排気口に突き刺してタンデムステップの内側にあるピンに刺して固定します。
s_IMG_20170317_224109.jpg
フレームに沿った排気管の曲線がいい感じ。
こういったところの処理の仕方もホンダとスズキでは違うもんですね~

次回はリアタイヤが付きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
バイクは自分より年上のNSR250R
車はスイフト

プラモデル製作記事がメインでたまーにバイクの記事を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター