アオシマ1/24 ダイハツ コペン製作1 組み立て放置にご注意!

1年半越しの完成

プラモデルを作るに当たり、ついつい積んでしまうこと、パーツが無くて詰んでしまうこと、やる気や製作時間が減少し箱を閉じてしまうこと・・・色んな理由から製作がストップしたり遅々として進まないことがあるかと思います。

パーツが無くて詰んだプラモについては諦めもつきますが、なるべく作り始めたプラモは極力完成させるように心がけています、例え限りなく素組みであっても。

今回はそんな中でも製作開始から完成まで1年半もかかってしまったプラモデルの製作記です。
時間がかかったからと言って出来が良いわけではなく、単にやる気が出ずに放置していた期間が長いだけです。

作るのはアオシマのダイハツコペン
s_DSC_9041.jpg
ちなみに個人的にあまりこういった改造系は好きじゃないです。
じゃぁ何でく買ったかというと右上の値札に注目。
安かったからです。

おおよそ察しがつきそうなものですが中身は・・・
s_DSC_9042.jpg
ジャ~ンク
今にして思えばジャンクで900円って高いです、今なら買わない。
でも本来倍以上の価格なのに半額以下で買えると思うと安く感じてしまうらしく買っちゃったんですね~。支払う金額は900円で変わらないのに。
s_DSC_9043.jpg
前の人はかなり最初の部分だけを作って手放したようです。
殆どの部品がランナーに付いてましたし、塗装やバリ処理の跡も見受けられませんでした。

フロントロアアーム
s_DSC_9044.jpg
切り取ってある部品はバリ処理から始めます。
結構がっちりした一体のパーツ。

ラックアンドピニオン
s_DSC_9045.jpg
なぜか片側だけついているブレーキディスク。
時間が無かったのか?難しかったのか?理由は色々だと思います。
プラモも何だかんだ言って簡単なものや難しいものがあるので、「どーしても出来ない」っていうのはあると思います。

タイヤ
s_DSC_9046.jpg
明らかに社外品のホイール。メーカーは知りませんが重そうなホイールです。

ちなみにアオシマのこういった改造系スポーツカーモデルですが、一部アメリカ製の1/25モデルがあるので要注意です。すっごい作り難いです。
このコペンはアオシマの金型なのでそういう点は大丈夫です。

ボディ
s_DSC_9048.jpg
コペンってイメージカラーは黄色かぁ。
改造系とはいえ純正のバンパーと
社外のバンパーの二本立てなのは好印象
s_DSC_9049.jpg
せっかくのかわいいコペンをいかつくするのはもったいないので、限りなく純正で行きたいと思います。
なので今回この専用ランナーのパーツは使わないです・・・ある意味勿体ない?軽自動車用だから互換性も期待薄。

ちゃちゃっと内装パーツも切り離して塗装準備を進めます
s_DSC_9050.jpg
オープン2シーターなのでパーツは少なめ。
左右座席とドアトリム、センタートンネルにダッシュボード、ステアリングとステアリングコラム、サイドブレーキとバックミラーといったところです。これらはセミグロスブラック塗装かな。

足回りパーツ
s_DSC_9051.jpg
フロントがストラット、リアがトーションビームというオーソドックスな構成。
×の形をしたパーツは補強用のアーム?かな。純正っぽいですね。
これらもセミグロスブラック塗装。

で、ここまでが2016年1月の話です。
ちなみにその頃完成したプラモはブラックバードやNSR500・・・えぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
バイクは自分より年上のNSR250R
車はスイフト

プラモデル製作記事がメインでたまーにバイクの記事を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター