ハセガワ 1/200 JAS ボーイング777製作1 胴体加工と主翼組み立て

ボーイング!
というわけでまた旅客機を作ります。

作るのはこちら
s_IMG_20170321_014724.jpg
ボーイング777-200

と、箱に書いてあっても分からないので調べます。
こんな時のためにわざわざ旅客機年鑑まで買いました、もういちいちウィキを開かなくてもいいぞ。

ボーイング777とは
 ・座席数は多い‐400以上
 ・航続距離は長い‐1万km以上
 ・ワイドボディ機
 ・1995年運用開始

ボーイング777も派生機種があり
 ・777‐200(今回作るもの)
 ・777‐200ER(extended range航続距離延長型)
 ・777‐200LR(long range ERを改良しさらに航続距離延長)
 ・777‐300(胴体延長型‐550席)
 ・777‐300ER(300の航続距離延長型)
 ・777‐8/9(開発中)
となっています。
特に200LRに至っては航続距離が約1万7千km。もちろん空中給油無しで。飛行時間は19時間!
戦略爆撃機より凄いなこれ。さすがボーイング。

機体規模や座席数・航続距離など、ボーイング747にとって代われる存在でもあります。

機体は分かった。
ではJASは?
JAS=日本エアシステム
2004年まで存在していた会社で、日本航空・全日本空輸とともに日本の航空会社の一翼を担っていた会社・・・すごいじゃん。
その後日本航空に吸収合併。
使用機材を見ると、この777やDC9、MD90などの大型機も運用しておりかなり大きな会社だったことがうかがえます。
ちなみにJASがボーイング777を導入下のは1996年12月3日です。

では中身から見ていきます。
s_IMG_20170321_014804.jpg
長い!
実機の全長は60m、A320は37m・・・長いわけです。

ということは主翼も・・・
s_IMG_20170321_014845.jpg
大きいなぁ~
全幅は61m、A320は34m・・・戦略爆撃機のB52は56m・・・1/200でもここまで大きいとは。

で、ではデカールも・・・
s_IMG_20170321_014734.jpg
これはちょっとやばい気がするぞ。経年劣化とデカールの大きさを考えても破れやすそうです。しかも曲線なので塗り分けは難しい。
レインボーカラーとはよく言ったものですが7色塗り分けるのはちょっと、いや凄く無理。

エンジンなど
s_IMG_20170321_014829.jpg
パ-ツ数・構成としてはA320とそう変わりません、同じ双発機ですし。一個一個のパーツが大きくなった感じです。

塗装は大変そうですが組み立て手順としては同じということか。
というわけで製作開始
s_IMG_20170321_160135.jpg
胴体への穴開け加工も同じです。
B777-200と刻印されてますが、これより長い300もラインナップしてるんですかね?
あと窓が全て開口しています、これは機体が大きくなったからでしょうか?デカールもありますが貼らなくてもいいかも。

s_IMG_20170321_160627.jpg
ざっくり開口、反対側も同じです。

機首の重りも同じですが、パーツが一個増えてます
s_IMG_20170321_160759.jpg
ねじで締めるだけなので接着要らず。
そのまま機首に取り付けます
s_IMG_20170321_161427.jpg
コクピットも窓が開口しており、ここにはクリアパーツがはまります。それについては胴体接着後の後ハメでいけます。
広ーい主翼も切り取ってバリ処理
s_IMG_20170321_162248.jpg
大きいわりにパーツ数はと絵も少ないのでそのまま接着します。
接着剤を塗る面積は多いので、なるべく隙間が出来ないように接着剤は多めに塗布します。
s_IMG_20170321_163108.jpg
主翼下面に付く3個ずつの部品。
フラップフェアリングという部品です。どういう部品かというと、フラップを動かすための部品を大手居る整流板です・・・へぇ。
s_IMG_20170321_163344.jpg
大きい穴はエンジンパイロン用です。
エンジンは後付けの予定。

次回は胴体を接着し合わせ目消しです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
バイクは自分より年上のNSR250R
車はスイフト

プラモデル製作記事がメインでたまーにバイクの記事を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター