ハセガワ 1/200 ANA ボーイング737‐200 製作6 デカール貼り成功~二機同時ロールアウト

ボーイング737製作6かいめです。
今回は主翼と胴体を組みたてて、デカールを貼って完成となります。

まずは主翼にエンジンを装着
s_IMG_20170418_162121.jpg
エンジンもシルバーです。
シルバー=無塗装?塗料を塗らない分軽量化できるので錆止めだけ塗ってあとはそのままというのもありますが・・・どうなんでしょう。
というよりも何で旅客機って白塗装があんなに多いんですかね?白地の方がロゴやカラーリングの映りが良いからかな???
s_IMG_20170418_162306.jpg
2機同時の生産ライン。
脚もこの時点で取り付け
s_IMG_20170418_162422.jpg
脚を付けたら機体ごとにデカールを切り取って振り分けます
箱ごとに分けると無くさず区別しやすいです
s_IMG_20170418_164126.jpg
↑旧塗装

↓新塗装
s_IMG_20170418_164129.jpg
新塗装の方は大判デカールを使用。理由は曲線のマスキングかつ2色塗り分けに自信が無かったため。
デカール自体も777に比べたら小さいので行ける・・・と思う。
しっかりお湯につけて浮かせます
s_IMG_20170418_165500.jpg
・・・
貼り付け成功!
s_IMG_20170418_183348.jpg
大きいデカールが貼れれば後は小さいのを焦らず貼っていくだけ。
日の丸や全日空のロゴ・ドアなどを、ずれないよう、しわにならないよう貼っていきます。
s_IMG_20170418_183308.jpg
ということで無事にデカール貼りを終え
完成です。

旧塗装機
s_IMG_20170418_183315.jpg
尾翼のマークもだいぶ違いますね

s_IMG_20170418_183333.jpg
コクピットのクリアパーツは、はめた後にその上からデカールを貼っています。
これは両機とも一緒

新塗装機
s_IMG_20170418_183359.jpg
個人的にはやはりこちらの塗装の方がしっくりきます。
青のラインのおかげでJALよりもカラフルに見えます
s_IMG_20170418_183353.jpg

今回は2機同時なので編隊飛行もできちゃいます
s_IMG_20170418_183515.jpg

s_IMG_20170418_183551.jpg
今回は2機同時製作でしたが、同時に今までのプラモ製作の中でも最短記録でした。
もちろんメカコレなどの小さいものは別ですが、今回のボーイング737は2機同時で製作開始から終了まで何と2日。

最初のパッケージの写真を撮ったのが4月18日13時50分
最後の機体を並べて写真を撮ったのが4月18日18時50分
時間にして29時間。徹夜ではないし食事などもあるので実質的な作業時間は15時間位かな?それでもこの2日間は殆ど作業をしていた感じです。
2日連休があればプラモが完成するというのが実証できたのでこれはこれで面白いですが、あまり高価なプラモでやるともったいない気もします。
乾燥時間もあるからこれ以上短くは出来ないとも思う。

最後に大きさ比べです
s_IMG_20170418_183757.jpg
777のでかさが際立っています。A320と比べても一回り小さいことも分かりますね。

A320→B777→B737と三度目の正直で何とかそこそこのものを作れたので満足です。旅客機の工程も分かったのでこれからの製作も捗ることでしょう。
プラモ自体はこの3機の中では作りやすい方でした。慣れもあるでしょうけれど、小型機の方が作りやすく塗りやすいのは確かです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
バイクは自分より年上のNSR250R
車はスイフト

プラモデル製作記事がメインでたまーにバイクの記事を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター