ハセガワ1/72 ブリティッシュ・ライトニング製作3 主翼・キャノピー塗装・塗り分け

ブリティッシュライトニング製作3回目です。
今回は主翼を塗り分け、キャノピーやエンジンノズルを塗ります。

まず主翼下部を塗装
s_IMG_20170424_181151.jpg
Mrカラーの332番
下図の左が塗装後、右が塗装前
s_IMG_20170424_181530.jpg
グレーというかクリーム色というか、結構明るい色ですね。
ちなみにこの色は裏側のみです。

そしてマスキング
マスキングするのは主翼裏側と胴体上部です
s_IMG_20170425_103825.jpg
Mrカラー335番で塗装
こちらはニュートラルグレーっぽい、ちょっと濃いグレーです。

乾燥させている間にキャノピーのマスキングをします
s_IMG_20170425_113232.jpg
ライトニングの窓枠は、枠が多いタイプです。
スピットファイヤなどでせっかく視界のいい(枠が少ない)バブルキャノピーになったのに、何で第2世代ジェットはみんな枠が増えたこういうキャノピーになったんですかね?
有視界での格闘戦が少なくなり、超音速飛行に伴う強度の増加などが原因でしょうか。

ともかくマスキングに手間がかかることは変わりない・・・
s_IMG_20170425_154712.jpg
マスキングしたらショックコーン共々セミグロスブラックで塗装。
この時、先ほど塗装した胴体上部もさらに塗り分けます
s_IMG_20170425_204156.jpg
上からセミグロスブラック・濃いグレー・明るいグレーの3色塗装です。ここでは外してありますが、垂直尾翼も同じくセミグロスブラックです。

パイロットも各部を筆塗り
s_IMG_20170425_204835.jpg
手袋・服・顔・ヘルメットの4色を塗っています。
1/72だしこんなもんでいいかな。

特徴的な上下2連のエンジンノズル
s_IMG_20170425_205111.jpg
エンジンはロールスロイスエイヴォン。推力がドライで5t、アフターバーナー使用時6.4t。
このエンジン2基はライトニングを・・・
 ・11,000mで最高速マッハ2で飛行させ
 ・毎分6000m、毎秒100mで上昇させ
 ・瞬間的に高度27,000mまで到達させ
ることができます。
高度記録は非公式っぽいですが、アメリカ空軍の偵察機U-2(運用高度25000m以上)を迎撃したとのことなのでおそらく到達高度は本物でしょう。
s_IMG_20170425_205655.jpg
エンジンのノズル部分と本体尾部のひょうたん型のなっている部分をメタリックグレーで筆塗り。
これで本体各部の塗装が済みました
s_IMG_20170425_205740.jpg
あとはこれらを接着して、脚を組み立て、デカールを貼って完成です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
バイクは自分より年上のNSR250R
車はスイフト

プラモデル製作記事がメインでたまーにバイクの記事を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター