メカコレ バルグレイ製作 素組み・サフ吹き・塗装・塗り分け

メカコレシリーズ第7弾
ガイペロン級多層式航宙母艦 バルグレイを作ります。
s_IMG_20170224_112443.jpg
旧三段空母ですが実際は4段なので多層式という名称に変わったのでしょう。
中身
s_IMG_20170224_112644.jpg
空母なので当たり前ですが甲板が多いです。
最下段
s_IMG_20170224_113234.jpg
甲板表面以外は特にモールドは無い様子
組むとこんな感じ
s_IMG_20170224_113350.jpg
カタパルト2基と互い違いになったエレベーター2基がモールドで再現されてます。
中段と最上段
s_IMG_20170224_114436.jpg
見えないところのモールドは省略されています。
艦体側面
s_IMG_20170224_120714.jpg
艦橋や砲塔・レーダーなどが付いています。
劇中では対艦ミサイルを側面に2発、正面から2発で撃沈されているので防御力は低いようです。作ってると分かりますが結構スカスカですからね。
艦底部
s_IMG_20170224_121125.jpg
砲塔2基と降着装置の格納扉など。ガンダム系にある艦底部にもカタパルトや飛行甲板を設けるという設計とは違うようです。
素組み完成
s_IMG_20170224_121150.jpg
4つの甲板にカタパルトが2基ずつなので同時に8機の発艦ができるという素晴らしい性能。
実際の3段空母だった赤城・加賀の場合は一番滑走距離が長い最下段が艦上攻撃機用、真ん中が艦上爆撃機用、最上段が戦闘機用兼着陸用でしたが、カタパルトがあるなら滑走距離は関係ないので長さの分だけ搭載数が増えてるのでしょう。

塗装に備えて分解
s_IMG_20170224_121513.jpg
大まかに5パーツに分解できます。
まずサーフェイサーを吹き、艦体の緑色を塗り、最後に甲板を塗り分けるという順番です。

サフ吹き
s_IMG_20170226_224930.jpg
そして緑塗装
Mrカラーの122番、半光沢です
s_IMG_20170226_231258.jpg
中々パッケージ絵と似た良い色。ガミラス用の塗料も専用で出ていますがメカコレのためだけに買うのはちょっともったいないので似た色で・・・。

次に甲板を塗り分けるためにマスキング
s_IMG_20170307_105108.jpg
マスキングの範囲は甲板の平面以外。ところどころ飛び出しているテープは、アンテナ類に塗料がかからないようにするためのものです。
s_IMG_20170307_110226.jpg
塗料は余っていたNATOブラックですが、これがなんと光沢無し・・・確かに実際の甲板は滑り止めなどで非常にザラ付いていますが・・・ちょっと見栄えがしないかも。

組み立てて完成
s_IMG_20170307_112935.jpg
案外艦自体が真緑なので、甲板の黒が気になりません(よかったよかった)。
アングル度でっ気がついている分幾分か近代的に見えるのも特徴。
s_IMG_20170307_112942.jpg
前回のダロルドより見栄えが良いなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人4年目になりました
バイクを手放し、仕事はスイフト遊びはRX-7に乗ります。

プラモデル製作記事がメインで時々車のの記事を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター