タミヤ 1/24 BMW Z3製作5 内装とシャシーの塗り分け

BMWZ3製作5回目です。
今回はシャシーと内装を塗り分けていきます。
塗り分けはエアブラシと筆塗りの併用です。

まずシャシーから
s_IMG_20170701_170446.jpg
他、サスペンションなどの部品もセミグロスブラックで塗装。
シャシーはフロント部分はエアブラシで塗装するためマスキングをします。これはマスキングが直線的で簡単だからです。
一方リアや燃料タンクに関してはマスキングが曲線になり時間がかかるので、筆塗りで塗り分けます。
s_IMG_20170701_175418.jpg
燃料タンクから左側がエアブラシ、燃料タンク本体とリアタイヤハウス内側が筆塗りです。
筆塗り箇所は他にも、
ヘッドライトの縁
s_IMG_20170701_174951.jpg

Aピラー・サンバイザー
s_IMG_20170701_175413.jpg
などなど各部に及びます。
内装も同じくセミグロスブラックで塗り分け
s_IMG_20170701_175438.jpg
各ペダルやオーディオ機器部分を塗ります。
よく見るとエアコンはマニュアルエアコン・・・
エアコンの吹き出し口やシフトノブなどは小さく微妙に丸みを帯びているので、はみ出さずに塗るのが難しい。
s_IMG_20170701_175431.jpg
シャシーに戻ってエンジン下部を塗り分けます。
エナメル塗料なのでしっかり乾燥させてからじゃないと色が混ざったりするので注意。
塗装中
s_IMG_20170701_175804.jpg
シルバーで塗るのはエンジンとミッションケース。
左側に見えているのがタイミングベルトで、下側に出ている4本の物体が排気管です。
BMWのスポーツカーというと真っ先に直列6気筒が思い浮かびますが、このZ3はオーソドックスな直列4気筒。
全体図
s_IMG_20170701_180632.jpg
これでシャシーの塗り分けが完了しました。
そうしたら内装パーツとシャシーを接着
s_IMG_20170701_181104.jpg
接着剤が乾くまでの間に前回塗装したボディにクリアーを吹きます

s_IMG_20170701_183405.jpg
Aピラーのエナメル塗装部分はラッカー系のクリアーを吹くと溶けるのでなるべく避けて塗装します。
たっぷりとつやが出るまで重ねます
s_IMG_20170701_184146.jpg
塗れたら乾くまで放置。
シャシーに戻って内装のドアやシートを接着します。
s_IMG_20170701_184734.jpg
これで内装はOK
シンプルながらも内装色が明るいので温かみを感じます。強いて言えば若干筆塗り部分がはみ出しているのが残念なくらいですね。

次回はサスペンションを組み立てます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
バイクは自分より年上のNSR250R
車はスイフト

プラモデル製作記事がメインでたまーにバイクの記事を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター