タミヤ 1/24 BRZ製作6 内装組み立て・デカール貼り

BRZ製作6回目です。
今回も組みたてていきます。
まずは内装
s_IMG_20170803_223311.jpg
フロントシートを接着し、肩に当たる部分をグレーで筆塗り。
ドアを取り付けシャシーと接着
s_IMG_20170803_224442.jpg
後席狭いですねー
真ん中も盛り上がっているので横になるのは無理か・・・こういうスポーツカーでもトランクスルーになるなら車中泊もできるんじゃないかと思ってしまいます。少なくともスイフトよりは幅もあるし快適かも・・・

ボディ側にバッテリー、ブレーキ倍力装置を取り付け
s_IMG_20170804_204835.jpg
内装に貼るデカールを切り取ります
s_IMG_20170804_210131.jpg
切り取るのはスピーカーとメーター・ナビ画面などです。
貼り付け
s_IMG_20170804_211409.jpg
フロントとリアへ貼り付け
ナビとメーター
s_IMG_20170804_211419.jpg
ボディ外観
s_IMG_20170804_213104.jpg
スポイラーもしっかり接着
s_IMG_20170804_213110.jpg

ホイールの塗装。
まずは全体をエナメルブラックで塗って・・・
s_IMG_20170808_122631.jpg
溶剤をしみこませた綿棒でスポーク表面のみ塗料を取ると
この通り
s_IMG_20170808_123230.jpg
左側が拭き取り後、右側は拭き取り前。
お手軽かつ綺麗に出来ますよ。

s_IMG_20170808_123713.jpg
ホイールの出来が良いなー
ワイパーを取り付け
s_IMG_20170808_124805.jpg
ワイパーをそのまま取り付けても浮いたりせず、合いがバッチリ。
次回、残りのパーツを付けて完成です。

タミヤ 1/24 BRZ製作5 シャシー・サスペンション・排気管組み付け

BRZ製作5回目です。
今回は前回までに塗装したパーツを組み立てていきます。

ちなみに座席面をエナメルのセミグロスブラックで筆塗りしました。
s_IMG_20170803_212102.jpg
同じセミグロスブラックでもラッカーとエナメル、エアブラシと筆塗りでは違った仕上がりになるのが良く分かります。
では組み立てへ、
s_IMG_20170803_213616.jpg
左側のパーツはフロントホイールハウス兼エンジンブロック
まずはリアサスから組み付け
s_IMG_20170803_213958.jpg
サスペンション自体はすでに組み上がっているので、本体側に接着するだけ。ドライブシャフトも一緒に接着。
後輪駆動・ダブルウィッシュボーン式サスペンションの仕組みが良く分かります。

排気管を接着
s_IMG_20170803_214214.jpg
ドライブシャフトの真下を通るんですね。途中のふくらみは触媒ですね。
よく触媒を取っ払ってストレートにする改造がありますが、今の車でそれをやると一発で車検に通らなくなるそうです。たとえ2個とか3個とかあるうちの一つでもダメ。厳しいのと、一個一個の性能が高いんですねぇ。

リアサスの接着部
s_IMG_20170803_214437.jpg
本来であればトランクルームに当たる場所ですね。
テンパータイヤが入りそうな窪みがありますが実車は詰んでいるのかな?

側面
s_IMG_20170803_214456.jpg
・・・分かりにくいな

リアの次はフロント
s_IMG_20170803_215046.jpg
タイロッドにフロントストラットを取り付けた状態。
これを取り付け
s_IMG_20170803_215313.jpg

ホイールハウスを上からかぶせるようにして接着
s_IMG_20170803_221344.jpg
シルバーの部分はエンジンブロックです。
FA20水平対向4気筒エンジン
s_IMG_20170803_221852.jpg
補機類やベルトを接着。
これまたエンジンの特徴が分かりやすい。
s_IMG_20170803_222839.jpg
吸気管とラジエーター、ホースを接続。
色塗って組み立てただけなのにこれだけ見栄えするというのは素晴らしい。

次回も組み立てが続きます。

タミヤ 1/24 BRZ製作4 セミグロスブラック塗装・シルバー塗り分け

BRZ製作4回目です。
今回は内装、シャシーなどをセミグロスブラックで塗装していきます。
s_IMG_20170802_204351.jpg
これらすべてをセミグロスブラック塗装。
塗料はガイアノーツのセミグロスブラックを使用。

こんな感じに
s_IMG_20170802_214150.jpg
まずは塗り残しなくしっかりと塗り、こまごまとしたところは筆で塗っていきます。
サスペンションやタイロッドなども一部はシルバーで塗る必要があります。
s_IMG_20170802_214158.jpg
シャシーとエンジンブロック、内装など
s_IMG_20170802_214204.jpg
リアバンパーとセミグロスブラックで塗ったパーツを接着。
いい感じです
s_IMG_20170803_184007.jpg
フロントグリルも同様に
s_IMG_20170803_184251.jpg
リアサスペンションの一部をシルバー塗装。
デフケースやキャリパーをシルバーで筆塗り
s_IMG_20170803_190242.jpg
ラジエーターも側面はセミ黒ブラックを残しシルバー塗装
s_IMG_20170803_190249.jpg
タイロッドは真ん中を塗装
s_IMG_20170803_190302.jpg
フォグランプもベゼル内側を塗装
s_IMG_20170803_190321.jpg
こういったパーツはランナーに付けたままの方が塗りやすかったです。
シャシーもこの通り
s_IMG_20170803_205412.jpg
写真で見ると綺麗に塗れてます。これも筆塗りでできちゃうんですからラッカー塗料って優秀です。
インパネ類も塗り分け
s_IMG_20170803_205421.jpg
これで一通りは塗り分け出来ました。
次回は今回塗ったパーツを組み立てていきます。

タミヤ 1/24 BRZ製作3 メタリックブルー塗装

BRZ製作3回目です。
今回はボディカラーを塗ります。
BRZといえばやはりブルー。というわけでメタリックブルーです。
s_IMG_20170801_194240.jpg
下地ブラックの上にメタリックブルー・・・さて、どうなるものか。
塗装中
s_IMG_20170801_195926.jpg
ボディ下側から上に向かて少しずつ色をのせていきます。
吹き過ぎは垂れるから禁物。でも、少ないと下地が透けてしまうのでそれも気を付けます。
s_IMG_20170802_200001.jpg
一通り塗れたらムラが無いかを要チェック。
いろんな角度から光に当ててみることで塗り残しを探します。

ボンネットもこの通り
s_IMG_20170801_201533.jpg
ちょっとゴミが付いています。こういったものは一度乾かしてから取り除き再塗装。

s_IMG_20170802_200006.jpg

バンパーなども全部塗れたらクリアーを吹きます。
s_IMG_20170802_194544.jpg
クリアーは最初は少しずつ吹き。全体にクリアーが薄くかかってから全開で吹き始めます。いきなりたくさん吹くとただでさえ薄いメタリック塗料が溶けだして大変なことになります。
焦らずゆっくりクリアー塗装。
s_IMG_20170802_202257.jpg
3回くらい塗り重ねると光沢がこんな感じに出ます。
塗り重ねておけばこの後の磨きでも塗料が剥げずに済みますね。
次回は内装とシャシー塗装です。

タミヤ 1/24 BRZ製作2 内装バリ処理・サフ吹き・ボディ下地塗装

BRZ製作第二回目です。
今回は内装部品を切り取りサーフェイサーを塗る準備をします。その後サフ吹きを行い、ボディの下地としてブラックを塗装するところまでを行います。

まず内装
s_IMG_20170724_130259.jpg
まずシートから。
ヘッドレスト裏は別パーツではめ込むようになっています。見た感じセミバケットシートです。
s_IMG_20170724_130358.jpg
裏側は穴が開いているので埋めます
使うのは粘土
s_IMG_20170724_130803.jpg
このように埋めたわけですが、この後シート裏用のパーツがあることに気づきパーツを付け直すハメに・・・
内装パーツの全容
s_IMG_20170724_163523.jpg
モールド等非常に良く再現されています。
特にドアトリム部が素晴らしい。

シフトノブ、運転席もとても精密
s_IMG_20170724_163740.jpg
ボタン類の配置も実写同様。ナビ画面もちゃんとあります。

それでは部品が切り取れたところでサーフェイサーを塗装しましょう。
s_IMG_20170727_084744.jpg
全部塗ります。

塗りました
s_IMG_20170727_110226.jpg
内装については塗りっぱなしですが、ボディについては1200番のペーパーで表面を均します。均すといってもごしごしやすり掛けするのではなく、優しくなでる感じで十分です。表面のごみやほこり・細かい粒子をとりのぞければOK 。

内装は内装で分けておきます
s_IMG_20170727_110230.jpg
こうしておかないとパーツがなくなったり混ざったり塗り忘れたりすることを防げます。
ではボディ塗装へ
s_IMG_20170801_130655.jpg
ボディは最終的にメタリックブルー塗装となるので、下地にはGXカラーのウイノーブラックを使います。
バンパー、ボンネット、ボディと塗っていきます
s_IMG_20170801_131938.jpg
ボンネットは塗装時の持ち手が無いので割りばしの先に両面テープを貼り、裏側からくっつけて持ち手とします。
下地といってもブラックのボディで通用するくらいにはつやを出します。
s_IMG_20170801_131942.jpg
なかなかいい感じ。
つやを出すといってもクリアーまでは吹かないです。
これで下地が出来たので、次はメタリックブルーの塗装です。
プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
バイクは自分より年上のNSR250R
車はスイフト

プラモデル製作記事がメインでたまーにバイクの記事を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター