バイバイ!NSR250R!

突然ですがNSRを売りました。
査定中・・・
s_DSC_0580.jpg
せっかくなのでネットの一括査定申し込みをしたらあっという間に2社来ました。
申し込みしてから1時間後にはオークション会場状態。
2社が競り合って高い方に売るだけという簡単な作業。

売買契約成立
s_DSC_0581.jpg
こうしてNSRはドナドナされて行きました。
ちなみに価格は16万円。
個人売買より安く、お店に持っていくより高いという感じですね。
250ccなのでハンコを押しておしまい。

こうして大学3年生から始まったバイクライフに幕が下りました。

ちなみに売った理由は
「乗らないから」
です。

なぜ乗らないか?
「車の方が楽」
だからです。

全天候、昼夜問わず高速から砂利道までどこまでも安全に行けるというのはものすごい楽です。
あと車の方が自分は速く安全に走れることが分かったというのも蛇足ながら理由の一つでした。

それでも2スト250ccを体験できたのはラッキーでした。
割と貴重な体験なのと、排気量がでかいバイクが速いという当たり前のことが分かったのも大きいです。

とりあえずバイクはもう乗ることは無さそうです。
短い間でしたが怪我や事故無く楽しめてよかったです。

フジミ 1/24 トヨタS800 ヨタハチ製作4 ボディ塗装・内装組み立て~完成

ヨタハチ製作4回目です。
今回は内装を組み立ててボディを塗装して完成まで行きます。

内装
s_IMG_20171005_151133.jpg
フレーム?の一部を接着
他、ペダル・シフトノブ・サイドブレーキも接着

エンジン部
s_IMG_20171005_152117.jpg
バッテリーやパイプなどを接着。
奥の水色のパイプは何用なのか?

トランクルーム
s_IMG_20171005_152127.jpg
スペアタイヤが収まります。
それ以外はあまり荷物は積め無さそうです。右の筒は燃料タンクへつながっているパイプと思われます。

シートも取り付けてセミグロスブラックで塗装
s_IMG_20171005_153457.jpg

エンジンルームも塗装
s_IMG_20171005_155027.jpg

ドア内部もこの通り
s_IMG_20171005_155031.jpg
窓はもちろん手回し式、シルバーで筆塗り。
スピーカーも付いていないですね。そもそもエアコンも何もないですね。

内装が終わったところでボディ塗装
s_IMG_20171005_155238.jpg
サフの上からシルバーで塗装。
明るいシルバーにしたかったので下地塗装のブラックは無しです。
s_IMG_20171005_163256.jpg
いい感じです。
乾いたらクリアー塗装
s_IMG_20171005_174936.jpg
古い車だからつやもそんなんではないだろうと思い程々に。

内装はバスタブ式ではないのでドアトリムなどはボディに直接接着する珍しい方式となっております
s_IMG_20171005_202151.jpg
メーターなんかも同様。
ガラスも取り付け
s_IMG_20171005_210052.jpg
若干中央部が浮いてしまっているので気を付けて接着。ここで焦るとパーツが折れますので慎重に。

ボディとシャシー
s_IMG_20171005_210119.jpg
エンジンが際立ってますねー
合体させてヘッドランプを取り付け
s_IMG_20171005_212702.jpg
ライトはシールドビーム、バンパーはメッキそのままで使用。
顔回りがトヨタ2000GTと似ているのが分かります。
s_IMG_20171005_215318.jpg

ウインカーとテールランプを塗装
それぞれ取り付け
s_IMG_20171005_215326.jpg
ハードトップはフラットブラックで筆塗り
一回塗りだとムラが目立つので3回ほど塗り重ねます
s_IMG_20171005_215346.jpg

そしてそれぞれが乾いて接着が終わったら完成です!
s_IMG_20171005_221243.jpg

か、カッコ可愛い・・・!
s_IMG_20171005_221249.jpg

リアビュー
s_IMG_20171005_221255.jpg

オープン状態
s_IMG_20171005_221306.jpg

ボンネットとトランクルーム開閉
s_IMG_20171005_221708.jpg
これがやりたかった。
成功!
s_IMG_20171005_221725.jpg

側面
s_IMG_20171005_221737.jpg


最後に各時代のFRを並べてみました
s_IMG_20171005_222127.jpg
こうやって見ると86(BRZ)は水平対向エンジンFRライトウェイトスポーツという意味ではヨタハチの後継車?なのかも。
そして昔の車は小さいですね~

ともかく憧れのヨタハチを作れて楽しかったです。
キット自体も難しくなくエンジンも再現できるので良いキットです。

フジミ 1/24 トヨタS800 ヨタハチ製作3 サフ吹きとサスペンション組み立て

ヨタハチ製作3回目です。
今回はボディとエンジンをサフ吹きし、エンジンやシャシーを組み立て、色を塗っていきます。
塗装前
s_IMG_20171005_081749.jpg

サフ吹き後
s_IMG_20171005_083721.jpg
ボディが小さいので塗装が楽ちん。
エンジンは多少入り組んでいるので吹き残しが無いように注意します。

エンジンにオイルパンを取り付け
s_IMG_20171005_084945.jpg
空冷エンジンなのでラジエターもオイルクーラーも無いです。
排気は下側から。
もちろん触媒も無し。
s_IMG_20171005_091137.jpg
こちらがエンジンの上側
手前二つの円盤がキャブレターとエアクリ。その他こまごまとしたものを付けます。
排気管はコッパ―で筆塗りしましたが、これはエアブラシで吹いた方が良かったです。

シャシーに組み付け
s_IMG_20171005_091340.jpg
エンジンが別パーツだと本物の車を整備しているような雰囲気が出て楽しいですね。
シャシー裏側
s_IMG_20171005_094035.jpg
排気管を取り付けた後にサスペンションという順番です。

まずはフロントサスペンションから
s_IMG_20171005_100312.jpg
プラモデルでは簡略かされていますが前輪はダブルウィッシュボーン式です。豪華。
その代りブレーキは4輪ともドラムブレーキです。
リンクを追加
s_IMG_20171005_101401.jpg

次にリアサスペンション
s_IMG_20171005_101855.jpg
リアは板バネ式、ドライブシャフトとデフケース。
こちらも構造が分かり安いですね。
s_IMG_20171005_102146.jpg
板バネなら銅板やアクリル板を重ねれば可動するものが出来そうですが、バネ自体が出来ても車体側への取り付け部で苦労しそうです。
これごとシャシーへ取り付け
s_IMG_20171005_103040.jpg
何度も書きますが車の構造が良く分かるキットですね。
そして作りやすいです。今のところパーツの合いで苦戦していません。
s_IMG_20171005_103053.jpg
四角い部品は燃料タンクです。
ガソリン車ですが当時はまだ有鉛ガソリンとかの時代。
ハイオクを入れたら性能アップとかも本当にあったのかもしれません。
s_IMG_20171005_133811.jpg
そういえばモノコック構造ですね。
重量は580キロ、今のアルト以下・・・

フジミ 1/24 トヨタS800 ヨタハチ製作2 ボンネット開閉化・内装・エンジン組み立て

ヨタハチ製作2回目です。
今回はボディの加工と内装・エンジンの組み立てを行っていきます。

ボディをバリ取り処理
s_IMG_20171003_215257.jpg
大きなバリが付いていましたが、ピラーを折らないように慎重に切り取り、やすり掛けをします。
次にボンネットを開閉化するために切り込みに沿ってデザインナイフとエッチングノコギリで切っていきます。
s_IMG_20171003_215736.jpg
この時すべて切り取ってしまうとヒンジ機構を組み込まなければいけなくなるので、ボンネット前端は切らずにそのままつながっている状態にしています。
トランクルームも同様
s_IMG_20171003_220149.jpg
トランクの方が曲面になっているので切るのが難しい。
ハードトップ
s_IMG_20171003_221031.jpg
ハードトップは黒で塗ります。
・・・これ取り外した時はどこにしまうんだろう?

続いて内装
s_IMG_20171003_221034.jpg
2シーターFRのオープンカー
シートも当時はヘッドレストも無いバケットシート。モールドや形も割と実車を再現しているような気がします。

メーターパネル
s_IMG_20171003_221038.jpg
アナログメーターとラジオが付いているのが分かります。
ちなみに実車のメーターはこんな感じです
s_IMGP1659.jpg
トヨタメガウェブで撮影したものです
もう一枚
s_IMGP1660.jpg
左側が回転計、真ん中が燃料計?、右側が速度計
回転計はレッドゾーンが5500回転からとOHVにしては高回転型・・・なのかな?
s_IMG_20171003_221352.jpg
チョークハンドルなんかもモールドで再現されてます。

そしてエンジンとミッション
s_IMG_20171003_222005.jpg
エンジンは2U型790cc空冷水平対向2気筒OHV。
5500回転で45馬力、ツインキャブレター
変速機は4速フロアシフト
非力ながらこれで時速155キロ出るんですから凄いもんです。
s_IMG_20171003_222542.jpg

丸い部品がキャブレターとエアクリーナーですね。
典型的なフロントエンジンリアドライブ
s_IMG_20171003_233000.jpg
次回は塗装とサスペンションの組み立てを行います

フジミ 1/24 トヨタS800 ヨタハチ製作1 内容紹介

車のプラモデルが続きます。
今回はフジミのトヨタS800、通称ヨタハチを作ります。
s_IMG_20171003_214310.jpg
もちろん中古で入手。
個人的にヨタハチは凄く好きなので新品でも中古でもあれば買おうと思っていましたが中々店頭で売っていなかったので手に入ってラッキーでした(1300円)。
ちなみにアマゾンで見ると普通に売ってますね・・・
あと1/32でよければオーナーズクラブシリーズで出ていて簡単に手に入ります。

では中身を見ていきましょう
ボディ
s_IMG_20171003_214859.jpg
オープンカーです。
Aピラーがものすごく細いのが印象的。ボンネットとトランクも開閉化できるように切れ込みが入れてありますので、開閉できるように加工したいと思います。
s_IMG_20171003_214905.jpg
トランク側
ヒンジの再現は難しそう・・・
s_IMG_20171003_214914.jpg

タイヤやシャシー
s_IMG_20171003_214922.jpg
トランスミッションもちゃんと再現できるようになってます。
内装品やサスペンションなど
s_IMG_20171003_214934.jpg
予備タイヤや板バネ式サスペンションなども別パーツでしっかり用意されています。
また、オプションパーツなのかいろいろ入っています
s_IMG_20171003_214949.jpg
レース仕様かな?今回はノーマル状態で作りたいのでこれらのパーツは保管ですね。
窓ガラス
s_IMG_20171003_215004.jpg
三角窓も一枚一枚別パーツ。
デカール
s_IMG_20171003_214953.jpg
ペプシやシェルは分かりますが・・・三ツ矢サイダー???
おそらく日本グランプリ出場モデルを再現するものだと思われます。
1960年代かぁ、正直全然わからんなぁ。とりあえず今回は使わないので保管。

内容を見てみるとフジミらしくなくかなり細かいパーツ構成です。
次回はボディの加工から始めます。
プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人4年目になりました
バイクを手放し、仕事はスイフト遊びはRX-7に乗ります。

プラモデル製作記事がメインで時々車のの記事を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター