鈴鹿八耐~選手は8時間耐久、観客は24時間耐久

先日友達と一緒に鈴鹿八耐に行ってきました。
奇跡的に仕事が休めなければ行けなかったでしょう・・・と言っても日帰りですが。
さいたまから鈴鹿まで約400km、ノンストップでも5時間。

仕事が終わった後の深夜に埼玉を出て交代しながら朝6時に鈴鹿着
車の中で2時間ほど仮眠して途中まで観戦して帰途につき、その日の23時ごろ着というほぼ24時間耐久観戦です。

さすがに男4人でスイフトは狭くて仮眠もできないのでレンタカーを借りました。
トヨタのウィッシュという車でしたが意外にも高速安定性や走りがスイフトよりも良く、行き帰りの疲労軽減にだいぶ貢献してくれました。ミニバンと侮っていたけどこれだけ快適で広くて走るなら全然アリ。乗らず嫌いはダメですね。

というわけで久しぶりの鈴鹿
s_IMGP1896.jpg
せっかくなら買ったばかりのNSRで行けばいいのにーと思われるかもしれませんが、慣れない2ストで往復800km10時間は無謀です。途中で壊れるかもしれないし予備のオイルも持ってませんからね。

ブースや今までの8耐バイクの展示を一通り見て出走を待ちます。
デモランで古いバイクが登場
FZR
s_IMGP2027.jpg
ヤマハのコミュニティプラザで見たような見なかったような。
確かプラモでもあったような気がします。
GS1000
s_IMGP2017.jpg
バイクも古ければ乗り手ももうおじいちゃんです。
こうやって見るとポジションが優しい。

走行しているうちにウォームアップ走行が開始
s_IMGP1980.jpg
ウォームアップなのにガンガン飛ばすのはバイクも車も同じ。
この時点で結構満足しちゃってたりします。

こちらもカメラの焦点を合わせたりレンズを替えたりと準備をしながら練習です。
s_IMGP1996.jpg
セーフティーカーがNSXとは・・・他にもシビックタイプRやアコード・S2000・アクティ・S660なんかが支援車両で走っていました。
NSXとバイクだとどちらが速いんでしょう?何だかんだいい音してました。

雨が降ったりと微妙な天気ながら11時半本戦開始
s_IMGP2074.jpg
前見た時より開始が遅くなってます。

この後はサーキットを周りながら写真を撮っていくのでダイジェストです
s_IMGP2079.jpg
カメラをオートフォーカスにすると手前のフェンスに焦点が合ってしまって肝心のバイクがぼやけるので、マニュアルフォーカスで対応。なので最初のうちはぶれてます
s_IMGP2130.jpg
最近は最初からライトオンというのも知りました。これはこれでかっこいいですね。

GSXR
s_IMGP2138.jpg

凄ーく速いR1
s_IMGP2188.jpg
ライトと音が印象的なので分かりやすいです。

s_IMGP2216.jpg
よくこんなに倒せるもんだなぁ~
音とかも減速中なんかはそんなにうるさくなく耳にも優しいです・・・と言ってもやかましいっちゃやかましいですが。
s_IMGP2245.jpg
低速コーナーは写真を撮るのが少し楽。
右に左に切り返すのを見ていると中々勉強になる気がします。
s_IMGP2275.jpg
一番の接写がこんな感じ。どうしてもフェンス越しになってしまうのでこれが限界。後は撮る方の技術不足が深刻ですね。
それにしてもCBRはカッコいい。
他のバイクも新型旧型が入り混じっているのも面白いです。
s_IMGP2321.jpg
午後4時まで観戦して撤退。
花火まで見ると帰宅時間がとんでもないことになるので苦渋の決断。
それでもほとんど寝ずに4時間見たので大満足でした。

バイバイ隼、よろしくNSR!

突然ですが隼を手放すことにしました。
理由は・・・
・車検が近い
・アイドリングが不安定
・前ブレーキが突然ロックする(エア噛んでる可能性大)
・フロントタイヤのベアリングが寿命
・飽きた
等々です。
乗る頻度も少なく、乗り出すのもしまうのも重くて大変→なおさら乗らなくなるという感じでした。
s_IMG_20170728_094816.jpg
いくら大型バイクでスピードが出て高速巡行が楽だとはいえ、スピードは結局出さないし(出すと航続距離が短くなるし)巡航中も排熱は暑いし風も受けるので、同じ高速を同じ料金で走るならどう考えても軽自動車の方が快適です。
バイクの中では快適な方かもしれませんが、遠出は車の方が便利です。
街乗りも結局車を使うので、じゃあ隼を持っててもしょうがなくね?ってことで売りました。
s_IMG_20170728_094757.jpg
それでも二年間、1万kmほど乗り、乗っている間は何だかんだ楽しいバイクでした。
大きな声では言えませんが最高速もやってみて満足しましたし。
何だかんだ今までで一番長く乗った・所有したバイクでもありました。

で、バイク自体ぼちぼちやめようかなぁ・・・とも考えましたが、まだ周りの友達も乗っているのでとりあえず250ccにダウンサイジング。
というわけで新しいバイクはこちら
s_IMG_20170728_111137.jpg
NSR250Rです。
お友達の2スト押しのおかげ?もあってNSRに乗ることになりました。
最初はST250とかのレトロ単気筒を考えていましたが、「乗るなら今しかないよ」ということでNSRに。
価格も一番安いやつということで隼とほぼほぼ交換で入手できました。
s_IMG_20170728_111204.jpg
買ってからいうのも何ですが2ストは良く分かりません。
一応このNSRはMC18、89年式というやつのようです。
カウルは社外品で、バックステップが入っています。
s_IMG_20170728_111146.jpg
しかも驚いたことにキックオンリー。セルが付いてないバイクって初めてです。
逆に良いところはチャンバーや排気管がノーマルでリアフェンダーも残っていること。これは個人的に好印象です。
タイヤも12年前のGPRが付いているのでα13とかが付いている車両より安心。
ブレーキホースもゴムホースのまま、というように結構ノーマルなところが多い感じ。
ハンドル回り
s_IMG_20170728_111232.jpg
タコメーターしか見えん。
セパレートハンドルもトップブリッジ下という低めのポジション。
燃料計も無い、よく見たら警告灯も無い・・・セローかよ
s_IMG_20170728_111236.jpg
必要最小限しかないと思ったら水温系はしっかりついてるところはさすがレーサーレプリカといったところでしょうか。
タコメーターが真ん中にあるのも新鮮です。
s_IMG_20170728_111220.jpg
というわけでこういうバイクに今後乗ることになります。
89年式というと自分よりも年上・・・約30年前のバイクとかいつ壊れてもおかしくない・・・もしかしたらすでに壊れているかもしれない・・・まぁでもたまにしか乗らないならこれはこれでアリかな?とも思います。
動態で維持できるかさえ怪しいですが壊れたらその時です。

これからよろしく!NSR!
インプレはまた後日。

タミヤ 1/24 BMW Z3製作4 内装とボディ塗装

BMWZ3製作4回目は内装とボディを塗装します。
内装はベージュ色、外装はメタリックブルーです。

まず椅子
s_IMG_20170701_141634.jpg
ヘッドレスト裏側が黒くなっていますが、これは序盤で間違えて充填した粘土を取り除いて、付属のパーツに付け替えたものです。
また、左側の椅子の傷は、爪でひっかいたことによるものです。どちらもイージーミス・・・
幌も内装色と一緒なので塗装する前にマスキングが必要です
s_IMG_20170701_142023.jpg
マスキング用シールなどは付いていないので、テープを貼って窓に沿って鉛筆やボールペンでなぞった後切り出したものを貼り付けています。
s_IMG_20170701_143215.jpg
忘れがちですが内側も同じようにマスキング。ビミョーに型が違う気がするので面倒ですが一個ずつ型を作りました。
塗装する部品一覧
s_IMG_20170701_143300.jpg
色は最も近いタンを使用。シートはともかくインパネやドアトリムも全てタンで塗装。
こんな感じになります
s_IMG_20170701_151923.jpg
塗装面積は割と多め、かつツヤは出てないです。

s_IMG_20170701_152519.jpg
セミグロスブラック以外の幌はちょっと新鮮な感じ。
表裏くまなく塗装。

内装が終わったら外装へ。
今回のメインであるメタリックブルーを塗装していきます
s_IMG_20170701_154452.jpg
塗装するのはボディとシャシーとボディ側面に付くダクト(ランナーに付属しているやつ)です。
塗料は薄目で塗り重ねながらムラをなくしていきます
s_IMG_20170701_160927.jpg
試し吹きも兼ねて最初はシャシーから。
シャシーの方はクリアーも吹かないので塗装しっぱなしとなります。また、つやもそこまで重視しないので下地の黒が隠れる程度濡れればOK。
一方ボディはこの後のクリアー塗装とコンパウンド磨きが待っているので、ムラや垂れに気を付けながらちょっとずつ塗装していきます。
s_IMG_20170701_161936.jpg
下地の黒の時と同じように塗装場所を大まかに区切りながら塗っていき、ボディ全体に色が乗った段階で全体に吹き付けて整えます。
s_IMG_20170701_162640.jpg
ボンネットがムラになりやすいんですよね・・・どうしても縦筋が目立ってしまいますので縦横交互に重ねながらムラをなくしていく作業です。
ボディ内側までは塗装しませんが、フェンダー下、サイドシル下、グリル内側などの塗り残しが無いことを確認して完了
s_IMG_20170701_164002.jpg
この後ボディのみクリアーを塗装しておきます。

次回は内装とシャシーの塗り分けです。

タミヤ 1/24 BMW Z3製作3 ボディのブラック塗装・サスペンション組み立て

BMWZ3製作3回目です。
今回はボディとシャシーをブラックで塗装し、サスペンションを組み立てるところまでを行います。

まず下地塗装ですが、ブラックでつや有塗装をします
s_IMG_20170701_130252.jpg
ケチケチせずにGXカラー、ウイノーブラックを使用します。
シャシーも説明書の指示通りにボディ色で塗る必要があるので塗装します。
s_IMG_20170701_131309.jpg
目立たないサイドシルで塗料の濃さや吹き加減などを確かめた後に表側の塗装に移っていくと失敗が少なくなります。
表側もフェンダーなど曲面から塗装
s_IMG_20170701_131846.jpg
左右フェンダ・ボンネット・左右ドア・トランクフードというように分割して塗装しています。
シャシーは特に順序は無くべた塗り
s_IMG_20170701_133119.jpg
ホイールハウスについてはセミグロスブラック塗装なので、無理にブラックで塗装ししきる必要は無いです。実際画像でも塗料切れにより塗装していません。

本体を塗装したら乾かしている間にサスペンションを組みたてます
デファレンシャルギアとドアライブシャフト・ブレーキなど
s_IMG_20170701_133755.jpg
今回は今までと異なり組み立てた後で塗装をします。
なのでできる限り組み立て
s_IMG_20170701_134551.jpg
デフとロワアームが出来ました。形式としてはセミトレーリングアーム式独立懸架サスペンション。
ドライブシャフトの前方にある3角形を構成している棒がアームです。
ブレーキは方押し1ポット?

ダンパーとコイルスプリング
s_IMG_20170701_135109.jpg
これらを組み立てるとこうなります。

s_IMG_20170701_135652.jpg
案外構造が分かりやすいです、ウィキなどの解説画像を見るよりもこうやって組み立てた方が実感が湧きます。

次に前輪
s_IMG_20170701_140307.jpg
前輪のディスクブレーキは方押し2ポット?
サスペンションはストラット式独立懸架
s_IMG_20170701_140858.jpg
前輪はここまでしか組みたてられないかな・・・

次回は内装を塗装します。

奥多摩に行ってきました

ものすごく久しぶりに隼でツーリングに行ってきました。
友達とのマスツーだったので写真はこれだけ
s_IMG_20170722_131703.jpg
1か月ほどエンジンをかけていなくても案外かかるものです。
最近はプラモの記事しかなく全くツーリングしていなかったので新鮮でした。

高速に乗ったり周遊道を走っていると隼というよりもバイク自体の良さを思い出します。
周遊道も初めて走りましたが結構走りやすく、涼しく、そこそこ長いので面白かったです。

往復で150kmくらいかな、燃費はおそらく15km/Lくらい。
もうちょっと乗ってあげた方がよさげ。
プロフィール

とーぽり

Author:とーぽり
社会人3年目になりました
バイクは自分より年上のNSR250R
車はスイフト

プラモデル製作記事がメインでたまーにバイクの記事を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター